• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

旅行先で大活躍!洗顔ネットなしでも手軽に「極泡」洗顔する方法

Date:2012.07.23

だけで、汚れがきちんと落ちません。美肌のためには、きめの細かい泡で優しく撫でるように洗うことが大事です。

ホイップクリームのような、きめ細かい泡を作り洗顔をして、美肌を保ちましょう。きめ細かい泡を作るには、泡立てネットを利用すると早いのですが、持ってない場合はポリ袋を利用しましょう!泡立てネットと同様の細かい泡が出来ますよ。

用意するもの

  • ポリ袋
  • 洗顔クリーム

ポリ袋を結ぶ

ポリ袋を用意します。スーパーでもらえるようなものでOKです、買う必要はありませんよ!使う前にしっかり洗ってくださいね(笑)

ポリ袋の底の部分を結びます。半分くらいの長さの箇所に結び目を付けました。


袋を裏返して、袋の中に結び目がくるようにします。

ポリ袋を振って泡を作る

袋の中に一回分の洗顔フォームを入れます。アワアワが好きな人はもう少し多めに入れてもOKかも!

次に少量の水を入れます。

袋の口の部分をしっかり握って、袋を1分間振ります。

約30秒振りました。泡が出来てきました。こぼれないように気をつけて振ってくださいね。

さらに30秒振って・・・これで完成です。袋の中に泡がたくさん出来ているのがわかります。

きめ細かいしっかりした泡ができた!

わかりやすいようにボールに泡を移してみました。きめが細かくて、しっかりとした泡がたくさん出来ました!袋の中の結び目が、洗顔フォームを泡立てる役目をして、泡の中に空気を取りこんだので、簡単に大量も泡立てることが出来ました。泡立ててから洗うのと、泡立てないで洗うのとでは、汚れの落ち方が全く違います。泡立てネットがないときにぜひお試し下さい。

この記事をシェアする

関連記事

コメント