• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

運動前にダイエット効果を高める飲み物で代謝をアップ!

Date:2016.03.01

shutterstock_105932153適度な運動は美容と健康にうれしい効果をもたらしてくれますね。運動の主な目的は体力をつけることと脂肪を燃やすことですが、せっかく運動するならより効果的に脂肪を燃やしたいと思いませんか?

運動はただ行うだけで脂肪が燃やせるのではありません。やり方を変えるだけで脂肪の燃焼効果を高めることができるのです。

脂肪燃焼を高める方法の一つが飲み物を運動前に飲むことです。運動前に飲むことで脂肪の燃焼を助けてくれる種類があります。ダイエットや健康のために脂肪をメラメラと燃やしたい方、必見ですよ。

運動で脂肪が燃える仕組みを理解しよう

運動すれば脂肪が燃えると思っていたら大間違い。運動の種類によっては脂肪の燃焼が期待できないものがあるからです。

脂肪燃焼におすすめの運動といえば有酸素運動。脂肪は酸素と結合することで燃えやすくなるのです。

有酸素運動で脂肪が燃える仕組み

有酸素運動を始めると、最初は血液中に含まれている糖質をエネルギー源として体を動かします。

そしてそれでもエネルギーが不足してくると、今度は肝臓や筋肉といった体に蓄えられている糖質をエネルギー源として使うようになります。

そしてそれも使い果たしてしまってからやっと、体に蓄積されている脂肪をエネルギー源として使うようになるので脂肪が燃焼し始めるのです。

脂肪を燃やすためは継続して15分以上の有酸素運動を

有酸素運動を始めてからすぐに脂肪は燃焼されません。最初は糖質を優先的にエネルギー源として使うからです。

脂肪が燃焼し始めるのは運動を始めてから15分以上経過してからになりますので、継続して15分以上有酸素運動を行う必要があります。

運動のペースにも注意が必要です。息切れするほど激しく運動するのは意味がありません。息切れをすると酸素を取り込む量が少なくなってしまいますので、脂肪の燃焼が促されなくなります。

少し息が上がるくらい、運動しながらでも会話ができるくらいのペースで行うのが望ましいです。

シンプルイズベスト!ミネラルウォーターで代謝を促進しよう

運動前に飲むことで代謝をアップできる飲み物の一つが水です。代謝アップを期待するなら、水道水よりもミネラルウォーターがおすすめです。

ミネラルウォーターでも

  • 硬水
  • 軟水

がありますが、ミネラルの含まれる量が多い硬水を選んだほうが脂肪燃焼効果をアップできますよ。

デトックス効果を高めてくれる

水を飲むことで代謝が活発になります。毒素の排泄効果も高められるので、運動で体が温まり汗をかくのでその時に老廃物の排泄も促してくれるのです。

またミネラルウォーターの含まれているミネラルが、新陳代謝を促進するのをサポートしてくれますので運動時の脂肪燃焼も活性化してくれます。

ミネラルウォーターの効果的な摂り方

デトックスと代謝を高めてくれるミネラルウォーターですが、飲み方に注意するだけで脂肪燃焼効果をさらにアップさせることができます。

常温で飲む
汗ばむ季節は冷たく冷えた水を飲みたいところですが、冷たい物は体を冷やし内臓と代謝機能を低下させてしまいます。常温かぬるま湯で飲んだ方が体を冷やさずに済みますので、代謝機能を維持できるのです。
適量を飲む
お水を一度に大量に飲むと例え常温や温かい状態で飲んでも体を冷やしてしまうのです。

また大量に飲むと体が吸収や代謝オーバーになり、むくみが起こりやすくなります。一度に大量に飲むのではなく少しずつ飲むようにしましょう。

一日に飲む量ですが、1.5から2リットル程度を目安にしましょう。脂肪燃焼効果を高めるためには、運動前にコップ一杯、運動後にコップ一杯飲むようにするといいでしょう。

炭酸水で血流アップしよう!運動後の疲労回復にも効果アリ!

