• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

プレゼントには手作りカラータイ!マスキングテープ活用術

Date:2015.08.05

top

カラータイってご存知ですか?よくパンなどの口を留めてある、中にワイヤーが入ったアレです。カラータイ、ワイヤータイ、ねじりっこ…etc.色んな名称があるようですが、正直に申し上げますと、私も初めて名前を知りました。

いつも我が家では「ねじねじ」とか幼稚な名前で呼んでいまして、もし外であの方を表現するとなったらば「あの、ワイヤーが入っていてパンの口とか留められる…あれ。」とかいうハメになるわけです。

まぁ今までの人生において、そんなシチュエーションに遭遇しておりませんので、運よくちょっとした恥を晒さずに済んでおります。でもこれからは積極的にドヤ顔で言っていきたいと思います。「カラータイ…!!」

そんなカラータイ氏ですが、よく見たら(よく見なくても)何のことはない、ワイヤーが真ん中に通っているだけ。これは作れるんじゃないの~?作れちゃうんじゃないの~?

というわけで、作ってみちゃいます。材料はワイヤーとマスキングテープ。所要時間は1つ作るのに1~2分!

…って、長々と書いておりますが、言いたいことをまとめると、「カラータイを作ろう。」(みじかっ!) 全部読んでくれた方、ありがとう。やっと本題に入ります。

準備するもの

・マスキングテープ
・ワイヤー
・はさみ
・ニッパー

ワイヤーを挟み込む

いやもう、薄々勘付いていらっしゃると思いますが、そうなのです。超簡単なのです。
だって挟み込むだけだもの。

まずはワイヤー

こちら、貴和製作所さんで購入したArtistic Wireです。ほんとはこんなことに使うには勿体ないもの。この記事を書くにあたり、ちょっと見栄を張ってみました。ホームセンターなどで売られている、とっても安価なワイヤーで、もちろんOKです!

ニッパーで適当な長さにカット。

私のことだから、もちろん長さはテキトウ。目安としてお伝えするならば、だいたい7cmといったところ。もっと長くても短くても、お好みでどうぞ。

次に用意するのはマスキングテープ。

柄も幅も様々なものがありますが、こちらもお好みで。もし幅が広いものをご使用になりたい場合は、さきほどのワイヤーを長めにカットしておくといいかもしれません

とりあえず一本選んでみました。どこでもいいので平らな所へ端を貼りつけたら180°回転させて。

ワイヤー+αの長さにマスキングテープをカットしたら、最初と同じように貼りつけます。

ワイヤーを載せたら

ずれないように注意しつつもう一枚マスキングテープを貼り合わせ。

下に貼っていた部分を剥がして、

そこもキッチリ貼り合わせたら、ワイヤーの端めがけてハサミでカット。

これ、ワイヤーを切ろうとするとハサミが大変に負傷するので、もしワイヤー目がけて切ってしまった場合は、マスキングテープだけ切った後に、ニッパーでカットしましょう。ワタシ、ウソツカナイ。ダッテムカシ、ヤッタカラ。

今回はキッチリ綺麗!

これにて完成!!簡単すぎるのではないか?ま、いっか。簡単すぎて怒る人はいないよね!(プラス思考。)

とりあえず、簡単に可愛くできて、ちょっとテンション上がったので…

増殖!マトリョーシュカってなんでこんなに愛らしいのかしら。

端を三角形に切ったら更にかわいい♪

表と裏を違うマスキングテープにしたらどうなる?っと、やってみたら…なんてこと!

こんなに可愛いなんて!早く言ってよドラえもん。

柄合わせを考えるのが、楽しい!

同じ柄でも色違いだと違うものだ!

…ふと気が付いたら、こんな事態に。

きゃー作り過ぎ!でもカラフルでなんとも可愛い!このままラッピング用品としてプレゼントするのもいいかな?しばし悩みます!

毎日のように目にしつつもなんとなくスルーしていたカラータイ。こんなに簡単にできるなんて!これからはどんどん作っては全力で活用していきたいと思います!

この記事をシェアする

関連記事

コメント