• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

恋愛は最初が肝心!第一印象をアップさせてモテる女性になる方法

Date:2014.06.11

人と出逢った時、あなたは相手のどんな所を見ていますか?あなたが相手を見るように、相手もまたあなたのことを見ているでしょう。

あなたが相手に良い印象を抱いても、相手のあなたに対する第一印象が良くなければ恋愛に発展することは難しいかもしれませんね。今回は、第一印象をアップさせてモテる女性になる方法を5つご紹介します。

1 笑顔で接する

良い印象を与えるためには、相手の警戒を解くことです。そのために必要なことは笑顔を見せることではないでしょうか。

特に初対面の場合は、顔の表情から相手がどんな人なのか想像しますので、この時に怒り顔や悲しい顔を見せてしまうと良い印象を残せません。

始まりの印象が悪ければ、その後の関係にも悪い影響を与える可能性があるので、口角を上げて微笑むことをお勧めします。また、笑顔で接することは相手の心をほぐすことにも繋がりますので、相手の緊張緩和にも繋がります。

笑顔のあなたを見て、「この人は優しそう」、「楽しそうな人だな」と良い印象を抱けば、自然に笑顔になってくれて会話も弾むことでしょう。

普段から笑顔で過ごすことを意識すれば女度もアップして、カフェやレストランで見知らぬ男性から声を掛けられる機会も増えるかもしれませんよ。

2 適度に距離を縮める

第一印象をアップさせるためには、距離感も大切です。人にはパーソナルスペースがあるので、初対面ですぐに接近されることを嫌がるタイプも居ます。

会った時に体をこちらへ近づけていればあなたも近づき、逆に腕組みをしている、つま先があなたの方へ向いていないなど距離を感じたら近づかないという配慮も必要です。

適度な距離を保って会話することで、「この人は感じがいいな」と思ってもらうことができれば、距離がある相手でもそれほど時間をかけずに親しくなることができるでしょう。

パーソナルスペースに入られることを嫌うタイプは、親しくない相手に自分のことを話すことも嫌う傾向にありますので、質問攻めにして無理に話をさせないように気をつけましょう。

3 相手を褒める

褒められて気分が悪くなる人は居ませんので、初対面の相手の服装や髪、持っている物などを褒めることも第一印象をアップさせる方法としてお勧めです。

一般的に第一印象を与える時間は数秒から15秒程度と言われているので、会ってすぐに容姿を褒めると良いでしょう。

そして、その後の会話の中で「○○さんは素敵な声ですね」、「○○さんのお話しはとても勉強になります」など声や話の内容などいいなと思った部分を褒めると更に印象アップに繋がるでしょう。

4 正しい姿勢を保つ

背筋が曲がっている人やうつむいている人など、姿勢が悪い人の第一印象は暗い、悲しげ、臆病などマイナスの印象を与えてしまいます。

中身は全く違っていても第一印象は見た目で左右されやすいので、日頃から正しい姿勢を意識することをお勧めします。

歩く、座る、立つなどあらゆる時でも顎を引き、背筋を伸ばして明るく、快活な印象を与えましょう。正しい姿勢は、呼吸もしやすくなるので初対面の人と会う時に緊張している気分をほぐす効果もあります。

また、正しい姿勢は、見た目を良くして第一印象をアップさせるだけではなく、ダイエット効果もあります。正しい姿勢を保つためには、背中やお腹にある筋肉を使うのでカロリー消費に繋がります。

姿勢の悪さは、代謝を低下させてお腹が出やすくなって見た目にも悪影響を与えてしまいますので、パソコンをする時やテレビを観る時、食事する時など常に正しい姿勢で過ごすことをお勧めします。

5 視線に気を配る

視線が合わない人やあちこち視線が動く人は、挙動不審や落ち着きないなど悪い印象を与えてしまいます。第一印象をアップさせるためには、視線にも気を配ることがポイントです。

相手の顔を見つめすぎず、そして動かし過ぎないように注意して落ち着いた印象を与えましょう。

じっと見つめていると相手が居心地の悪さを感じることもあります。会話の端々で視線を合わせる、目ではなく鼻筋を見るなど工夫すると良いでしょう。

また、会話中に携帯電話を見ることは、「話しがつまらない」、「飽きた」という印象を与えかねないので人と会う時には電源を切るか、マナーモードに設定することも忘れないようにしましょう。

香水や柔軟剤の香りを活用するのも手です!

第一印象をアップさせて後で思い出してもらう方法の一つとして、香りを活用することもお勧めです。

最近は、香水や柔軟剤など手軽に香りを楽しむことができるので、量を加減して微かに香る程度に身にまとってみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事