• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

もう挫折しない!新陳代謝をあげる運動でダイエットを成功させよう!

Date:2013.10.23

スリムボディは、女性の憧れですよね。痩せることは時間もかかり、挫折してしまうことも多いものです。しかし痩せるメカニズムが分かれば、効率的に痩せることができるようになります。

新陳代謝をあげよう

摂取したカロリーをエネルギーに変えるためには、筋肉を鍛える必要があります。そのために必要なのが、無酸素運動です。無酸素運動とは、ダンベルを上げたり、腕立て伏せなど一気に力を使う運動です。

このような運動を行っている時には、一時無呼吸状態になり、筋肉中のグリコーゲンが燃えやすくなります。グリコーゲンが燃えて筋肉が強化されることで、エネルギーが作られ新陳代謝を上げることに繋がっていくいきます。

代謝が上がれば、脂肪を燃焼させるエネルギーが増え、効率的に痩せることができます。

間食はOKでも夜食はNG

ダイエットでは、食事のバランスと摂り方が大切だといますよね。間食もNGとよく聞きますが、脂肪が燃焼しやすい時間ならOKなのだそうです。

日中は、交感神経という自律神経が活発に働いており、摂取したカロリーをエネルギーにどんどん変えてくれます。しかし夜になると副交感神経が優位になり、摂取したカロリーを脂肪として蓄えようとしてしまいます。

この体の働きを利用して食事を摂ることで、間食も可能になるそうです。好きな物や太りやすい物は早い時間に食べ、夕食後は食べないようにすること。間食は、低カロリーの果物やヨーグルトなどにすると、空腹や食事を我慢している感覚もなくダイエットができます。

有酸素運動を取り入れる

無酸素運動で、新陳代謝が良くなってきたら、次は脂肪を燃焼させる有酸素運動を取り入れてみましょう。有酸素運動は、長時間ゆっくりとした動作の運動を行うことです。例えばランニングやエクササイズなどが、有酸素運動になります。

運動をしながら、たくさん酸素を体内に入れるとこで、脂肪を燃焼させてくれます。筋肉を動かしてできたエネルギーがなければ、効果も半減してしまうので、代謝を高めてから行うことが、挫折しないためのポイントになります。

朝食や夕食前の空腹時に行なうと、より効果的です。

ダイエットは、代謝を高める・食事の時間を考える・有酸素運動で脂肪を燃やす!この順番が大切です。挫折しないために、効率的にダイエットに取り組んでみませんか?

この記事をシェアする

関連記事