• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

いつもと違う目元で彼もドキッ!おすすめカラーマスカラでイメチェン

Date:2013.05.10

いつも同じようなメイクで落ち着いていませんか?時にはメイクも少しアレンジして気分を変えるのも楽しいですよね。ちょっと変化が欲しいときにオススメなのがカラーのマスカラです。

カラーマスカラと言っても、ブラウンや紺色などの落ち着いた使いやすい色からピンクや紫などの派手な色、ラメや金・銀のキラキラものまで、たくさんのカラーが発売されています。上手に使って、目元の引力をアップさせましょう!

落ち着いた濃い色の場合

初心者さんやちょっと雰囲気を変えたい時には落ち着いた色がオススメ。ブラウンや紺色などはパッと見た感じ黒とあまり変わらないように見え、光の加減や見る角度などによって「あれ?カラーなのかな?」と気づくような感じでさりげなく使えます。

内勤のOLさんなら、会社で使っていてもあまり目立たないと思います。伏し目がちになった時にとてもキレイに見えるので、デートの時にもちょっと違った雰囲気を出すことができてオススメです。

濃い色味のカラーマスカラを使う場合は、ブラックやブラウンのアイライナーでも浮かずに馴染みやすく、普段のメイクに足してすぐに使えるためとても便利です。

ボルドーやダークグリーンなどのマスカラは色味によってはアイライナーが悪目立ちしてしまうことがありますが、アイライナーを細く目立ちすぎないように入れたり、一旦ブラックのマスカラを塗ってからカラーマスカラを塗れば馴染みやすくなります。

上まつげはブラックのマスカラを塗り、下まつげだけ濃い色のカラーマスカラを塗るという使い方も不思議な雰囲気のある目元が作れるので楽しいですよ。

気分が上がる派手な色の場合

ハッキリと発色する派手な色は、友達との夜遊びやイベントにピッタリ。仕事が終わってからまつ毛にひと塗りすれば、一気にイメージチェンジできます。あんまり全体に塗ってしまうとまつ毛だけが浮いてしまう場合もありますので、塗り方は少し注意が必要です。

例えば、ブラックのマスカラを全体に塗り、上下まつげの目尻だけカラーにしたり、まつげの先半分や本当に先っぽだけに塗ったり、部分的に使うと使いやすいです。ブラックのマスカラをベースにする場合はアイラインはブラックでも大丈夫です。

色を主張させたければ同系色のカラーライナーでもいいかもしれません。まつげが主役のメイクになりますので、アイカラーはパールでまぶたが明るくなるけど主張しすぎないような色のものの方が合うかもしれません。

マスカラと同系色の薄い色などを使えば、マスカラの色がまぶたに反射して、グラデーションが出来ているような印象になるのでオススメです。

まばたきの度に視線釘付けキラキラ系の場合

キラキラした色味のものはパーティなどはもちろんですが、デートなどの普段使いでも大活躍です。全体にギラギラさせるのではなく、まつげの先にチョンチョンと少しだけ使うのがオススメ。

ラメのものなどは光の反射が無いときにはゴミが付いているように見えてしまうため、特に全体塗りはオススメできません。

上下全体のまつげの先に付けるのもいいですが、個人的には上まつ毛2ヶ所と下まつげ1ヶ所という感じでランダムに乗せていくのもさりげなくて好きです。

まばたきするたびにキラリと光るので、とてもセクシーな気になる目元になります。男性は光が動くと気になる生き物らしいので、気になる彼の視線もあなたに釘付けになるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事