• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

宝塚「ブスの25か条」と「美人の条件BEST5」!自分を綺麗にする方法

Date:2012.11.07

ツイッターやインターネット上で話題となった「ブスの25か条」と、雑誌ananで紹介されたアンケート「美人の条件BEST5」これらを元に、美しい女性・素敵な女性になるためには?を考察してみましょう。

男女ともに納得の「ブスの25か条」

宝塚歌劇団には「ブスの25か条」なる教訓があるといいます。元タカラジェンヌの貴城けいさんがその著書で紹介しているのですが、なるほど、確かに!と頷かずにはいられません。ここでは、項目ごとに筆者独自にコメントしていきたいと思います。

1.笑顔がない ⇒ 無愛想な女は、か・く・じ・つに損します!
2.お礼を言わない ⇒ いるいる!いったいどんな立場にいるつもりなのかしら?ねぇ?
3.美味しいと言わない ⇒ 文句ばっかり言うのよね。美味しそうにご飯を食べるのって男性からはウケがいいのに。
4.精気がない ⇒ あ、ゴメン、居たんだ。なんて悲しすぎる!
5.自信がない ⇒ 私なんて…てやつね。そんなことないよ!って言われたいだけなんじゃない?
6.愚痴をこぼす ⇒ 愚痴や悪口を平気でペラペラ喋る女に、ろくな奴はいない。
7.希望や信念がない ⇒ 自分をキレイにしようとする努力もない。
8.いつも周囲が悪いと思っている ⇒ 誰々の「せい」が当たり前。誰々の「おかげ」とは思わない。
9.自分がブスであることを知らない ⇒ …救いようがありませんな。きっと顔の作りだけはマシな方なんでしょうね。
10.声が小さくイジケている ⇒ それ、女性らしくも何ともないぜ!
11.なんでもないことに傷つく ⇒ め、めんどくせぇー!
12.他人に嫉妬する ⇒ 嫉妬される側の女になろうなんて発想は1ミリもないんだろうな。
13.目が輝いていない ⇒ 死んだ魚。死んだ女。
14.いつも口がへの字の形をしている ⇒ 顔の歪みはココロの歪み。これ基本。
15.責任転嫁がうまい ⇒ 結婚できない女性に特に多い気がする。
16.他人をうらやむ ⇒ しかも「いいなぁ~私は○○だから無理だなぁ~。」と、いちいち聞いてもいない言い訳が付いてくる。
17.悲観的に物事を考える ⇒ 最悪の事態を想定するという意味ではなく、考え方自体が最低ラインにある。
18.問題意識を持っていない ⇒ ただのアホな女でしょう。
19.他人に尽くさない ⇒ だから他人から尽くされたこともない。
20.他人を信じない ⇒ だから他人からも信じてもらえない。
21.人生においても仕事においても意欲がない ⇒ 無駄にため息だけ多い。お願いだからやめて。
22.謙虚さがなく傲慢である ⇒ 中庸を知らない女に多い。ただ、「わたしわたし」な女。
23.他人のアドバイスや忠告を受け入れない ⇒ 頑固なのではなく、取捨選択能力に欠けているのね。
24.自分が最も正しいと信じ込んでいる ⇒ 信じ「込んで」いるのがこれまたやっかい。
25.存在自体が周囲を暗くする ⇒ どんまい。としか言いようがありませんっ!!

ブスは持って生まれた顔の造形が問題ではない

以上、納得のラインナップでしたね~。こうゆう女たち、今までなんて総称したものか、と思っていましたが「ブス」っていってしまえばいいんだ!という発見(笑)

お気付きとは思いますが、結局、「ブス」とは顔の造形の問題ではないということなんですよね。意識や精神というのは不思議なものです。「気持ちがブスを作り出す」んですから、逆に言えば、気持ち次第・考え方次第ということでもあります。

しかし、顔や容姿はいくら誤魔化せても、性格や物事の考え方、そういったものは矯正するのは本当に難しいのです。女性の皆様、是非とも気を付けたいものですね。

「美人の条件BEST5」に学ぶ本当の美しさ

そんなこと言っても、結局男性は、女性の見た目が大事なんでしょう?では、雑誌ananで紹介された男性の思う「美人」とは、どんな女性のことなのでしょうか?

1.肌がきれい
2.いつも笑顔
3.オシャレ
4.ナチュラルメイク
5.髪がツヤツヤ

確かに、すべて見た目の条件ではありますよね。でも、ちょっと意外な結果だと思いませんか?目が大きいとか、鼻が高いとか、顔が整っているとか、これまた顔の造形の問題ではないんですよね。

要は、自分に気を遣えているか否か、努力しているかしていないか、「美人」とはここの差でしかないのです!確かに、女性の思う「美人」って、やっぱりそれなりの努力や気遣いをしている女性だったりしませんか?

そういう女性は、男性の観点からも上記の条件を満たしていることが多いですし、女性から見ても尊敬できる本当の美人なんですね。

美人への近道

やはり「意識」がポイントでしょう。顔の造形が、ブスや美人を作るのではないということ。顔のパーツで本当に悩んでいて、整形をしたいのであれば、それはそれで筆者は良いと思います。それで気持ちが美人になれば、結果、やっぱり美人になるのですから。

人間ですから、25か条に全く当てはまらない人なんていないと思います。誰でもブスの自分を持っているのです。本当に内面も外見も美しい女性とは、自分をよく理解し、努力や気遣いを怠らない、何においても「意識」を持った人なのでしょう。

この記事をシェアする

関連記事