• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつもの私とちょっと違う!?ドキドキChristmasデートメイク!

Date:2014.01.13

Christmas!寒くなってくるとイルミネーションも華やかになり、街はクリスマスに染まってきます。彼がいる方はドキドキなイベント。彼がいない方も出会いのシーズン。雰囲気も手伝って一年の中で一番胸が高鳴る日ではないでしょうか。

そんな時の女性はいつも以上に輝きます。クリスマスだからこそしたい格好、クリスマスだから美容室に、クリスマスだからいつも以上にキレイに。その新調したお洋服や気合の入った髪型に合わせてメイクもクリスマス仕様にしてみてはいかがでしょうか?

そこで、非日常的なクリスマスモテメイクをご提案します。

ベースメイク

新雪のようなお肌作り。色白なムラのないお肌作りをします。必要なのは透明感、明るさ、つや、ふんわり感、輝き。その為にはコントロールカラーなどで目の下~頬の高い所を中心に透明感を出し、色ムラがあるところはコンシーラーなどできちんと隠します。

リキッドファンデーションを使い、毛穴をうめツヤを出します。ナチュラルに仕上げたければパール感やラメ感のあるフェイスパウダーをふんわりとつけ仕上げます。

崩れたくない場合は一旦パウダーファンデーションで仕上げ、その上から上記のフェイスパウダーで肌をくるくると磨きあげます。いつもは使わないパールやラメを多めにつかってもOKなクリスマスメイク。首やデコルテ、手など肌の見えるところにもお忘れなく。

アイシャドウ

ベージュ~薄いピンクのモテカラー&キラキラパールがおすすめ。ラメでもOK。街のキラキラに負けないように目元のキラキラは必須です。普段では浮きやすいラメも瞼の上にポンポンとのせればあっという間にクリスマスメイク。色ではなく輝きで目立ちましょう!

目の下の涙袋には細めにパールホワイトを乗せるとうるうる目が作れます。

アイライン

重たい冬服に負けない目力。派手な色を使わない代わりにアイラインでしっかり目力を出します。近くで見られても良いようにまつ毛の際に極めて近く入れます。

苦手な方や滲みやすい方はクレヨンタイプのアイライナーがおすすめです。下のラインはパールホワイトを使って白くなっているので、ラインが浮いてしまう目の形の場合は目尻だけに引く程度でOKです。

マスカラ

ビューラーでカールさせ、長くパチッとしたまつ毛。つけまつ毛もつけたいところですが、つけ慣れない方はデート中違和感が気になってはいけないので、その場合目尻や中央に一部つけると良いでしょう。

つけまつ毛と一緒にマスカラをし、一体化させるとなお自然に仕上がります。しっかりカールさせ可愛らしい目元を作るとともに、まつ毛を上げる事でキラキライルミネーションを瞳に映し出しましょう。

アイブロウ

キラキラやしっかりラインを引きますが、パーティメイクではなく、あくまでも接近戦メイクです。派手にならないように眉はナチュラルに整えます。ポイントは細すぎない、濃すぎない。自分の眉の流れに添ってパウダーで仕上げる程度が望ましいです。

この日は角度眉や上り眉ではなく少々垂れ眉で可愛さアピールが効果的です。

チーク

にごりのないピンクで丸くふんわりと入れると可愛らしくなります。色白肌にほんのり血色を添えるイメージで、丸ブラシを使って頬の高い所にくるくると円を描くように入れます。苦手な方は丸パフにチークをつけニコッとした頬の高い所にポンポンとおいていきます。

より素肌に近づけたいので上からブラシでファンデーションを重ねお肌と一体化させましょう。

リップ

プルンとベージュピンク。もしくは色なしでもOK。キラキラとつやつやと目力で勝負なのがクリスマスメイク。赤やオレンジはクリスマスデートにはあまりおすすめしません。食事をしたり、飲んだりする事も多いのでリップをあまり気にしないメイクだと安心ですね。

今つやを出せるプルプルリップクリームや、落ちにくいグロスがあるのでそちらを使用するのが良いでしょう。ただ、寒い時期なので唇が紫になっていては可愛らしさもありません。

血色が悪い方は一度ファンデーションで地色を消し、健康的な色に近いリップライナーやマットな口紅などをつけ、一度ティッシュオフします。余分な油分を取りながら唇にフィットさせるためです。

そしてその上からつやを出すクリームやグロスを重ねます。併せて口角は必ず上げるようにしておきましょうね。

ハイライト

お洋服と合わせてみてもっと輝きが欲しい場合は細かいパールの入ったハイライトを効かせます。ハイライトの定番、高く見せたいTゾーンやあご先よりも、肌をよりキレイに輝かせるために使うのがおすすめです。

ライトアップされているところで見上げると、ハイライトをしている部分がとてもキレイなので目の下や頬の高い所、目の横辺りに入れると良いでしょう。

時には香りも

つけすぎはタブーですが、印象に残るという意味ではフレグランスも効果的。

ネイルも忘れなく

ブーツなどで見えないかもしれませんが、靴を脱ぐ機会も多いですよね。手元、足元ネイルは抜かりなく。ナチュラルだけどクリスマス仕様にしていたら話題も広がるかもしれません。

これにモテ服&モテヘア、いつもより頑張っている感があるととても大事な日だという気分になり盛り上がる事間違いなし。今年のクリスマスはモテメイクで最高な自分を演出してみませんか?

この記事をシェアする

関連記事