• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あるものを使うだけで無地の文房具がとっても素敵になる魔法の方法

Date:2014.01.09

ちょっと工夫するだけでとっても楽しくなるデコレーションがあるんです!とっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

準備するのはマニキュアだけ

100均一には沢山の種類のマニキュアがあります。この中でも「ラメ」の入ったものをいくつか選んでください。たったこれだけでデコレーションが楽しめます。

無地のトンボ鉛筆

鉛筆ってトンボ鉛筆が書きやすいですよね。ですが、なんの変哲もないデザインで寂しい感じがします。そこでマニキュアの登場です。例えば、お尻の部分にマニキュアを結構たっぷり塗るだけでとっても鮮やかになります。

また、6角の一面ずつに、点々をつけてあげるだけで、とってもかわいくなります。

何気ない赤ボールペンと黒ボールペン

クリップ部分にメーカーの名前が書いてあると思います。その部分をマニキュアで塗るだけで、とってもおしゃれなボールペンに早変わりします。クリップのあるペンはクリップ部分、ないものはお尻部分というところでしょうか。

何気ない修正テープ

100均一で買ったテープは透明なケースにテープが入っています。このときに、お好きなところにマニキュアで点々を3つくらいつけるだけです。それだけで、とってもお洒落になります。

ポイントはたっぷりつけること、くどくならないこと

ポイントはぽつぽつとたっぷりつける感じです。デザインはお好きなものでいいのですが、さりげなくがポイントです。パッと見たらわからないけれど、使っているうちにラメが光って綺麗みたいな感じです。

文房具以外にも使える

マニキュアデコは文房具以外にも、たとえば、お部屋のコロコロにもデコレーションできますし、何気ないモップにもできます。これもさりげなくがポイントです。爪でいえば、薄くマニキュアをつけて、特定の光があたれば光って綺麗な感じです。

スナップ写真にも使えたりしますし、年賀状のワンポイントにもなったりできますから、どんどん応用して、マニキュアデコレーション、お試しくださいね!

この記事をシェアする

関連記事