• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

今から始めよう、夏のダメージヘアを修復する方法

Date:2013.05.23

まだまだ日差しが強い日が続きますが、肌も心配だけど髪の傷みに悩んでいる人もいるのでは?肌には十分な日焼け対策していても、髪まではなかなか手が回らないことも多いもの。

また頭皮も日焼けでダメージを受けています。肌よりも焼けやすくダメージの大きい髪は、秋まで放っておくと、リペアに時間がかかったり、乾燥する冬にパサつきで困るケースも。早目から始める、夏のダメージケア対策とは?

日焼けすると髪はどうなっているの?

髪も肌などと同じように、たんぱく質のもとであるアミノ酸で出来ているので、紫外線を浴びると、アミノ酸の構造に影響し、キューティクルがはがれやすくなり、はがれた部分からたんぱく質などが漏れ出して、切れ毛や枝毛、パサつきなどが起こるように。また髪が痛むと、頭皮を守る力もダウンするので、要注意です。

髪の色が変わっていたら?

髪が赤っぽくなったり、茶色っぽくなったりすることも多いのですが、これも紫外線が一因。他にも夏は塩素の多いプールや、塩分のある海水につかることで、パサつきや変色を起こして、まとまりがなく、ツヤのない髪になります。

髪を同じ時間だけ海水と、真水につけた場合、真水と比較すると、海水につけた髪は2倍傷んでいたという結果もあるので、海に出かけた人は、よりケアが必要。

頭皮も大丈夫?

夏には頭皮も顔の皮膚と同じように、皮脂の分泌量が上がり、また頭皮は髪で覆われているので、汗もかきやすく、かいた汗の塩分や汚れが、毛穴などに詰まってしまいます。

もちろん、髪で守られていても、頭皮自体が紫外線で焼けるので、乾燥するなど、肌と同じようなトラブルが起きます。その状態のまま、ケアを怠っていると、秋になってから抜け毛に悩む原因にも。

また夏場の過ごし方も、秋になってからの抜け毛に関係アリ。冷房などの効いた環境に長くいると、乾燥や冷えによる血行不良、冷たいものの食べ過ぎや飲みすぎの冷えも、頭皮の血行を悪くするようです。こうした、身体全体の疲れも作用して、抜け毛の原因にも。

髪は一度傷むと修復しない

肌などは再生能力がありますが、髪は一度ダメージを受けると、自分で再生することが不可能。そのままで、放置すると傷んでいく一方なのは、知らない人も意外に多いようです。再生が難しいので、肌などよりも髪は予防や、傷んだら早めにケアすることが、一番のポイントのようです。

有効な成分の入ったシャンプーなどを使う

流れてしまったメラニン色素を補うことは出来ないので、これ以上流失してしまわないようにすることが重要。一部、たんぱく質を補う効果もある成分なども、発見されているので、シャンプーやコンディショナーを変えて、修復効果のあるものにしてみるのも、効果的なようです。

髪を修復する役割のある「アミノ酸」や、失われた脂質の代用になる「オレアミドオクタデカンジオール」や、変化して壊れたたんぱく質の強さを保つ役割の「アミノプロピルトリエトキシシラン」などの成分が配合されている製品が、傷んだ髪の修復にはオススメとのこと。

ケアでのダメージも最小限に

傷んでしまっても、髪を乾かしたり、セットすることはやめられないのが実情。シャンプーなども、1日使えば効果が出るようなものではなく、気長なケアが必要。そこで、最近発売されるようになった、髪にダメージが少ないドライヤーも、強い味方になりそう。

ダメージを抑えるナノイーが出て、温風と冷風が自動で交互に出るタイプや、静電気を抑えるプラズマクラスターが出るタイプ、新しい商品ではタンクに水を入れて、水でイオンを発生するタイプも、静電気の発生を抑える効果があり、水を使うためイオンが安定して出るなど、ドライヤーも進化。こうしたものは、傷んだときこそ使うと良さがわかる商品では?

頭皮のケアをして、健康な髪を作るためのケア商品

また、髪が傷んでいるということは、頭皮もダメージを受けているはず。前述のように、毛穴の詰まりなどのトラブルもあるかも?という場合には、洗うときにも使えて、普段のマッサージにも使えるコンパクトな頭皮ケアグッズも。

色々な商品がありますが、モミダッシュと聞くと、「おじさんの頭皮御用達?」と思う女子も多いかもしれませんが、シャンプーを真ん中に入れてスイッチを押すと、勝手にシャンプーが泡立ってくれるので、きちんと泡で洗うことが出来て重宝。

洗い用のブラシもソフトとハードの2種類、乾いた状態で頭皮だけをマッサージできるブラシも付いているので、頭皮の血行促進にも。最近では、こうしたヘッドスパ用の物も、1万円以下で買え、カレやダンナさん、家族で使うことも出来るので、決して高くなく、使える商品なのでは?

月に1回の美容院のヘッドスパだけでは、効果が出にくいとと言われているので、シャンプーやサロンでのヘッドスパだけにお金をかけるのではなく、普段使いのグッズ、で頭皮と髪を健康にするというのも、一つの方法では?

日焼け後に頭皮も皮がめくれる?

日焼け後、頭の皮がめくれて、フケのようにポロポロ・・・なんて経験のある人もいるハズ。実際に思い当たることがあり(海で急に日焼けした、1日野外にいたなど)、しばらくしてかゆいかな?と思ったら、薄く白っぽい皮で、比較的大き目の物であれば、恐らく日焼け後の頭皮でしょう。

しかし、友人はそうした物をフケと思い込んで、堅めの頭皮用ブラシでゴシゴシして、1ヵ月以上かゆみが無くならず、またいつまでも少し湿っぽい感じの物が取れてくる・・ということが続き、3ヶ月くらい経ってから、皮膚科へ行ったら、頭皮湿疹と診断されたようです。

日焼け後、いつまでもかゆい(2週間以上)、思い当たることがないのに、かゆみが続くようなら、頭皮湿疹の可能性も。

頻繁にシャンプーしたり、ブラシでゴシゴシすると悪化しますし、日焼けでかゆいと、かいた時に傷などが出来たりして、湿疹になるケースもあるようなので、痒みが続くようなら、皮膚科か市販薬などでまず治療を。

この記事をシェアする

関連記事