• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

超簡単!カフェカーテンを使った可愛いショートエプロンの作り方

Date:2012.11.02

おしゃれなカフェでスタッフさんがつけているようなショートエプロンを、なんと100円ショップのカフェカーテンで簡単に作っちゃいます。ポイントはカーテンポールやつっぱり棒を通す穴。これが筒状になっているものさえ選べば、技いらずで紐を通すだけ!の超簡単アレンジが可能に。カフェカーテンの種類ごとに2パターンご紹介しますので、作ってみてください。

用意するのは、カーテンと紐だけ!

カフェカーテン 腰まわりのサイズに合うもの
紐       長めに用意してください

カフェカーテンは、冒頭にも書いたようにカーテンポールやつっぱり棒を通す穴が筒状になっているものを選んでください。また、紐はここではゴム紐を使っていますが、普通の紐やリボンでもOKです。

カフェカーテンのポールを通す穴に紐を通します。ちゃんとした紐&ゴム通しがない場合は、ヘアピンや安全ピンで代用しましょう。私はいつも、安全ピンやアクセサリーピンでゴムや紐の先端を針で通して使っています。こうするとセットしたゴムや紐がはずれないのでノンストレスなんです。

紐やゴムを通し終わったら、もうショートエプロンの完成です!いろんな巻き方ができるので、紐やゴムは長めがいいと思います。

まずは、後ろで布を重ねて手前で紐を結ぶスタンダードなカフェスタイル。おしゃれ重視なので手を拭く機能はありません(笑)から、必要な時はタオルをはさんだり、縫いつけたりしてください。

これは、前で布を重ねて前で紐を結ぶパターン。ちょっと紐が短かったのでキツキツです・・・。

こんなアレンジもできます!

次は、布をよせてエプロンにギャザーを作ります。

できれば、よせた布がもどらないように安全ピンなどで布の端と紐をとめてください。

紐を横で結べばスカート風になります。腰回りをかくすファッションアイテムとしてもオススメです。

レースのカフェカーテンでエレガント&姫風

次は、一番よく見かけるレースのカフェカーテンを使ったアレンジです。

用意するのは、

レースのカフェカーテン  2枚
紐            長めに用意します

カフェカーテンは、上部のポール通し穴が楕円形に開いているものを使います。もちろん筒状でもかまいませんが、通し穴が外付けで紐状になっているタイプだけは適しませんので、ご注意ください。紐やゴムは、本当は穴のサイズぎりぎりのものを使った方がおさまりがいいのですが、この幅のものしか家になかったので、あしからず。みなさんは幅広のゴム紐やリボンを使ってくださいね。

カフェカーテンは2枚重ねて、紐やゴムをポール穴に通します。

すべりやすいレース生地が多いので、端は結んで仮留めしておきましょう。

紐やゴムをポール穴を前・後・前と交互に通します。

全て通した状態。このままでは、まだカーテンぽいですが・・・。

腰に巻くとエレガントなスカート風エプロンに。1枚では安っぽいレース生地が、2枚重ねることで凝った編み目に見えます。

これもギャザーをよせ、脇で紐やゴムを結ぶと・・・。

可愛い姫風スカートエプロンに大変身!小さな女のお子さんのコスプレ服やダンス&舞台衣装におすすめです。普通こういう服はとっても高いので、100円アイテムで作れたら大助かりですよね。ただし、お子さんに使われる場合は少しボリュームが出すぎるかも知れないので、短く切ったり両端を縫いあわせて調整してください。

最初に紹介したカフェカーテンとレースのカフェカーテンを重ねて使えば、また違うアレンジが楽しめます。他にも、いろんなデザインのカフェカーテンがありますし、紐やリボンももっと派手なものがあるので、好みのものを探して、組み合わせてオリジナルのショートエプロンを作ってみてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント