• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

夏で髪の毛もお疲れ?ダメージヘアを美髪に戻すためのケア方法

Date:2014.12.07

照り付ける太陽も勢いを落とし、どんどん涼しくなっていく季節は、暑いけど楽しい夏を過ごし、疲れてしまった身体を本調子に戻していく切り替わりの時期ですよね。

夏バテしてしまった身体や日焼けして傷んだ肌などを一生懸命ケアされることでしょう。

でも、身体だけではなく、髪の毛もお疲れモードになっていませんか?

夏には強い紫外線を始めとして、様々な髪の毛を傷めてしまう要素が一杯です。

髪の毛が日焼けしてパサついてしまったり、色が変わったり…そんな状態に気づいたら、この時期にすぐにでもケアをして美髪を取り戻してあげましょう。

ここでは夏に受けてしまった髪の毛のダメージを修復するためのヘアケアの方法をご紹介していきます。

失われた水分を補給する

強い紫外線や太陽の熱にさらされ、髪の毛の水分は思った以上に蒸発してしまい、水分を失ってしまうものです。

でも、髪の毛は自己修復してくれないので、そのまま放っておいても状態は良くなりません。

そこで、失われてしまった水分を補給してあげることが非常に大切になってきます。

少しでもパサつきが気になるようであれば、是非秋は髪の毛の保湿を頑張ってみましょう。

お勧めはオイルベースのヘアマスクです。週に1度のペースでシャンプー後に使用してみると良いでしょう。

髪の退色をケアする

紫外線やプールの塩素、海水などで髪の毛はダメージを受けてしまいます。その症状の一つが退色です。

髪の毛が赤茶けてきたり、金髪っぽくなってしまっていませんか?これは髪の毛が傷んでいる証拠です。

この場合、美容院などでグロストリートメントをされることをお勧めします。

グロストリートメントを行うと、髪の毛に色艶が戻りますよ。是非美容師さんに相談してみましょう。

また、自己ケアとしてヘマチンという成分が入ったトリートメントを使うのもお勧めです。

髪の縮れを抑える

髪の毛がチリチリと縮れた感じになってしまっていたら、髪の毛がストレートの方でなくとも、スタイリング剤をストレートヘアクリームに変えてみましょう。

これは髪の毛のキューティクルをケアしてくれるものなので、使用することで縮れ毛が気にならなくなるはずです。

ヘアケア製品にもこだわる

色々なヘアケア製品が世の中に出回っていますが、特にエアコンや太陽の光によってぱさぱさに傷んでしまった髪の毛をケアするのには、含まれている成分に少しこだわってみましょう。

お勧めはパンテノールとビタミンEが成分として含まれているものです。

これらは髪の毛に水分を与えて潤わせてくれるだけでなく、ドライヤーなどの熱からも髪の毛を保護してくれ、枝毛を防いでくれます。

髪のもつれをケアする

夏にダメージを受けた髪の毛は、どうしても傷んでもつれやすくなり、無理にブラシをしたりすると枝毛や切れ毛にも結び付いてしまうものです。

そこで、ブラシではなく、目の粗い櫛をまずは毛先からゆっくりととかして十分にもつれをとってから、髪の毛の根元から全体をとかす様にしましょう。

洗い流さないでOKのトリートメントウォーターなどを髪の毛に吹きかけて、潤いを与えながら少しずつ梳かしてあげるのもお勧めです。

毛先を切る

傷んでできてしまった枝毛をそのまま放置してしまうと、髪の毛がパサついて見えてしまいます。

また、枝毛の部分が更に分かれてしまったりと、どんどん状態が悪化してしまいます。

厳しい夏を耐え抜いた髪の毛は、せめて毛先を切ってあげ、枝毛の処理をしてあげましょう。

すすぎは水で

髪の毛をすすぐのはお湯やぬるま湯で行っている方が多いことでしょう。

でも、実はすすぎを水でしてあげることで、キューティクルがきゅっと閉じてくれるのです。

キューティクルは無理なブラッシングや紫外線などで剥がれ落ちてしまうもので、これをしっかりとケアしてあげることで髪がつやつやとして見えるのです。

また、髪の毛を乾かすときにドライヤーも冷風を使う、または仕上げだけでも冷風を使うのが綺麗なキューティクルを作る助けとなります。

いかがですか?是非すぐにでも始めて、美しい髪の毛を取り戻してくださいね!

この記事をシェアする

関連記事