• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

あなたのやってるダイエット方法、もしかしたら注意が必要かも!?

Date:2013.12.16

あなたのダイエット、遠回りしていませんか?

巷には様々なダイエット方法や、ダイエットの知識が溢れています。誰でも効率よく、画期的な方法で痩せたいと思うもの。様々なダイエット方法を試しては、効果が見られずに挫折するという人も少なくないのでは。

そこで、医師が医学的に根拠がないとするものや、間違った常識などをまとめてみました。ムダなくダイエットを成功させるために参考にしてみてくださいね!

骨盤ダイエット・・・大人気だけど実は?

骨盤ダイエットは、女性の下半身痩せに効くとして空前の大ブームを引き起こしました。体の中の脂肪や臓器を支える大きな骨というイメージから、開いたり歪んだりすることで体型が悪くなると言われています。

しかし、医師の中には「骨盤ダイエットはウソ!」と一刀両断する人もいるのです。美容整形外科の高須クリニックの院長である高須克弥医師。彼は美容整形外科を営んでいますが、実は本業は町のお医者様なんです。お年寄りの治療や、一般的な病気を治す医師なのです。

高須先生によれば、骨盤は動くが体型やダイエットには関係がないと言います。骨盤は様々な骨の集合体なので、出産などによって多少動くことはあるそう。しかし、あくまでも「多少」動くだけであって、それにより脂肪の付き方が変わるということはないのだそうです。

太っている人の骨盤が開いているように見え、痩せている人の骨盤は閉まっているように見えることもあります。しかし、体型の違いから表面上骨の位置が違うように見えるだけ。骨盤が開いているから太った、という証拠にはならないのです。

朝バナナダイエットは、良いことナシ!

朝食をバナナ1本と常温の水に置き換えることで、エネルギーを補給させつつもしっかりカロリーコントロールするというダイエット法。これは実際に、肌荒れなどを訴えて挫折した人が多いダイエット法。

朝にフルーツを摂取するのは美容にも健康にも効果的と言われています。しかし、ダイエットには不向きなので注意しましょう。

空腹時にバナナをいきなり食べると、胃酸の分泌が抑制されてしまいます。そのため、消化機能が低下してしまうために「痩せ」には繋がりにくくなるのです。

さらにバナナはスムーズにエネルギー補給ができることで知られていますが、栄養バランスが良い食べ物とは言えません。1種類の食べ物に拘って、そればかりになるダイエット方法は健康的にもよくありません。

「これさえ食べれば痩せる!」というような安易なダイエット方法は、食生活を乱すので肌荒れや代謝の低下を招いてしまいます。

炭水化物ダイエットのやり方、間違ってない?

炭水化物を食べ過ぎると太ってしまうことはよく知られています。ダイエット方法の中でも王道な「炭水化物抜きダイエット」を実践したことのある人も多いのでは?

炭水化物と言えば、米・麺・パンなどの主食にあたるもの。炭水化物抜きがダイエットに良いらしいと聞いて、米を摂取しない人も多いのでは。確かに炭水化物は食べすぎると肥満の元になってしまいますよね。

しかし、完全に抜きにすることで糖が不足して脳の働きが悪くなります。米やうどんなどの低カロリーな炭水化物まで抜いていると、仕事や家事などの効率を悪くさせてしまう可能性があります。

さらに、精神面にも悪い影響が出てきます。脳の神経伝達が上手くいかなくなるため、イライラしやすくなったり不安を抱えやすくなるという報告もあります。

米やうどん、素麺などの和の炭水化物はむしろしっかり摂取するべきです。ラーメンやパスタ、菓子パンなどの高カロリーな炭水化物を控えるようにしてバランスのよい食事を心がけて欲しいものです。

元々炭水化物ダイエットはアメリカ人用に考案された「アトキンスダイエット」というもの。食生活の全く違う日本人にそのまま応用しても、決して上手くいくとは言えません。

近道ばかりしようとすると、遠回りしてしまうのがダイエット

より簡単に、楽に痩せようと思えば思うほど効果が見られずに挫折してしまうもの。自分が近道だと思った方法は、実は遠回りになっているかも?基礎的な生活スタイルや食生活を見直すことが、なんと言っても一番の近道なのかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事