• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

匂い、べたつき、ダメージも簡単解決!夏髪ケア方法教えます

Date:2014.08.30

紫外線、プールの塩素、海の塩など、夏はあなたの髪にダメージを与えるものがいっぱい。加えて湿気や汗など、髪を清潔に保つのも大変な時期です。

けれど、夏だけしか楽しめないイベントもたくさんなので、きれいな髪を保ちながら夏もエンジョイしたいですよね!

この記事では髪を守る方法をご紹介します。

まずは髪の紫外線対策

肌と同じように、髪も紫外線でダメージを受けます。最近では髪の日焼け止めも出ていますから、これを活用して。

もしそういうコスメを余り使いたくないとしたら、帽子やスカーフで髪を守るようにしましょう。帽子を被れば、髪と同時に顔の肌も紫外線から守ることができます。

ちりちり髪にはトリートメント

冬よりも夏にディープコンディショナーを積極的に使いましょう。夏の暑さや紫外線に加え、汗をかいていつもより頻繁に洗髪するので、髪は傷みやすくなっています。傷んだ髪は湿気でちりちりと広がりやすくなります。

せめて週1回はディープコンディショナーで集中トリートメントをしてください。

プールの前のケア

プールの消毒薬として使われる塩素も髪によくありません。

プールに入る前にはシリコンの入ったシャンプーで髪を洗うか、水泳キャップを被るようにして。シリコンシャンプーは頭皮や髪のためには本当はよくないのですが、塩素から髪を守るには役に立ちます。

そして、プールの後にも洗髪をするのをお忘れなく。髪や頭皮に残った塩素をなるべく早く洗い流しましょう。

潤いが一番

お水をよく飲むようにすることは、夏場の暑さからあなたの体を守るだけでなく、皮膚や髪を潤わせてくれます。

毛先のお手入れは頻繁に

髪がパサつきやすい夏は、冬よりも頻繁にお手入れする必要があります。乾燥して毛先が枝毛になる前に、美容院に通う頻度を増やしてください。

ブロードライは控えめに

髪を普通に洗ってタオルドライしたら、自然乾燥するようにしてください。ドライヤーの熱で髪が傷むのを防ぐことができます。

また、洗髪の時にも熱いお湯は控えて。これも髪を乾燥させてしまいます。

髪の匂い防止

汗や皮脂で汚れやすい頭皮。夏は髪の匂いも気になりますね。かといってシャンプーをしすぎると髪はぱさぱさになってしまいます。

そんな時はシャンプーの代わりになるナチュラルコスメを手作りしてみましょう。ここでは2つのレシピをご紹介します。

・卵の黄身3個分とスイートアーモンドオイル大さじ1をよく混ぜて頭皮と髪をマッサージ。ぬるま湯で洗い流しましょう。

・カップ1杯のプレーンヨーグルトと卵の黄身2つ分を混ぜ、シャンプーをする要領で髪を洗いましょう。ぬるま湯で洗い流してから、コンディショナーをつけます。

週1のオイルマッサージ

パサついたダメージヘアと皮脂が詰まったどろどろ頭皮をリフレッシュさせるのは、週1回のオイルマッサージです。

温めたオリーブオイル(アルガンオイル、ホホバオイル、スイートアーモンドオイル、ココナッツオイルでも代用可)を頭皮と髪に塗り、優しくマッサージして20分から30分ほど置いて洗い流しましょう。その後シャンプーとコンディショナーをします。

オイルはあなたの髪を潤わせ、頭皮の皮脂を溶かしだして清潔にしてくれます。

健康的な食生活も大切

魚や卵、ナッツなどの良質なタンパク質で、健康な髪を作りましょう。ケーキやお菓子の代わりにフルーツを摂るのも髪と肌のためによいことです。

健康的な食生活をすることで、髪だけでなく肌や体もいきいきとしてきますよ。

いかがでしたか?夏の髪は厳しい環境の中にありますが、きちんとケアをすることできれいを保つことができます。

楽しい夏を過ごすためにも、髪の内側、外側のケアをがんばりましょう!

この記事をシェアする

関連記事