• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仕事?それとも結婚?キャリアは恋愛を邪魔してしまうのか?

Date:2012.11.29

近年の女性の社会進出は目覚ましいものになっています。女性でも管理職につく人は珍しくなくなり、キャリアを身に着けている人がたくさんいます。

一昔前は、「仕事と私どっちが大事なの?」と彼に結婚を迫っていた女性達が、今や「仕事か結婚か」と悩む時代になってきているのです。仕事?結婚?キャリアは恋愛を邪魔してしまうのでしょうか?

俳優のラッセル・クロウと女優のダニエルス・ペンサーが9年の結婚生活の末、破局を迎えたそうです。そのニュースが流れた頃、2人は全く別の場所にそれぞれいました。

彼女は「Dancing With The Stars」の撮影でオーストラリア、彼は「Noah」の撮影でロサンジェルスです。彼らのように、大きなキャリアを持ったカップルが破局を迎えることはよくあることです。

そして、ここまでグローバルなタイムスケジュールで働いていなくても、あなたは、「結婚」か「仕事」かで悩んだことはないでしょうか?

男性は「仕事と私どっちが大事なの?」と彼女に聞かれ、喧嘩の挙句に破局を迎えてしまうことはあっても、「仕事をとるか、結婚をとるか」という選択を自分に迫ることはないと思います。(今は仕事に集中したいと結婚を嫌がる男性もいますけど、それはただのいい訳にすぎません!)

しかし、キャリアを持つ女性は、本気でその選択を考えないといけないこともあるでしょう。なぜなら、結婚によって大きく生活が変わってしまうのは、大抵が女性側だからです。

そして、最も大きく変えてしまうのは、出産・妊娠です。こればかりは、いくら男女平等が叫ばれていても、男性にはできないことですからね。

ある女性マンガ家が、妊娠する確率も男女フィフティーフィフティーで、あたった方が妊娠したらいいのに…というようなマンガを描いていて、イラストにはお腹の大きくなった男性が職場に行く姿が描かれていました。

思わず笑ってしまいましたが、いくら医学が進歩してもそんな世の中が来ることはないでしょう!

キャリアのある女性は、妊娠・出産のタイミングも考えなければなりません。妊娠・出産の間は、やはり体が第一で、無理が効きません。職場を離れないといけない時期は絶対にあります。

今は大きなプロジェクトを抱えているので、妊娠はできないという選択することもあるでしょう。ここでまた女性を悩ますのは、妊娠出産も限界の年齢があるし、タイミングを思い通りにできないということです。

年齢的にタイミングを逃してしまうと、子供を持たない人生を選択することになります。特に高齢出産の場合、年齢があがると妊娠がしにくくなってきます。

高齢出産でなくても、仕事の調整をして、この期間に妊娠と考えても、こればっかりは思い通りになるかわかりません。やはりまだまだ男女平等な世の中ではないんだな~と感じてしまいますね。

ここまで考えていくと、女性にとってキャリアは、大きな障害になると感じてしまいます。しかし、世の中にはそれをこなして、仕事も結婚も子供も手に入れている人はたくさんいます。

結婚を選んで育児という大きな役割に生きがいを感じる人もいるし、キャリアを選んで大きな仕事・地位・そして財力を手に入れる女性もいます。どれが正解かというと、どれもが正解で、どれもが女性の人生です。

一度はキャリアを選んでも、全面サポートしてくれる年下男性と結婚することもあるだろうし、一度は結婚を選んでも、今まで培ってきたキャリアを基に社会に返り咲くこともあるでしょう。

女性の強みは、適応力があることです。悩んだその時その時で、選んだ道で適応して、応用して、自分の人生を変えていくことができます。

自分の人生をより楽しいものにする力は、断然女性の方があります。悩みながらも、楽しい女の人生をデザインしていきませんか?

この記事をシェアする

関連記事

コメント