• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

使い方や選び方次第でイメージが左右される高級ブランド品

Date:2013.09.27

高級ブランド・ハイブランド

流行の移り変わりの激しい日本でも、高級ブランド品にあこがれる女性は数多く存在します。10代後半くらいからブランド品に興味を持ち始める人が多く、30代にもなれば一通りのブランドに触れるという人も。

ブランド品にまったく興味のない人もいますが、やはり長年使えてどこでも活躍するようなバッグなどは持っていたいと思う人が多いですよね。

親から譲り受けたものや、一生物として購入したものなど、物を大事にして長く使うということは現代人に必要なことです。

ただ、高級ブランド品というのは身に付けるための知識やマナーなどを兼ね備えておかなければなりません。ただ有名だから、という理由で手に入れても、選び方や身に付け方次第では印象を悪くしてしまうこともあるのです。

特に10代後半から20代前半の女性には注意してもらいたいもの。女性の魅力を引き出すためのバッグや靴、アクセサリーなど装飾品はTPOをわきまえて活用して欲しいと思います。

女子高生、女子大生が有名高級ブランド品を持っていたら

高級ブランド品へのイメージは人それぞれではあります。しかし、あまりにも年齢の若い女子が高級ブランドバッグを持っていたりすると、かなり大きな反感を買うもの。生意気だとか、釣り合っていないと言われてしまうことも多々あります。

まず学生であるうちは高級ブランド品を持つのは早い、という考えの人が多いようです。高級ブランド品の品質や、お金の価値が分かるようになってから持つべきであるという考え方からくる様子。

筆者も実際に高校生の頃や20歳なりたての頃、正しいお金の使い方や価値が分かっていたかと聞かれると、自信を持ってイエスとは言えません。もちろん若くてもしっかりお金の価値や物の大事さを弁えている人もいるでしょう。

ただ、世間一般の目はそうではないということなんですね。すれ違う人々、これから出会う大事な人たちは、若いのに高級ブランド品を持つなんて「分不相応」だと判断してしまうことが多いのです。

「周囲の目を気にしていては、おしゃれなんて楽しめない」そう思う人もいるでしょうし、個人の自由であるということはもちろんその通り。

ただ、ブランド品を持つためのファッションの着こなしやトータルの品格がないと、そのアイテムはマイナスな印象になってしまうことは確かなのです。

トータルコーディネートと高級ブランド品

イメージを悪くしてしまうもうひとつの例は、カジュアルファッションの主婦が持つルイ・ヴィトンや、若く奇抜なファッションのギャルが持つシャネルなど。これはブランドのイメージと、その人の雰囲気が一致しないことでイメージダウンに繋がってしまいます。

高級ブランドの商品は、基本的にキレイめなスタイルに合うように作られています。Tシャツにジーンズなのに、ヴィトンのショルダーをかけている。ヤンキー風の見た目の若い女子が、グッチやシャネルのお財布を持っている。

珍しい光景ではありませんが、本当に高級ブランド品の品質を分かっているのだろうか?と疑問に思う人は少なくないでしょう。

高級ブランド品を持つことで、人としてランクアップできるという考え方はあります。しかし、いつものスタイルのまま高級品をひとつプラスしたからと言って、ランクアップやスタイルアップができるかと言えばそうではないはず。

トータルコーディネートのセンスや、ファッションに統一感を出すことなどでセンスが磨かれる、ということに過ぎません。

例えば、ポルシェやベンツなどの高級外車に乗っている男性が、チェックのネルシャツにブリジストンの運動靴を履いていたらどうでしょう?トレンドに厳しい女性なら、誰でも違和感を感じると思います。

女性の持つ高級ブランド品も同じことであり、その時々のファッションとブランド品の釣り合いを持たせることは非常に大事なことなのです。「高額で人気の高いものを買った」ということだけがランクアップではない、ということを忘れないでいただきたいものです。

自分の好みやスタイルに合ったものを

有名度や人気度でブランド品を選択するという女性は多いもの。ハイブランドでなくても、みんなが持っているものだからという理由でチョイスしてしまうことは稀ではありませんよね。

しかしそれでは、あなたのセンスは一向に磨かれていきません。本当に自分らしいもの、自分が使いたい、着たいと思うものを選ぶようにしてみては?

そのためにはまず、多くのブランドについて知ることから始めましょう。ファッションって実は、ただ流行に乗っていればいいだけではないのです。勉強することが何より大事なもののひとつなんです。

低価格だけれど品質の良いメーカーがあったり、値段はそこそこなのにあまり質が良くなかったり。自分のライフスタイルに合うブランドはどこ?とっておきの日に最適なブランドってどんなもの?そんな見極めができるということも、おしゃれな人の秘訣なんです。

高級ブランドだけがおしゃれで見栄えのするものではありません。若い女性であれば、まずは自分の身の丈に合ったおしゃれを追求することから始めてみても遅くはないと感じます。

この記事をシェアする

関連記事