• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ブラはアンダーで選べ!あなたのためのブラの選び方、ケアのコツ

Date:2014.07.27

女性になくてはならないアイテム、ブラジャー。胸の形を整え、時には本来より「魅力的な」バストメイクにも活躍してくれるブラジャーですが、一説によると女性の85パーセントがサイズの合っていないものをつけているとか!

小さすぎたり、大きすぎたりするブラジャーをしていると、長い目で見て胸の形を崩したり、胸が小さくなってしまったりといいことがありません。この記事では自分の体に合ったブラジャーを見つけるコツや身に着け方、ケアの仕方をご紹介します。

1.プロの意見を聞いて

ブラのサイズを間違える最大の原因は、お店で試着をせず、店員さんの意見を聞かないこと。試着をしたり、自分の下着姿を誰かに見られるのは恥ずかしいですが、第三者の意見を聞くのってすごく大切なんですよ。

お店の人はお客さんの扱いに慣れていますから、わからないことは何でも聞いて大丈夫。店員さんにサイズを測ってもらい、ブラジャーを見繕ってもらったら、試着。フィット感を見てもらうだけでほとんどが済みますよ。

サイズ計測は、年に2回は行きましょう。体重の変化や妊娠、生理前と生理後でもサイズは変わります。店員さんは、ブラの正しいつけ方も教えてくれます。同じサイズのブラでも、つけ方で見た目がぐんと変わりますよ!

2.気にすべきは、アンダー!

ブラジャー選びで気になるのは、カップサイズですよね。アルファベットの上下で、私たちの気分も急上昇したり、急降下したり・・・。でも本当に気にすべきは、実はアンダーバストなのです。

ブラのバンドの部分で、胸の90パーセントを支えているって知っていましたか?ほとんどの人はアンダーバストが本来より大きいものを選んでいるそうですよ。これも店員さんにしっかり測ってもらいましょう。

ホックはきつくなる方で留めるのが基本の付け方。生理中などで胸が大きくなったときに、外側のホックを付けるなどしましょう。

3.ブラも、ローテーション!

2日続けて同じブラをするのは避けましょう。ブラにもおやすみを与えてあげることで、ホックの形がもとに戻るのを助け、ブラバンドが伸び切るのを防ぐことができます。何枚かブラをそろえ、ローテーションで身につけましょう。

4.洗濯も注意して

ブラは基本手洗いがおすすめ。型崩れやほつれを防ぎ、長くきれいに身に着けることができます。洗うときにはシルク用、またはランジェリー用の洗剤を使い、5回着た後には30分漬け置きして汚れをきれいに落としてあげましょう。

5.ブラとさよならする時期

ブラジャーとは最大12か月をもってさよならしましょう。大きな胸をお持ちの方の場合は、もっと早く寿命がくることが考えられます。

ブラをつけていて、なんとなく違和感があったり、ほつれが見えてきたら期間がまだあっても、お別れの時期。型崩れしたブラをずっとしていると、胸も型崩れしてきます。

ブラの選び方、つけ方、ケアのコツいかがでしたか?正しいサイズ選びと正しいつけ方、正しいケアでよりブラを活用し、より魅力的な胸元を作り出すことができますよ!

この記事をシェアする

関連記事