• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これでレンズキャップをなくさない!カメラ女子お悩み解決DIY

Date:2015.07.08

とっぷ

カメラ女子の皆さん、レンズキャップって、なくなりませんか?夢中で写真撮ってるうちに、あれ、キャップどこ~!?って。

私は何度行方不明になりまして…Amazonさんにて何度も購入した結果、サイトを開くたびにレンズキャップをおすすめされております。

もういらん!…と言い切れないのが困ったところ。

だから今回は「もう無くさないから大丈夫!」と胸を張って言えるような方法、考えました!しかもあのカワイクナイただのキャップを、ついでだから可愛くしちゃうよ!

所要時間は20分。お好きな画像や柄を印刷して、ご用意くださいね!

準備するもの

  • レンズキャップ
  • 画像:レンズの大きさに合わせてプリント
  • カン付チャーム:お好きなものを。
  • UVレジン
  • 接着剤
  • チェーン:ストラップからレンズキャップまで届く距離
  • ニコイル:2個
  • カニカン・1個
  • はさみ
  • 平ヤットコ
  • 使い捨てスプーン:接着剤を塗る時に使用

画像をキャップに貼りつけます

はい、まずはもちろん、これ。

4画像1

カメラのレンズキャップ。これがラストレンズキャップであることを祈る!

そして今回私が用意したのは…

4画像2

愛犬の写真。我ながら親バカならぬ飼い主バカですが、ま、自分のだし!皆様もご自分のお好きな写真なり柄なりで、どうぞ。

家庭用プリンタでL版に印刷したものです。

4画像3

薄めの紙を押し当てて、レンズの大きさを型どります。

紙に付いた跡を目を皿のようにしつつ見極め、はさみでカット

4画像4

その紙を元にして、写真もカット。

4画像5

そして接着剤を

4画像6

キャップに塗ります。薄く塗り拡げましょう!

4画像7

こちらは、小さな木のスプーン。和菓子に入っていたもの。とっても便利~

4画像8

方向に気を付けつつ貼りまして。

そして登場、いつもお馴染みUVレジン。

4画像9

貴和製作所さんにて購入。とっても扱いやすいレジンです。年季が入ってラベルがシワシワなのは見逃して。

レジンをタラリ。

4画像10

あまり出し過ぎると流れてしまって事件が起きるので…そこそこで。

4画像11

こんな感じ。

そして、こんなチャーム。

4画像12

ワンコの写真にぴったりでしょ?犬のごはん皿チャーム。隣はリスだけど…!

4画像13

さきほどのレンズキャップにポン。ここで気を付けるべきは、チャームのカン部分をキャップからはみ出させること。

そのまま窓辺に置いたり、ライトをお持ちの方は照射したりで、硬化させます。

4画像14

キャップ部分、完成!

紛失防止にチェーンを付けます

このままじゃ、ただ重くなっただけのお洒落キャップになってしまう!ので。

4画像15

チェーン約20㎝に、カニカン、ニコイル2個。チェーンの長さはお好みで増減させてください。

チェーンの端にニコイルでカニカンを装着。

4画像16

反対側は、ニコイルで先ほどのキャップに付けたチャームのカンへ付ければ…完成!

4画像17

どーん!カメラをカメラで撮る、不思議。

4画像18

ストラップにグルッと回して、カニカンで留める。

これが

4画像19

こうなって!

4画像20

ナクサナ~イ!(誰)

暫く撮り続けるときは、バッグの取っ手にでも移動させれば、

4画像21

さらにナクサナ~イ!(だから誰)

とっても簡単に、しかも味気ないキャップをお洒落にしちゃいました!一石二鳥でお得感♪

キャップ行方不明事件も、これにて解決!

カメラ女子のみなさん、ぜひぜひ、お試しくださいね!

4画像22

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事をシェアする

関連記事

コメント