• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どっちがおすすめ?話題のCCクリームとBBクリームを比較

Date:2015.04.20

shutterstock_222360844 - コピー

メイクをすると肌にダメージを与える、と言うのは昔の話。いまどきのメイク用品は肌にも優しく、おまけに美容効果もある製品が増えているのです。

肌に優しいメイク用品のブームを作った物といえば、BBクリームではありませんか?化粧下地、ファンンデーション、コンシーラー、美容液など一つで何役もこなすこの韓国発祥のコスメが日本でも定番のメイク用品です。

そして同じく韓国発祥のコスメとして注目されているのがCCクリームです。最近日本の化粧品メーカーもCCクリームを販売しています。BBクリームと、CCクリームどちらを使うか迷いますよね?それぞれの特徴、使用感について紹介していきますね。

まずはそれぞれの特性を知ることから!

BBクリームとCCクリームを比較する前に、それぞれがどんな特性を持っているのかを知ることが重要ですね。

BBクリームって何だ?

BBクリームのBBの略がBlemish Balmというのは結構有名な話です。Blemishとは傷や欠点という意味で、Balmとは香油のこと。リップクリームのことをリップバームとも呼びますよね。香油とは傷や欠点を修復する効果のあるものを意味します。

もともとBBクリームはお医者さんで傷や炎症をカバーするために使われていたクリームだったのですが、優れたカバー力を持つことから一般のメイク用品として販売したところ瞬く間に大ヒットとなりました。

BBクリームの特徴としては肌に優しくカバー力が高いということです。傷や炎症があるお肌は普通肌よりも当然肌が過敏な状態ですから、刺激の強い化粧品を使用してはよけいに肌の症状を悪化させてしまいます。

BBクリームは過敏な肌の方でもトラブルなく使っていただけるため、敏感肌の方でも安心して使えますし、おまけにカバー力もしっかりあります。

傷や炎症を目立たなくするためにファンデーションを厚塗りしなくてはいけませんが、BBクリームなら一塗でもコンシーラー並みのカバー力があります。

CCクリームとは何?

CCクリームのCCにも意味があります。これは二つの説があり一つはControl Color、もう一つがColor Conditionの略です。どちらも顔色をコントロールするという意味を持っています。

BBクリームとは異なる点は、もともとメイク用品として販売されたものであることです。BBクリームが最初に医療用として使われていたのに対して、最初から一般のメイク用品として開発された商品です。

CCクリームの特徴は、お肌の欠点をカバーするのではなくカラーを調整して目立たなくする効果に優れていることです。加えてスキンケア効果も持ち合わせているのです。

BBクリームにも美容成分が含まれているのでメイクしながらスキンケアができるのですが、CCクリームはさらに肌に優しくスキンケア効果も高いのです。カバー力は高くありませんが、より素肌っぽい感じにメイクを仕上げることができるのです。

BBクリーム、CCクリームの使い方

BBクリーム、CCクリームのそれぞれの特徴が理解できたら、次にそれぞれおすすめの使用方法について知っておきましょう!

BBクリームの使い方

BBクリームは別名多機能化粧品とも呼ばれており、これ一本塗るだけで

  • 日焼け止め
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー
  • 美容液

5つの役割を全て果たしてくれます。朝時間たない時にはメイク時間を短縮できるとても強い味方なのです。

しかしBBクリームを使って見ると意外と使い方が難しいという声が聴かれるのです。上手に塗るステップをご紹介していきます。

①お肌を整える
化粧水、クリームでしっかりとお肌に潤いを与えておきましょう。BBクリームの伸びを良くするためと、クリームを塗るときの摩擦からお肌を保護するためです。

②適量を使うのが鉄則!
BBクリームの失敗でありがちなのが塗りすぎです。カバー力が強いので当然塗りすぎると顔だけが浮いて見えてしまうのです。説明書にも書かれていると思うのですが最初にパール一粒大の量を取ってそれを十分に肌になじませるのです。