shutterstock_111304484
美容や健康に効果をもたらしてくれると話題の炭酸水。飲むだけでなくヘアケアはスキンケアに活用している方も多くいらっしゃるでしょう。

炭酸水は運動前、運動後に飲むことで運動効率を高めてくれます。

運動前に飲んで代謝をアップする

炭酸水の効果の一つとして注目されているのが代謝アップ。

炭酸水に含まれている二酸化炭素が血液中の取りこまれると、体は酸素が不足していると判断して血管を広げて血行を促進し血流がよくなります。

血流がよくなった状態で有酸素運動を実行すると、老廃物の排泄が促進される、脂肪の燃焼効率が高められるといった効果が期待できるのです。

運動前に炭酸水を飲むときは、コップ一杯程度で十分です。

それ以上飲み過ぎてしまうと炭酸水でお腹が膨らんでしまって、運動中に気分を悪くするかもしれないからです。

運動後の疲労回復に炭酸水を

運動した後は疲れが溜まります。この疲れの原因となっているのが乳酸という物質。疲れから早く回復するためには、この乳酸の排泄を早めるのが鍵になります。

炭酸水には代謝を促進して老廃物を排泄する作用が期待できますので、疲労の原因である乳酸の排泄を早めてくれるのです。ただし炭酸水でも糖分が含まれているものはダイエットに逆効果となりますので注意してください。

コーヒー、紅茶のカフェイン摂取で脂肪を燃焼

通常有酸素運動を始めてから15分以上経過しないと脂肪は燃焼されません。しかしコーヒーや紅茶などのカフェインを取ることによって、運動してから間もなく脂肪が燃焼し始めるのです。

カフェインが脂肪燃焼を早める仕組み

カフェインが脂肪燃焼を早めてくれるのは、リパーゼという消化酵素の働きを高めてくれるからです。有酸素運動を行ってから15分以上経過しないと脂肪が燃焼しないのは、脂肪が分解されてから燃焼するまでに時間がかかるからです。

リパーゼの働きを高めることで脂肪が燃焼しやすい形にまで分解されますので、運動を始めてからすぐに脂肪の燃焼が始まるのです。

また最近の研究ではカフェインを適量飲むことで、ガンや生活習慣病のリスクを減らす効果があることがわかっていますので、健康増進のためにも適量を飲むことをオススメします。

ダイエット効果を高める飲み方やタイミング

ダイエット効果を高めるためにはカフェインの入っている飲み物を飲むのが効果的です。私達も良く飲むカフェイン入りの飲み物といえばコーヒーや紅茶です。

他にもカフェインが含まれている飲み物はありますが、ダイエット中は無糖の物を飲んだ方が効果が高められます。

摂取カロリ―を抑えるためにも

  • 砂糖
  • ミルク

は入れないようにしましょう。

どうしても甘くないと飲めないという場合は、

  • 砂糖をシナモン
  • ミルクをアーモンドミルク

に替えるなど工夫をしてくださいね!

カフェイン入りの飲み物を飲むタイミングですが、運動する約30分前に飲むのがおすすめです。

カフェイン入りの飲み物が脂肪を燃えやすい体にしてくれるまでそれくらいの時間がかかるからです。飲む量ですが、コップ一杯(200ml)程度で十分です。

運動する前のコーヒーと炭水化物が筋肉作りのサポートに

ごはんやパンなどの炭水化物は運動をする人たちにとってエネルギー源となります。

この炭水化物+カフェインを摂ることで、筋肉維持に必要となる筋グリコーゲンが増量することがわかっています。

運動をするのに筋グリコーゲンは非常に大切な役割を果たしています。炭水化物をこの筋グリコーゲンに貯蔵され、運動をする時にエネルギーとして使っているからです。

朝、ごはんやパン+1杯のコーヒーを飲み、その後でストレッチや運動をすると美筋につながります。

カフェイン入りで脂肪燃焼を高める緑茶

shutterstock_211571944
日本人にとても馴染みの深い緑茶も、カフェインが含まれていますので運動前に飲むことで脂肪の燃焼効率を高めてくれますよ。

緑茶カテキンが脂肪の燃焼をサポート

緑茶にはカフェインの他にカテキンという成分が含まれています。カテキンもまたカフェイン同様に脂肪の燃焼を促してくれる働きがあります。

また既に摂取した脂肪の燃焼を助けるのにも効果的ですから、運動前だけでなく食事中や食後に飲むことで体に脂肪が付きにくくなるのです。

飲むならホットがおすすめ

緑茶もコーヒーや紅茶のように、運動する30分前に飲むのがおすすめです。

ホットにしてもアイスにしても美味しいのですが、ホットにしたほうが体を冷やしませんので代謝機能が落ちにくいです。

美容にも効果が高いココアで代謝を促進!

美容や健康に高い効果があると言われているココアも、運動前に飲むことで運動効率をアップさせてくれる飲み物です。

血行促進し代謝を上げる

ココアに含まれている

  • テオブロミン
  • ポリフェノール

といった成分には、血管を拡張させる作用があります。お蔭で体が温まって代謝がアップするのです。

ダイエット中の敵、空腹を和らげてくれる

実は脂肪燃焼効果を高めるには、満腹時よりも空腹時に有酸素運動を行った方がいいのです。ダイエット中はある程度食べる物をコントロールすると思います。

しかしお腹が空いているときは運動する気持ちが起きにくくなりますし、スタミナも途切れてしまいます。

ココアは他の飲み物と比べて多少カロリーがありますが、その自然な甘さが空腹感を和らげてくれますのでダイエット中の甘い物補給源として最適です。

運動前に飲むことで満足感が得られてスタミナも得られます。

低カロリーで美容効果も高い豆乳

shutterstock_83263216
豆乳は大豆を原料としていますので、牛乳と比べるとカロリーも低くおまけにヘルシーです。またダイエット効果も期待できますので運動前に飲むのもおすすめです。

大豆ペプチドが脂肪の燃焼を促進

大豆製品が体に消化吸収される段階で大豆ペプチドという成分が作られます。これが脂肪の燃焼を促進して代謝をアップしてくれるのです。

豆乳には他にも、

  • 大豆イソフラボン
  • レシチン

といった美容や健康効果を高める成分が含まれていますので、運動前だけでなく毎日飲むことでダイエット効果を高めてくれます。

効果的な豆乳の飲み方

運動前に豆乳をコップ一杯飲むといいでしょう。一日あたりの摂取量ですが、300CC前後を目安に摂取しましょう。

私達日本人は豆乳以外にも味噌や醤油などの大豆製品を食べています。大豆製品にはイソフラボンが含まれており、それは体内で女性ホルモンと似た働きをします。

大豆イソフラボンを多く摂りすぎてしまうと、女性ホルモンのバランスを崩しやすくなってしまいますので飲みすぎには注意が必要です。

運動前の飲み物で賢く脂肪を燃焼してダイエットを成功させよう!

shutterstock_359237099
有酸素運動を頑張ってもなかなか思うような結果が出なかった方、脂肪燃焼効果や代謝アップに効果のある飲み物を試してみてください。

また飲み物でも飲むことで運動効率を下げるものがあるので注意が必要ですよ。例えば甘い砂糖がたっぷり入った飲み物を運動前に飲むことで、脂肪が燃焼されるまでに時間がかかるようになってしまいます。

それは運動時に糖分が最初にエネルギーとして使われてしまうからです。糖分を多く摂取していると、有酸素運動を行っても期待するような脂肪燃焼効果が得られにくくなります。

また冷たい物を飲むと内臓が冷えてしまって代謝を鈍らせてしまい、脂肪の燃焼効率を下げてしまうのでどんな飲み物でも常温か温めて飲むのがおすすめです。

有酸素運動は続けることで次第に脂肪の燃焼率が高められていきます。運動前の一杯で有酸素運動の効果も変わってくるはずですよ。

この記事をシェアする

関連記事