• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性に急増する大腸がん!知っておきたい予防法

Date:2013.08.01

女性の死亡率ナンバ-1は、大腸ガンって知っていますか?40歳くらいから、大腸ガンのリスクは高くなってくるそうです。早期発見での完治率は高いようですが、初期症状ができくく気が付きにくいため、発見が遅れてしまうケースも少なくないそうです。

少しの症状でも気が付く為には、大腸ガンを知っておかなくてはなりませんよね。そこで怖い大腸ガンの症状や原因を、ご紹介したいと思います。

大腸がんの原因

普通に生活しているだけなのに、どうして大腸がんになってしまうのでしょうか?大腸がんの一番の原因は、食生活の欧米化なのだそうです。ファストフードやお肉中心で、野菜が少ない生活をしていると、高脂肪でしかも食物繊維が摂りずらくなってしまうのだそうです。

繊維質を取らないと、腸の中に便が溜まりやすくなってしまい、更に高脂肪の食事で発がん物質である胆汁酸が、腸内に留まる時間が長くなることで、大腸がんになります。

特に女性は、便秘体質の方が多いために、男性に比べて発がんリスクが高くなってしまうということのようなのです。

初期症状を見逃さない

大腸がんは、初期の場合症状に気が付きにくいといわれています。40歳を過ぎたら、定期的な検診を受けることがもっとも予防になりますが、自分でも体の変調をキャッチできるようにしておく必要がありますよね。

大腸がんの症状は、便秘にとても良く似ているので、便秘ぎみの女性は気が付きにくいそうです。少しでもいつもと違ったら、病院で詳しい検査を受けると安心ですね。

○大腸がんの初期症状

1・残便感がある
2・下痢と便秘を繰り返している
3・最近腹痛やお腹に張り感がある
4・血便が出ることがある
5・貧血が多くなった気がする
6・少し痩せてきた感じがする

こんな症状には要注意です。毎日の自分の体調を見ていないと気が付きにくくなってしまうので、日頃から体調の管理はしておきましょう。

まずは予防が先決

大腸がんの原因には、食事が一番大切です。お肉やファストフード中心の食生活を見直しましょう。毎回の食事に、できるだけ野菜を入れるようにすること!特に食物繊維の含まれている食べ物を、毎日摂るようにすると便がでやすくなり予防になります。

また胆汁酸を腸に留まらせないようにする為に、脂肪分の少ないお魚などを中心にすれば、予防できます。

更に、高齢化によっても大腸がんが多くなっているそうです。長年、欧米化した食生活をしていると、年齢が進むにつれて大腸がんのリスクは高まってしまいます。

長い人生を病気知らずで楽しく過ごすために、この機会に一度ご自身の食生活を見直してみると良いかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事