• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性ホルモンを増やす女性の味方「大豆」で女性らしく変身!

Date:2015.06.22

shutterstock_121423390 - コピー

女性は誰もが女性らしい姿でいたいと思いますよね!

そのためには女性ホルモンのバランスを正して増やすことがとっても重要になっていきます。今では女性ホルモンを増やすためのサプリメントなどが売られていますが、そのほとんどに大豆が関係しています。

健康食、ダイエット食だけではなく女性ホルモンを増やしてくれる大豆の魅力に迫ります!

まずは女性ホルモンのことを知ろう!

女性らしい身体や美しさを凄くサポートしているのですが女性ホルモンですが、そもそも女性ホルモンは女性の脳から「妊娠や出産ができるからだづくりをして下さい」という指令で卵巣から分泌されるのが女性ホルモンです。

女性ホルモンは女性らしい身体をつくるだけではなく、美肌キープには欠かせないヒアルロン酸を保ってくれたり、気分を明るく穏やかにしてくれます。

そんな女性にとって必要不可欠な女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

エストロゲン
(卵胞ホルモン)
プロゲステロン
(黄体ホルモン)
女性のさまざまな身体の部分を女性らしくさせるので「美人ホルモン」とも言われている 妊娠の準備、月経周期を決める働きと妊娠時には出産まで守る働きをする

女性ホルモンが減少すると様々な症状が…

女性ホルモンは30代後半から急激に減少をしてしまいます。さらに今は多くの若い女性が不規則な生活を送っているので、その子たちは早い段階で女性ホルモンの分泌量が減ってしまうとも言われています。

女性ホルモンが減少するといろんな症状が出てきます。

  • 血行が悪くなり、悪玉コレステロールが増える
  • 皮膚の老化が進行する
  • 髪の毛にボリュームが出なく、抜け毛の原因
  • 爪が弱くなり、骨もスカスカになりやすく骨粗しょう症になりやすい

女性ホルモンを増やす食材は「大豆」!大豆製品のイソフラボン量は?

shutterstock_188313788 - コピー
大豆に含まれている「大豆イソフラボン」は、女性ホルモンと似た働きをしてくれるので
植物性エストロゲンともいわれています。

年齢と共に女性ホルモンが減少してしまいますが、大豆に含まれているイソフラボンを上手に摂取することによって女性ホルモンの分泌量を手助けしてくれます。

大豆といってもそのまま食べることは少なく、普段は大豆を加工している食品を私たちは食べていますので大豆イソフラボンが含まれる量も食品によってさまざまなんです。

大豆製品100gあたり大豆イソフラボンが含まれる量

大豆 140mg 豆腐 20mg
きな粉 266mg おから 11mg
油揚げ 40mg 納豆 74mg
味噌 50mg 醤油 1mg

1日の摂取量の目安は16~22mgです。

これらの食品のほか、健康やダイエットでたくさんの女性が飲んでいる豆乳は100gあたり25mgの大豆イソフラボンが含まれています。

大豆イソフラボンが女性にもたらしてくれる嬉しい効果

大豆イソフラボンはエストロゲンと似た働きをすることはわかりましたよね!大豆イソフラボンは女性にとって、とても必要な効果をもたらしてくれます。その効果を理解して摂取することによって自分自身を守ることにも繋がっていきます。

更年期障害の予防効果

更年期に入るとホットフラッシュと言ってほてりやのぼせやすくなりますが、大豆製品をしっかりと摂取するとこのホットフラッシュの症状を和らいでくれる効果があります。

それ以外に更年期障害で現れる下記の症状も和らいでくれる効果が発揮されています。

  • 肩こり
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 動悸

肌を若々しくする効果

コラーゲンを増やしてくれるので、肌のハリや弾力、しわや乾燥、肌の明るさなど大豆イソフラボンのおかげで若々しい肌へと生成してくれます。

エストロゲンは「美人ホルモン」というぐらいですから、似た働きをする大豆イソフラボンも同じく女性らしいからだへ導いてくれるので「美人ホルモン」とも言えるでしょう。

血流を改善してくれる効果

  • 冷え
  • 肩こり
  • むくみ
  • 肌のくすみ

上記のような、血行不良でひきおこされてしまう症状を改善してくれる効果があります。血中コレステロールも減らし血液をサラサラにしてくれるので血栓を防止してくれます。

身体の冷えは女性ホルモンの分泌を妨げてしまう原因にもなるので、冷えが気になる人は血流を良くすることにも気にかけてくださいね!

肥満を予防してくれる効果

誰もが年齢と共に代謝が悪くなっていき、コレステロール値や中性脂肪が増えてしまいます。

しかし大豆イソフラボンとタンパク質にはそのコレステロール値や中性脂肪を抑えてくれる効果があるので体脂肪率も減り、ダイエットにも効果的です。

大豆製品を上手に摂取していつまでも女性らしく

shutterstock_79923346
女性ホルモンを増やすには大豆はとっても効果的なので、若いうちから積極的に摂取してほしいです。しかし大豆だけの力を借りるのではなく、日々の生活を改善することによって女性ホルモンのバランスは良くなります。

ですから食事の際には大豆製品を摂取しつつ規則正しい生活を心がけて、女性ホルモンの分泌量を増やしていつまでも女性らしい女性でいてください。

この記事をシェアする

関連記事