• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚する前にやっておくべきことのひとつ!ブライダルチェックとは

Date:2014.01.09

結婚したらお子さんが欲しいと思っている女性も多いと思います。初めて出産する年齢の平均もどんどん上昇しており30代を過ぎてから初めての出産を迎えるのも当たり前になってきました。

結婚して夫婦生活を持てば自然と赤ちゃんを授かると軽く考えているのではないでしょうか。しかしこれだけは覚えておきましょう。卵子は年齢と共に老化するのです。

結婚年齢が高くなっている現代では、余計に結婚をする前に自分が無事に赤ちゃんを産める状態であるのかを調べておくことをお勧めします。

これをブライダルチェックというのですが、近頃それを受ける女性が増えているのです。ブライダル雑誌でもそれを受けるように勧めている記事もあるほどです。

ブライダルチェックを受ける理由

今日本で不妊に悩んでいるカップルの割合は10分の1くらいだと言われています。この数を多いと捉えるか少ないと捉えるのかは人それぞれかもしれません。しかしもしも自分自身がそれに該当したらどうでしょうか。

お子さんが欲しいと言う気持ちがあるのならば、早いうちにその原因を知っておくことが重要な鍵となるのです。自然に任せてなんて流暢な事を言っているとどんどん卵子の老化が進み、なかなか赤ちゃんが授かりにくい状況に陥ってしまうかもしれないのです。

早い段階で不妊の要素となる原因がわかれば対処法を考えることも可能です。その結果赤ちゃんを授かれる可能性も高くなるのです。

それに病気の早期発見ができます。子宮がんや乳がんにかかる女性の平均年齢がどんどん早まっています。その原因の一つに出産年齢の高齢化が挙げられているのです。

それらの病気が原因でなかなか赤ちゃんができない、もしも妊娠したとしてもそれが継続できない原因を作る事も考えられます。そこで早いうちに病気を発見してしまえば妊娠する前に治療してしまうことができるのです。

検診内容をチェックすること

ブライダルチェックと言っても産婦人科によって検査項目は異なります。普段から乳がんや子宮がんの検診を受けている方はあえてその時に同じ項目をチェックする必要はないと思います。それではどのような項目について詳しく調べてもらったらよいのでしょうか。

ひとつは性感染症の検査です。妊娠が発覚した時点でその検査を行うのですが、妊娠してからもしも性感染症にかかっていたら胎児に悪影響が出るかもしれません。

それなので妊娠する前にそれは治療しておくことが望ましいのです。また子宮と卵巣の検査もしてもらいましょう。超音波でその様子を調べることができます。それにより子宮や卵巣の健康状態を把握することができるのです。

ブライダルチェックのメリット

検査を受けておけば安心して妊娠できることです。妊娠してから病気が発覚して大きなショックを受けるくらいなら、妊娠前に病気を治しておくことができます。健康な体で妊娠に望むことができるのです。

この記事をシェアする

関連記事