③ポイントごとに量を分ける
一気に塗ろうとするから失敗するのです。おでこ、小鼻、両頬、アゴにクリームを均一に分けて塗ると塗りムラができにくくなりますよ。

④あとは叩き込むように伸ばす
手でBBクリームを伸ばしてつけていくとお肌に強い刺激が加わってしまいます。伸ばすのではなく叩き込むようにつけるのがポイントです。こうすると肌の奥にクリームが浸透するので肌への密着力も高められますよ。

⑤さらにカバーが必要な時は
BBクリームを塗った後でもまだ気になる部分が出てきた場合は、そこだけクリームを追加で塗ります。この時もごく少量を手に取って気になる部分に叩き込んでつけていくと、ムラになりません。

CCクリームの使い方

CCクリームにはBBクリームのようなカバー力が高くはないのですが、多様な使い方ができるのが大きなポイントです。

  • 化粧下地として使う
  • 肌色をコントロールして顔色を均一に見せてくれる効果に優れているCCクリームを下地としても使えます。お肌を整えた後に下地として使用してその上からファンデーションで仕上げるとメイクが綺麗に仕上がります。

  • 素肌っぽいメイク作りに
  • ナチュラルメイクやすっぴん風のメイクがCCクリームで実現できます。気になる毛穴や顔色のムラを色と光でごまかしてくれるので、仕上がりがとてもナチュラルです。

  • ハイライトとして使ってもOK
  • 顔のメリハリをつけたいときにハイライトを使用することがありますよね。CCクリームには肌色を明るく見せる働きがあるので、おでこや鼻に塗って立体感を出すことができるのです。

BBクリーム、CCクリーム、おすすめなのはどっち?

shutterstock_121961872 - コピーそれぞれの使い方、商品の特徴について理解していただけましたでしょうか?じゃあ、どっちを使ったらいいのかと思いますよね?

肌質や求める仕上がりによっておすすめが異なりますので、ケース別におすすめを紹介していきますね。

BBクリームがおすすめのケース

  • 欠点を隠したい!
  • 吹き出物ができてしまっている、肌が赤みを帯びているときはそれを隠したいと思いますよね。そんなときはカバー力に優れているBBクリームがおすすめです。

    しっかりと気になる部分をカバーしてくれますし、美容成分も入っているのでお肌を優しくいたわってもくれます。

  • バッチリメイクで決めたい!
  • 合コンやパーティー、結婚式などの華やかな場ではバッチリとメイクをきめて参加したいですよね。カバー力も抜群でしっかりメイクした感じを求めるならBBクリームが適当です。

CCクリームがおすすめのケース

  • すっぴんで過ごす時に
  • 時々はお肌を休めるためにメイクをしない日があってもいいのです。しかし紫外線は室内にいても降り注いできますし、空気中にはアレルギーを起こす物質などが浮遊しています。それが無防備なすっぴんのお肌に刺激を与えてしまいます。

    すっぴんで過ごすときにもCCクリームはおすすめです。さっと塗るだけで日焼け止め効果もありますし、お肌をきれいに見せてくれます。おまけに肌にも優しいので肌へのダメージも軽減できますね。

  • ナチュラルメイク派に!
  • 化粧していないようで実はメイクをしているのが素肌風、ナチュラル風と言われるメイクです。自然の物やエコな商品がブームでメイクもナチュラルが流行っているのです。

    いかにも塗りましたというようなメイクではなく、自然な仕上がりを好む方はCCクリームを使うと素肌のような自然な感じに仕上げられます。

両方を用途やシーンで使い分けて…

shutterstock_201574805 - コピーいかがでしたでしょうか?BBクリームとCCクリームの違いをわかっていただけましたか?それぞれ異なる特徴を持っているので、用途やシーンに合わせて使い分けるのが賢いやり方です。

両方持っているとどんなシーンにも対応できるので便利ですよ。

この記事をシェアする

関連記事