• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットできるはずの運動で太る?!40代からはこんな運動はNG

Date:2013.06.28

40代を迎えると、体の変化を激しく感じるようになります。食べ過ぎたり、飲み過ぎて出てしまった下腹はちょっと食事を減らしただけでは引っ込みません。油断して今までと同じくらい食べていては、そのまま体重に反映されます。

食べた分だけ運動すればいい、と思って油断していると、運動しても汗をかいても以前のようには体重は減らないし、出てしまった下腹もそのままです。

しかも、運動すればするほど太っていく、という経験をしたことがある人も少なくないのではないでしょうか?

激しい運動をしてたくさん汗をかいても、40代を過ぎると思うように痩せません。それどころかたくさん食べてしまい、かえって太ってしまうことも。40代を過ぎたら、運動の方法も考えなければなりませんね。

カロリー消費が足りない

運動をして太る、というのは正しくないかもしれませんね。体を動かせば汗をかくので、その分水分が減り、体重は減るでしょう。しかし、水分が減っただけでは、体は痩せませんね。

激しい運動をして、体を動かすとその分お腹がすいて、たくさん食べてしまい、運動で消費したカロリーよりも食事のカロリーの方が上回ってしまうので、その分太ってしまうのです。運動で食べた分の消費カロリーを減らすのは簡単ではないですからね。

しかも年を取ると若い頃のようには体は動きません。本人は動いているつもりでも、カロリーをたくさん消費していないのです。運動した気になっているだけ、ということですね。

代謝が落ちているから痩せない

若い頃は新陳代謝がよいので、運動をすればその分代謝もよくなり、痩せやすい体になるのは早いのです。しかし加齢とともに代謝も悪くなっていますから、運動をして代謝をよくするには、その分時間がかかるのです。

運動を始めたからといって、すぐに痩せるわけにはいかないのですね。でも、あきらめてはいけません。もちろん、運動しないよりしていた方が代謝もよくなり、痩せる体になっていくのですから。

正しく体を動かせない

加齢とともに、体の柔軟性も低くなっています。運動によるダイエットは、体を十分に正しく動かすことで筋肉が引き締まったり、脂肪が燃焼されます。

40代を過ぎると、それができにくくなってしまうのですね。その分、体の脂肪を落としたり、引き締めるのに時間がかかるのです。急に柔軟性を求められる運動で痩せようと思うのは無理です。

激しい運動でケガをする

体も硬くなっているし、思うように体が動かなくなってしまう40代。急にそれを感じる年代でもあります。なので、無理だと思っていなくても激しい運動などは体に負担をかけてしまうもの。

そのせいで肉離れを起こしたり、膝を傷めたり、ひどいとアキレス腱を切ってしまったりするものです。

また、急に体を動かすと筋肉痛になってしまいます。そんなケガをして体を動かせないと、さらに太ります。また、次に運動をするときにケガするのが怖くて運動に苦手意識を持ってしまうこともあります。

運動でダイエットするのは難しくなってしまいますね。急に激しい運動をするのはNGです。

ストレスになる運動はNG

効率的に痩せたいところを痩せるには、プロのトレーナーなどにメニューを組んでもらうのが一番です。

やみくもにジムのマシンを使っても、うまくいかないこともあります。それなら自分の希望を話して、専用のトレーニングメニューを作ってもらうのがおススメ。しかし、そのメニューがあまりキツイものだと、体が追い付かず、気持ちもなえてしまいます。

運動が大好きで、トレーニングも頑張れると意識のある人はいいのですが、普通の女性がトレーニングをするのはあまり慣れていないし、難しいものです。

それでも続けていけるような、トレーニングをするのがストレスにならないような内容にしてもらいましょう。

トレーニングはやったりやらなかったりでは効果が出ません。週に3回、と決められたらそれをこなせるトレーニングをすることが大事ですよ。

運動前後のストレッチは欠かさない

運動をする前と後には必ず全身のストレッチをしましょう。運動前に筋肉を伸ばすことで、動きも柔軟になるしケガの予防にもなります。また、運動後のストレッチは、疲れた筋肉をほぐす効果があり、筋肉痛などの痛みの予防にもなります。

ストレッチをしないと、運動をしても体が硬くなったり、足がむくんでしまいます。ストレッチは毎日行うのがダイエットには必要ですよ。体の柔軟性をつけるためにも、ストレッチをする習慣をつけましょう。

体調を考えながら

いくら定期的に運動をすることが必要でも、体調が優れないときにはお休みしましょう。

体調が優れないときに無理をして運動をすると、体を壊して、長い期間運動をすることができなくなることも。すると、せっかく運動することで柔軟性も付いてきたのに、また硬くなってしまいます。ダイエットにもつながりません。

無理をすると復活するのに時間がかかります。その分運動ができなくなってしまうので、無理をしない程度に、楽しく運動をするようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事