• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これをやったら相手にされないダメダメ会話術

Date:2013.09.14

これだけはダメ!彼とのトーク

今回はつきあい始めの彼や意中の彼がいるときに、気をつけておきたい彼とのダメダメトーク術についてお話ししましょう。しっかりと気をつけておかないと、彼が飽きているのに延々と興味のない話を続けてしまい、嫌われてしまいかねません。

ありのままの自分を出すことも大事ですが、まだ相手のことがわからないことが多いつきあい始めの初期段階では、気をつけておきたい会話術があるものです。

まずしっかりと相手の目を見て相手の話を聞きましょう

どうにか自分のことを知って欲しい!自分がこういう人間だと、相手にわかって欲しいと願う気持ちはみんな一緒だと思います。けれど、ちょっと待って!!相手はあなたの話を聞くためだけに存在しているのではありません。まずは、相手に敬意をしめすためにも、相手の話を聞くという体勢を持ち続けていたいものです。

相手の話を聞くときには、しっかりと目を見て話すということは基本中の基本です。ですから目を見て、姿勢も相手にしっかりと向けて、「うん」「そうなんだ」など、相づちを適宜うちながら話を聞くことを心がけたいものです。

リアクションをつけて話の変化をつけよう

ただ相手の話をやみくもに聞いていても話が盛り上がるとは限りません。ときには、「知らなかった!○○君って物知りだね!」など、相手を褒めたり、そして驚くときにはとても驚いたように目を見開いたりするなど、リアクションを多少オーバーにして相手の話を聞きたいものです。そうすれば話が盛り上がりやすくなりますし、リアクションは話の変化をつけます。
ある一定のリズムで会話をつづけるよりも2人で話す会話がより親密に増す気がしてくるはずです。

ありのままの自分をだすことも忘れずに

あまり自分をとりつくろって彼と過ごすのもストレスになることもあるでしょう。ありのままの自分をさらけ出して自分の話をすることも大切だと思います。ある程度の時間を彼と過ごしたら、今度は自分をさらけだしてみるというのも必要になってきます。相手に嫌われたくないとか、気に入られたいからといつまでもとりつくろって会話をしていると普段の自分と違って窮屈に感じてくるものです。ですから時を見て、徐々に自分らしさを出していくというのも必要だと言うことを思い出してくださいね。

相手を思いやりながら、自分のことをアピールしていくのはいますぐにはできることではありません。とにかく実践あるのみ。トライアンドエラーでぜひ試していってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事