• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットを成功するために必要なのは強い意志じゃない、○○だ!?

Date:2013.11.11

運動や食事制限、規則則正しい生活・・・これらを守ればダイエットは間違いなく成功するでしょう。でもどうして失敗するのか?

運動する時間、健康的な食事を自炊する時間、毎晩決まった時間に就寝・・・そんな規則正しい生活できますか?残業、子育て、家事、遊びにだっていきたいのに、規則正しい生活なんて夢のまた夢。

ダイエットが失敗するのは、ずばり時間がないからではないでしょうか。今回はモレノ式ダイエットを成功させるための「食生活改善」に注目したご提案いたします。

モレノ式ダイエットの効果と挫折

モレノ式ダイエットって知っていますか?17日間決まったものだけを食事し、運動は1日17分間以上するといったほぼ食事制限によるダイエット方法です。

詳しくは「世界一綺麗になるモレノ博士の17日間ダイエット」(日本文芸社)にありますが、17日間のあとは少しずつ食事制限を解除していき、最終目標は食事習慣や食生活を変えていくことになります。

17日間挑戦したところ、3キロ減量しお肌の状態もすこぶる調子よくなりました。が、やっぱり続けられないんですね。17日間は集中できましたが、それ以降は仕事の繁忙期がやってきて、残業後にこってりした店屋物。

忙しくなってくると、食事を自炊する時間も気力も体力もなくなりストレスも加わって、暴飲暴食。はい、あっという間に元通り。このままではいかん!なんとか食生活を改善しなくては。できれば簡単で、すぐできて、続けられるようなやつ・・・・。

モレノ式ダイエットではでんぷん質の多い野菜以外なら、量に制限はありません。つまり野菜なら食べ放題というわけです。そこで野菜を摂取できるような自炊を考えてみました。

具だくさんスープで満腹感

忙しいときの思考回路は「お腹が空く⇒すぐ食べたい⇒疲れていて自炊したくない⇒コンビニか外食でいっか」だったりしませんか?そこで帰宅後に、すぐ食べれるように準備してみました。といっても手の込んだ料理を作りおきする時間はありません。

外出前に野菜を一口サイズに切っておく。これだけです。帰宅後は野菜とお水とスープの素を入れてコトコト煮たらできあがり。

スープならコンソメ、中華、味噌、カレー風などさまざまな味が楽しめて毎日食べても飽きません。家に帰ればあったかいスープが待っている!それだけでコンビニにふらふら吸いこまれることはなくなりますよ。

毎日続けられる、蒸し野菜弁当

毎日のお弁当づくり、これまた大変ですよね。おかずを考えたり、早起きしたり、二日酔いしている場合ではありません。

そんな時は簡単蒸し野菜弁当です。ブロッコリー、にんじん、マッシュルーム、玉ねぎと好きな野菜を切って電子レンジでチン。ルクエがあるともっと便利ですよ。それに加えて、ゆで卵と鮭の切り身を焼いて完成~♪

鮭以外なら鶏の胸肉などもOK(OKな食材はモレノ式ダイエット本で確認してみてくださいね)。野菜を変えたり、卵焼きにしたり、味付けを変えたりするだけで飽きずに続けられます。

お腹がすいたら、野菜をおやつがわりに

モレノ式ダイエットは、17日間は炭水化物はNGです。腹もちがしないのですぐお腹がすいてしまうんですね。

そこで白羽の矢がたったのは「プチトマト」。バルサミコ酢や塩、もちろん何もつけなくてもOK。冷蔵庫あけたら1分で食べられます。これで「お腹すいた~。すぐ食べたい!きー!」衝動がかなりおさまります。

もう少し余裕があれば、野菜スティック、ピクルスなどを作っておくのもいいでしょう。くれぐれも冷蔵庫をあけたら、チョコレートバーが入ってるという状況だけはやめましょうね。

ダイエットに必要なのは強い意志ではありません。めんどくさくても、時間がなくても、続けられるように工夫をすること、なのではないでしょうか。もちろん時々ごちそうやスイーツを食べるのも、続けられる工夫ですね!

この記事をシェアする

関連記事