• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

頭が痛い!でもその鎮痛剤大丈夫?薬の乱用の落とし穴

Date:2013.09.06

ドラックストアに行くと女性に優しい鎮痛剤が何種類か売りだされていますが、皆さん正しく使用していますか?頭痛もちということで、鎮痛剤を常備している人をよく見かけますが、たかがドラックストアで購入できる鎮痛剤ですが、正しく服用しないと後々、大変な目にあいますよ。

よくあるのが、頭痛もちということで鎮痛剤を常備している人は、大体、使用する鎮痛剤が最初は効き目の弱い軽めのものを使用しているのですが、使っているうちに今までの薬では効かなくなってきて、更に効き目の強い薬を求め購入するようになります。そんな傾向ありますよね。

これが危険の第一歩です。薬の効き目の強い薬に変えるだけですめばいいのですが、そのうち、それでも効かなくなってくると、毎日、薬を摂取するようになってしまいます。そうなると、もう重症の域に達してしまっています。

病院で鎮痛剤をもらったことがある人でさえ見落としがちですが、鎮痛剤を飲む時は胃薬も同時に飲むのです。ところが、市販の薬で済ましている人は鎮痛剤だけで飲んでいますよね。

この胃薬を外していることから、胃だけでなく胃に密接している小腸までも傷つけてしまうことがあります。鎮痛剤は胃薬で胃を保護しながら飲まないといけない薬だそうです。

一般人はなかなか知らない知識です。その結果小腸を傷つけてしまった場合、やっかいなことに、大腸と違い検査のしにくい部位なので医者でも即答では答えられません。

鎮痛剤は飲みすぎない、飲むときは胃薬と併用して飲む。などを頭において正しく服用しましょう!

この記事をシェアする

関連記事