• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダブルガーゼで作るお肌にやさしい保冷枕カバーの作り方

Date:2012.07.26

オリジナル枕カバーを作ろう!

風邪で熱を出した時、暑くて眠れない夜などに保冷枕を使うとき、そのまま使用すると霜がついてしまうので、タオルを巻いて使う方多いと思います。でも何度か寝返りを打っているうちに、タオルが枕からはずれたり、タオルでは厚みがありすぎて、ぜんぜん冷たくなかったりしますよね。そこで、枕がずれてもはずれない、薄くて肌に優しいダブルガーゼで保冷枕のカバーをつくってみましょう。

用意するもの

材料は、

・お好みのダブルガーゼの布  22×70cm

を用意してください。

今回はミシンを使いますが、手縫いでも簡単にできますのでお好きな方を選んでくださいね。

枕のサイズに裁断する

まずは、布を保冷枕の大きさをもとに少し大きく切ってください。わたしの保冷枕は18×28cmですので、22×70cm(ぬいしろ1cmずつ含む)で裁断します。

布の右端を17cmのところで折ります。こちらが下側になります。

布の左端も折り、重ね合わせます。保冷枕のカバーはこのような形になります。両端の折り部分に印を付けて、うらおもてにします。

サイズが決まったら直線縫い

上下を布端から1cm内側を直線縫いします。

上下とも縫い終わったらこのようになります。縦の布端は、布端がほつれていますがカバーの内側になるので今回は始末しません。気になる方は、上下の直線縫いの前に、端を2回折りして縫ってください。

これだけで完成!

おもてに返して、完成です!

保冷枕の大きさより、少し大きめに作ってあります。

お好きな柄で楽しんでみては?

保冷枕からの霜でカバーが濡れてもすぐに替えられるように、何枚か予備があるといいですね。かわいい柄のダブルガーゼがたくさん売られていますので楽しんで作ってみてくださいね!

この記事をシェアする

関連記事

コメント