• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

100円雑貨「シールフェルト」で簡単にすべらないハンガーを作ろう

Date:2012.08.14

ハンガーに服をかけるたびズリ落ちてイライラ!そんな経験ありますよね~。でも、家にあるハンガーを全部「すべらないハンガー」に買い替えるなんてできない。でも、100円アイテムをプラスすれば家中のハンガーがすべらなくなるんです!

用意するのは・・・

・家にあるハンガー

・シール付きフェルト(100円ショップのもの)

・手芸用ハサミ

用意するのはたったこれだけ!ハンガーはワイヤーでもプラスチックでもOKです。100円ショップで見つけたシール付きのフェルト生地は約8×8センチで8枚入り。しかも色違いで8色ありました。フェルトが切りにくいので手芸用のハサミがベストですが、頑張れば普通のハサミでも切れるでしょう(笑)。

フィッティング?

フェルトを切る前にぜひやっておきたいのが、ハンガーにかける服のあたりをつけること。見当違いの場所をすべらなくしても意味がないので、実際に服をあててみて、確実に服地と接するようにフェルトを貼る位置を決めましょう。

フェルトを切ります

フェルトはどんな形に切ってもいいのですが、失敗をふまえた私の経験からいうと接着面をできるだけ広くした方が剥がれにくいと思います。なので、無駄なスペースが多いと思わないでぜひ正方形に切ってください。でもまあ、形はなんでもいいんですけどね本当は(笑)。○でも?でも・・・。

実際に貼ります

フィッテイングであたりをつけた場所に、切ってシールをはがしたフェルトを置きます。この時、フェルトの対角線の位置より少し下にハンガーがくるように置くとキレイに貼り合わせることができます。

フェルトの角と角を先に合わせてシール面を接着します。ずれてシール面が表に出てしまうと服がくっついてしまうので注意しましょう!

完成形です

厚みや丸みのある形状のハンガーは大きめにフェルトを切って接着面をきちんととってください。フェルトをけちって接着面が少なくなってしまったり、きれいに処理しようとしてフェルトをハンガーに巻きつけるとすぐに剥がれてしまいます。(経験談です・・・泣)

服をかけてみましょう

いかがです!!普通はすぐにズリ落ちてしまうツルツル生地のレースもご覧の通り、がっちり受け止めてくれる「すべらないハンガー」の完成で~す。

可愛くしたい人はハンガーとフェルトの色の組み合わせや切り方にこだわってみるのも面白いでしょう。ぜひ、いろいろチャレンジしてみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事