• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

間違ってませんか?ブラ選びでバストアップも夢ではない!

Date:2012.11.28

shutterstock_234042706
あなたはブラジャーを買う時にどういうことを気にして購入していますか?そしてそのブラジャーは本当にあなたの体にあっているのでしょうか?ブラジャー選び・ブラジャーのつけ方で胸の大きさは変わります。正しいブラジャー選びを身につけてバストアップを目指しましょう。

自己流採寸は胸を小さくしてしまう?

ブラジャーの採寸はアンダーバストとバストトップを測りその差でカップ数が決まります。自分でも採寸は可能なので「とりあえず自分で測ってみよう」と採寸をし、通信販売などで購入したものをつけている人も多いかと思います。

理論上ではバストトップとアンダーバストが分かればブラジャーのサイズは分かるのですがブラジャーのつけ方などでバストの大きさは変わってしまいます。測ってもカップに隙間ができたり思ったよりキツイと思うことがあるのはそういうことです。

採寸はこまめにしましょう

ブラジャーを買いに行って面倒だなと思うのが採寸です。だから1度測ってもらうとそのサイズを買ってしまえ!となっている人が多いのではないでしょうか。

バストは女性ホルモンの状態などで大きさが変わりやすいと言われています。ちょっと面倒ですが、ブラジャーを購入する際はその都度、店員さんに採寸をしてもらい今の自分の体に合ったものを購入するようにしましょう。

通信販売を利用したい場合

下着をなかなか買いに行く機会がないという人はどうしても通信販売を利用してしまいます。その場合、1度ちゃんとショップで採寸をしてもらい、その後に通信販売で購入するようにするとあまり誤差はでなくなります。

しかし随分前に採寸したもので購入したりするとやはり体に合わないということもあります。そして通信販売の場合はそれぞれに微妙にサイズが違ったりすることがあるので、注意が必要です。直接身につけた場合、返品・交換ができないというものもるので、必ず詳細を確認して購入・試着をしましょう。

熊の手でいらないお肉をバストにしてしまおう

年齢を重ねたりバストが大きくなるとバストが流れてしまいどんどん小さくなってしまいブラジャーのカップに隙間ができてしまうということはあります。バストは脂肪なのでどうしても流れてしまい、そのままにしておくとどんどん小さくなってしまいます。

そこで熊の手の登場です。ブラジャーをした後に手を熊の手のような形にして背中や脇のお肉をどんどんかき集めてブラジャーのカップの中におさめていきます。最初は慣れないので難しいと思いますが慣れれば簡単です。

そのお肉をブラジャーをつけるたびにかき集めてブラジャーの中に入れていくと少しずつですが胸が大きくなっていくこともあります。形状記憶ではありませんが、お肉が動きやすい時がチャンスです!ぜひチャレンジしてみましょう。

下着のサイズ間違いはバストにとっては苦痛でどんどん胸を小さくしてしまう原因となってしまいます。自分にあったブラジャー選びをしてバストアップを目指しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント