• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ピンクのカラコンはとびきりキュート。色で印象を変えて大変身

Date:2014.09.20

「何かいつもと雰囲気が違う」と思ったら目の色が違った、ということがあります。一時期、目のトラブルなどで敬遠されていたカラーコンタクトですが、現在では安全なものが増え、カラーコンタクトでオシャレを楽しむ人が増えてきています。

瞳を大きく見せたり、やわらかい印象を与えたり、神秘的な雰囲気を作ったり…とさまざまな印象を与えることができるカラーコンタクト。どのような色や種類があるのかを知って、オシャレの幅を広げましょう。

色によるさまざまな効果

カラーコンタクトレンズにはさまざまな色や種類があり、選ぶものによってあらゆる雰囲気を出すことができます。

ブラウン

ナチュラルに雰囲気を変えたいと思うならブラウンがおススメ。瞳の色が明るくなり、やわらかい印象になります。発色もいいので、美しい瞳を演出することできますよ。

グレー

どちらかというと主張する色なので、「今日は少しイメチェンしたい」という時にお勧めです。神秘的でクールな印象を与えることができる色。服装なども目の色に合わせてコーディネートしましょう。

グリーン

インパクトを与えることができるグリーンは、大人っぽい雰囲気を出したい時に使うと効果的。

ピンク

キュートでかわいらしい雰囲気を出すならピンクのカラコンを。主張し過ぎないピンクは、ナチュラルメイクにも合います。

バイオレット

華やかな印象を与えたい時に使用したい色です。色っぽい女性になれる色でもありますよ。

ブルー

個性的でミステリアスな印象を与えるブルー。色の主張も強いので、メイクやファッションも合わせて、より魅力的に。

ブラック

黒のカラコンは自然に大きな瞳にすることができるカラーコンタクト。うるんだ瞳やキラキラした瞳になりたい時にはブラックがおススメです。

模様によっても印象が変わる

カラーコンタクトには模様が入っています。着色のデザインが放射線状になっているもの、グラデーションになっているもの、瞳の色を生かせるような着色になっているものなどがあります。デザインによって、自然な感じになったり、優しい印象になったりします。

また、レンズの周りに色が濃く着色されているものと、縁に色が濃く着色されていないものがあり、縁があるものは瞳の印象を強くさせたり、目を大きく見せたりする効果があると言われています。縁ナシのレンズは、やわらかい自然な感じを出すことができます。

サイズの大きいレンズでデカ目に

カラーコンタクトレンズにはサイズの違いがあります。14.0mm、14.2mm、14.5mmなどと表されている数字はレンズの直径です。大きいものは目を大きく見せる効果が高くなり、小さいものはナチュラルに使用することができます。

安全なカラーコンタクトレンズを選ぶ

カラーコンタクトレンズが危険と言われていたのは、製造方法が安易でレンズから色が溶け出してしまい、目にさまざまなトラブルを引き起こしていたことが原因の一つです。

現在安全だと言われているのはサンドイッチ製法と呼ばれる製造方法。2枚のレンズの間に着色料を入れて、圧力で1枚にする方法です。この製造方法であれば、色素が溶け出すなどといった危険が避けられると言われています。

ただし、コストがかかる分、他の製造方法で作られたレンズが出回ったことがあったのです。現在でも全てが安全な製造方法でできているレンズばかりではないので、注意が必要です。

カラーコンタクトレンズは目に装着するだけで、印象を変えることができる便利なオシャレアイテムです。しかし、目に直接触れるものなので、安全なレンズを選ぶことはもちろん、装着時間や使用期限、保存方法や洗浄をしっかりするなど清潔面において十分な配慮が必要です。

もし、目が充血したり、かゆみや痛みが出たりしたらすぐに装着をやめて、眼科に行って診察を受けるようにしましょう。安全に使ってこそ、オシャレが楽しめるというもの。使用方法には十分注意して利用することが大切です。

この記事をシェアする

関連記事