• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の恋の味方で、しかも心と体に効く“カフェ”に行こう!

Date:2014.10.30

照り付ける様な暑い真夏でも、手がかじかんでしまう真冬でも四季を通して、お気に入りのカフェに入ると気分が安らぐ事って多くありませんか? 

話し上手で、コーヒーもいつも美味しく淹れてくれるバリスタがいる通い慣れたカフェで楽しいひと時を過ごす女性や、大型チェーンのカフェで誰に煩わされる事無く、孤独に浸りたい人など、楽しみ方は様々ですよね?

しかも、香ばしいコーヒーや甘いココアのアロマで仕事や日頃のストレスで荒んだ心も癒されたりして…。

でも、カフェはコーヒーや食べ物を楽しむだけでも、人との待ち合わせ場所として利用するだけでもなく、私達女性の恋や仕事を含む生活全般を応援してくれる大切な場所だって知っていました?

カフェは恋愛を育む恋人達の聖地

カフェで彼と持ち合わせをして、有名ホテルでのディナーなんてデートコースって良く聞きますが、実はカフェは待ち合わせ場所としてだけ使うには実はモッタイない場所なのです。

というのも高級レストランで食事をすると、何かとお金を出す側になる男性としては食事中ずっと会計が気になるのは勿論の事、「もしかして、彼女は高級料理が食べるから喜んでいるのであって、僕には興味がないのかも…」と懐疑的に陥る可能性が高いのです。

しかも、食通な彼や食欲旺盛な彼が豪華なご馳走に気を取られ、あなたとの会話やあなた自身にさえ「関心無し!?」なんて状況にさえ陥る事も考えられるのです。

そこにいくとカフェはお手軽なプライスで食事ができ、比較的フルコースより一品料理の方が主流なのでお腹がいっぱいになり過ぎて、その後のデートは眠気に襲われる…なんて事にはなりません。 

更に、コーヒーやココアは刺激物なので心拍数を上げる作用もあります。

でも、彼はその心臓のドキドキをコーヒーの性とは思わず、あなたに自分は夢中なのだと解釈するケースが多いらしいのです。

正に、カフェは媚薬の様なアロマと心臓ドキドキ効果でデートのホットスポットだということになります。

それに、コーヒー、紅茶の成分であるカフェインは頭を覚醒させるので、ファーストデートや婚約、結婚へと次のステップに進もうとする女性達には、その冴えた頭で目の前の男性が生涯のパートナーとしてふさわしいかどうかを正確に見定める事ができる審判の場でもあるのです。

仕事の効率を上げ、クリエイティブな女性になるカフェ

カフェは恋人同士が語り合う場であると同時に、フリーランスや個人で仕事をしている女性達にとっては、最高のオフィスになる事もあり、それにはきちんと科学で裏付けられた理由があるのです。

アメリカの大学が行った人間のクリエイティビティ(創造性)と雑音についての調査で、カフェの様な適度な雑音がある場合と、工事現場の様な騒音の中、そして図書館の様な静かな場所で同じ創造性を試すテストをして貰ったところ、カフェ内の適度な雑音が有る場所でしたテスト結果が他のどのテスト結果よりも成績が良い事が分かったのです。

この結果からも、創造性を必要とするモノやアイデアを創り出す仕事をしている女性達はいつも同じオフィスや自宅で仕事をするよりも、いつもの習慣を破り、カフェにきて仕事をした方がはかどるという事が分かっていて、もはや海外のクリエイター達の間ではこの習慣は常識になりつつあるのです。

研究についての参照サイト
https://www.jcr-admin.org/forthcoming.php?issue=51

カフェは女性に“心の安定”を与えてくれる場所

ともかく、カフェの最大の利点と言えば人との集いに使われる事ですが、この“人との関わりあい”というのは、様々な心理学の研究でも私達の精神の安定と深く繋がっていて、特に社交性の高い女性にとってはしあわせ感にも大きく関わっているのです。

その中でも、特に大きな位置を占めるのが家族や親友、そして気の合う同僚たちとの交流ですが、その他に私達女性のしあわせ感に影響を与えるのは、近所のカフェのマスターやバリスタなど繋がりが浅くて薄い人達との関係。

彼らとの何気ない挨拶や会話というのは、特に一人暮らしの女性にとって地域の団結感に始まり、「近所に顔見知りがいる」という安心感から心の安定に無意識のうちに繋がっているのだそうです。

確かに、毎朝通勤途中で立ち寄るカフェのイケメンバリスタに「二日酔い?じゃ、ラテじゃなくてエクスプレッソにしとく?」なんて気を使われたら、嫌な気分にはなりませんよね?

美味しいコーヒーや食事が目的で行くカフェではありますが、私達女性にとっては恋の強い見方であり、仕事もはかどり、更にはしあわせ感もアップさせてくれる正に夢のような場所…。

毎日400円ぐらいの出費をしてでも、行く価値は充分にあるようです。

この記事をシェアする

関連記事