• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

髪の為にも良くない・ブラシやクシの使い方によっては思わぬ事態に…

Date:2014.06.12

女性なら誰しもが一本は持っていると思います、ブラシやクシ。でもそのブラシやクシがあなたの頭皮に思わぬトラブルをもたらす可能性があることをご存知ですか? 

その原因は、ブラシなどを清潔にしておかないことから発生するトラブルだったり、さまざまなのですが、これは知っていないとかなり怖い事態になります。

この機会に、ぜひブラシやクシの保管について考えてみていただければ幸いです!一緒に見ていきましょう。

おろしたてのブラシは凶器に近い

ブラシが凶器になることがあるって知っていますか?まさかあの髪をとかすブラシが凶器に?と思う人も多いでしょう。でもこれがけっこう危ないんです。

とくにおろしたての新品のブラシには注意してください。まだ誰も一回も使っていないブラシは先端がとても尖っています。そのまま使うと頭皮に思わぬ負担がかかることがあります。

そのため、まずは新品のブラシの先端を少し磨いて滑らかにしなくてはなりません。方法はさまざまありますが、たとえばタオルを用意して先端を押し付けるように撫で付けます。それをしばらく繰り返すと、先端が滑らかになります。

また、あまり着なくなった洋服などに撫で付けてもいいでしょう。とにかく先端を滑らかに加工しないことには凶器のままです。では、おろしたてのまま使うことによってどんな不都合が生じるのでしょうか。

髪をといたときに頭皮が傷ついて…

おろしたてのブラシが頭皮にもたらす悪影響、それは頭皮を傷つけてしまうということ。なんだそんなことか、と思うかもしれません。ですが、これは大きな問題なのです。

頭皮が傷つくと、そこからばい菌が入ってしまい、化膿してしまう恐れがあります。よく、伸びた爪で頭を洗う際に頭皮を引っかいてしまって…という話もよくあります。爪には気を使っても、なかなかブラシまでには気は回らないものです。

頭皮は毛が密集しているところですので、無菌状態を保つことが難しいです。消毒をしたとしても、です。一度傷がついてしまうとすぐには綺麗な状態には戻りません。なので、新品のブラシで髪の毛をとく場合には十分に注意が必要なのです。

さきほど言ったようにタオルや洋服に先端を撫で付けた後に使うように心がけましょう。

クシはできれば清潔に保つために消毒をおすすめします

クシには知らず知らずのうちに頭皮から抜けた髪の毛がからんでいることがあります。それをそのまま放っておくと衛生的にもよくありません。また、髪の毛がからんだクシをそのまま使用すると、といたときに「ブチッ」と音がすることがあります。

そう、健康な髪が切れる音です。クシに抜けた髪が付着しているものだから、といた際に生えている髪の毛を巻き込んでしまうことがあるのです。途中で髪の毛が切れてしまうと、その後のスタイリングにも悪影響が及びます。

切れ毛ばかりではショートヘアーの人はまとまりが悪くなりますし、ロングヘアーの人も短い毛が目立ってしまいます。そんな事態を避けるためにも定期的にクシをチェックしてみましょう。

そして少しでもからんでいる髪の毛があるならば、定期的に取り除くことをおすすめします。抜けた毛がたまってからでは、量も多いでしょうから面倒くさく感じることがあります。

ですが、そのつどそのつど処理していけば、一回2~3本で済みます。そして、時間に余裕があるならば、何日に一回かはクシを消毒することをおすすめします。クシは一見汚れが目立ちませんが、ばい菌の付着が多いアイテムでもあります。

本来なら定期的に消毒をするべきものなのです。忙しい毎日の中、大変かもしれませんが、気づいたときにちょっと消毒してみてくださいね。

使えるクシやブラシを一度整理してみましょう

さて、クシやブラシって自然と引き出しの中に増えていくアイテムのうちの一つでもあると思います。おまけでよくもらったりもしますし、ビジネスホテルなどのアメニティでもらなく貰えたりしますからね。

でも、たくさんあるうちの中で本当に自分に合ったクシやブラシって本当にわずかだと思います。

一度家にあるクシなどを整理してみてはいかがでしょうか。使えないような物は思い切って処分して、本当に自分が使いやすいと思う物だけ手元に置くようにしましょう。そうするとそれを大切に使いますので、付着した髪の毛を定期的に取るようになります。

「そのクシが使えなくなったらまた別のクシでいいや」という気持ちが薄れますので、消毒もするようになります。

女性にとってクシやブラシというのは絶対に必要なものです。使ったことない、という女性はいないと思います。それだけ私たちにとって大切なアイテム。

雑な使い方をしていては、ばい菌や頭皮への傷などけっこう深刻な問題が出てきてしまうこともあります。今日から少し意識して使ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事