• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

何が原因?ダイエットをしても運動をしてもやせない理由

Date:2012.12.29

食べたいのを我慢したり、甘いものを我慢してダイエットをしてるのに、やせない、あんなに走ったり、体を動かしているのにやせない、という人、いますよね。食事を減らせばやせるし、運動をしてエネルギーを消費させればやせる、ということに間違いはないのですが、やせない。

それは何か原因があるのでしょう。年齢のせい?というのはありますね。女性は加齢とともにやせにくくなりますから。しかし、やせにくくなるだけで、やせないわけではありません。自分がどうしてやせないのか、その原因をさぐってみましょう。

朝ごはんを抜いている

単純に1日の食べる量を減らせば体重が落ちるだろうと、朝食を抜いてもダメです。朝食には体内時計を調節する役割があります。そこで調節しないと体内時計が乱れたままになり、食事時間に分泌されるはずのホルモンや消化液が分泌されなくなり、脂肪をためこんでしまうことになるのです。

また、朝食を抜くと、次に食べたものが体に吸収されやすくなるとも言われていますね。さらに朝ごはんを抜くと、午前中は活動的に動けないので、その分カロリー消費ができなくなる、とも言われています。

ただひたすら食事制限をしている

食べなければやせます。しかしそれは体重が減るだけで、体脂肪は減りません。いつまでも食べずに生活できるわけではありませんね。ひたすら食事制限をして体重が減ったからといって、食べ始めると、さらに太ることになります。

お菓子だけ食べている

ご飯は食べずにお菓子を代わりに食べている、というダイエットをしている人はいませんか?お菓子はものすごく糖分や脂質が多いのです。それを食べていては太るだけです。ジュースや炭酸飲料も同じですから注意しましょう。

週に1回たくさん運動をしている

運動はカロリー消費になります。しかし、ジョギングを1時間して消費されるカロリーは女性では約400kcal、ダンスでも約300kcalです。それくらいのカロリーはご飯1杯食べたらすぐに摂取できてしまうカロリー。運動でカロリー消費をするのはそう簡単なことではありませんね。

しかも1日に体を動かる時間には限界があります。週に1回運動をしたからといって、やせるものではありません。少なくても週に3回以上の定期的な運動が必要です。

運動の後のお酒がやめられない

運動して汗をかいたあとのビールはとてもおいしいものです。体を動かしてカロリーを消費したのだから、ビールを飲んでも大丈夫だろう、と何杯も飲んだら運動も水の泡。ビールのカロリーは350mlで140kcalです。

さらに、お酒と一緒にご飯を食べるのは太るもと。アルコールとご飯を一緒に食べると、体内ではアルコールを分解している分、食べ物の分解がおろそかになり、脂肪が蓄積されていくのです。

姿勢が悪い

悪い姿勢というのは、猫背や骨盤がゆがんでいる、反り腰などが挙げられますね。骨格のゆがみは血流やリンパの流れを悪くして、老廃物や余分な水分の排泄を妨げ、ためこみやすくさせてしまいます。

また、姿勢が悪いと正常な場合動くはずの筋肉が動かず、そのまま筋肉が衰えて代謝が悪くなってしまうのです。

筋トレのフォームが正しくない

代謝を上げるためには、筋力トレーニングが必要です。姿勢を正しく保つためにも筋肉は必要なもの。筋トレは体を引き締め、代謝をよくするものなのですが、フォームが正しくないと、効果につながりません。

部分的には違ったところに筋肉がついて、太く見えてしまうこともあります。また筋トレも定期的に行わなければ効果はありませんよ。

この記事をシェアする

関連記事