• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

どうして「ダメ男」を好きになる?不幸恋愛を回避する心理学

Date:2015.04.25

shutterstock_124221028 - コピー

私の恋愛はいつも不幸な終わりを迎えてしまう…そんな女性がたまにいます。

もちろん、不幸でいるのが好きな人はいません。幸せな恋愛をしたいのに、何故だかいつも問題のある男性を好きになってしまうのです。

不幸な恋愛を繰り返してしまうのは何故なのか、自分を幸せにしてくれる男性を好きになるにはどうしたらよいのか、調べてみました。

“ダメ男”との恋は繰り返す

あなたの周りにもいませんか、「ダメ男」とばかり付き合う女性が。もしかしたら、あなた自身も気づかずに、ダメ男と付き合っているのかもしれません。

付き合う男は全員“ダメ男”

人は、誰かを好きになる時、それぞれにパターンがあります。

  • 容姿から入る人
  • 条件で考える人
  • 気が合うかどうかを一番に考えている人

案外、バラエティにとんでいるものです。

このパターンは、その人が今までの経験から学んだ価値観によって決められています。つまり、ちょっとやそっとのことでは変えられないものなのです。

もちろん、今まで付き合った人のタイプはみんなバラバラ、という人もいるでしょう。こういった人は、恋人と別れた時に「このタイプの人とはうまくいかない」ということを学習したのです。そのため、次付き合う人は前の彼と別のタイプの人になります。

持っている価値観が強固なほど、同じタイプの人と付き合うことになります。

ダメ男とばかり付き合っている人は、口では「まともな人と付き合いたい」と言いつつも、心のどこかにダメ男でなければならない理由があるのです。

あなたの彼はダメ男ではないですか?

また、「恋は盲目」とはよく言ったもので、自分の彼がダメ男だと気付いていないパターンもよくあります。

お金はないけど夢に向かってがんばっている、女性にだらしないけれど寂しがり屋の優しい人、など、彼の好きなところにばかり目が行ってしまって、“ダメ”な部分に目をつむっています。

一般的に、ダメ男とは以下のような特徴があります。

  • お金がないのに働いていない
  • 女性にだらしない
  • 暴力をふるう
  • 口先だけで行動を伴わない

ひとつでも当てはまる部分がある場合、ダメ男かも…と疑ってみても良いかもしれません。

ダメ男と恋をする4つの心理パターン

いつもダメ男を好きになってしまう人は、その人にとって“ダメ男”でなくてはならない理由があります。なぜダメ男でなくてはならにのか、その心理と、幸せな恋ができるヒントを見ていきましょう。

1.「自分はダメじゃない」

ダメ男を選らんでしまう女性の中には、自己評価がとても低い人がいます。

容姿に自信がなかったり、自分のやっている仕事に自信が持てなかったり、とにかく現状の自分が嫌いで、「自分はダメだ」と思っています。しかし、自分を愛せないことはとても辛いですよね。

その辛さを忘れる手っ取り早い方法が、自分よりもダメな人を見ることです。ダメな自分よりも明らかにダメな男と付き合えば、「自分よりダメな人がいる」と自分自身を安心させることができます。

もちろん、意識的にやっているわけではありません。

人を好きになる時、この人と一緒にいると安らげることに気付き、恋を自覚すると言う話はよくあります。この安らぎの正体が、実は自分よりもダメな人がいることへの安堵だとしたら…とても悲しい話ですよね。

この場合、自分を愛してあげられるようにならなければ、永遠にダメ男に依存するようになってしまいます。

自己評価は何もしないで自然と高くなるものではありません。他人から認められることで、初めて「自分はすごいんだ」と自分自身も納得できるのです。

何か目標を設定し、それを達成しましょう。他人から褒めてもらった時、自己評価はぐっと上がり、「どうしてこんなダメ男と付き合っているんだろう?」と我に返るはずです。

2.ダメ男メイカーの女性

ダメ男との交際が続く人の中には、ダメ男を選んでいるのではなく、ダメ男を自ら作っている“ダメ男メイカー”のタイプがいます。そんなバカな、と思われそうですが、実は案外些細なことでダメ男は生まれてしまいます。

例えば、彼の家に行き部屋が片付いていなかったとします。この時、「本当、あなたって掃除が下手よね」と口にしたとします。

すると、言われた方は、自分は掃除が下手なんだと擦り込まれてしまい、次に部屋が汚くなっても「俺は掃除が下手だし…」と適当な掃除しかできなくなってしまうのです。

掃除が下手くらいならば許せそうなものですが、例えば「今日も残業とか言って、本当は浮気してるんでしょう」と、彼の浮気を決めつけるようなことを言い続けたらどうでしょうか。

きっと、彼は「どうせ浮気していると思われているのなら…」と本当に浮気に走ってしまうでしょう。

このように、女性が恋人をダメ男扱いすることで、本当にダメ男になっていってしまうパターンもあるのです。

人から期待されない、ということは辛いものです。それが愛する恋人からの言葉であれば、ショックは大きいはずですよね。本気の言葉ではなくても、ダメ扱いをされたら男性の心はぽっきりと折れてしまいます。

人は、期待をかけられたら、その期待に応えたいという気持ちが働きます。「ダメ」と否定するのではなく「あなたならできる」と期待の言葉をかけてあげましょう。

3.世話を焼くことが私の存在価値

ダメ男と付き合っている女性の中には、「そんなに辛いなら、もう面倒みなきゃいいのに…」と思うような、献身的にダメ男を支えている女性がいます。

このタイプは、誰かを世話することで“社会の役に立っている”と自分の存在価値を見つけている可能性があります。

最初に紹介した自己評価が低い女性の場合と似ていますが、人の世話をして役に立たないと、自分の存在する価値がないように感じているのです。

そのため、ダメ男のような「誰かに世話を焼いてもらわないと生きていけない」ような存在の世話をしていると、とても充実感を覚えます。ダメ男だと分かっていながら別れられないのは、自分がダメ男を必要としているからでもあるのです。

こちらも、自己評価を見直す必要があります。ダメ男の世話を焼いたり、誰かの役に立たなくても、存在しているだけで自分には価値があることを知らなければなりません。

例えば、自分より年上の、自分が世話をしなくても到底生きていける人と付き合うようにしたり、利害関係のない対等な友人との付き合いを深めてみましょう。

4.デキる女だからハマる

美人で仕事もできる、なのに男運がなくて婚期を逃している…そんな女性は現代にたくさんいます。実は、仕事がデキる女性ほど、ダメ男を好きになりやすいのです。

仕事を頑張っている女性は、常にストレスにさらされています。成績を上げなければならないプレッシャーや、自分はデキる女であるというプライドもあり、外では気が抜けません。

しかし、目の前にいかにもなダメ男がいたらどうでしょうか。自分と比べるまでもなくダメな男の前で、気取る必要はありません。

また、仕事をしていない系のダメ男であれば、「仕事に縛られている自分と違って、彼は自由に生きている」と、ダメ男が自分と正反対であるがために、彼の生き様を好ましく感じてしまうのです。

しかも、デキる女性は収入も安定しているので、ダメ男を養う生活力があります。それが、ダメ男との関係が切れず長引いてしまう原因でもあるのです。

長く続く幸せな恋愛は、価値観がある程度同じでなければ成り立ちません。

ものの価値観が違う人のことは、最初は憧れるかもしれませんが、二人で一緒に人生を歩むことを考えた時、きっと応援できなくなる時がきます。

自分ががんばっていることを、この先も本当に応援してくれる人なのか。それを考えれば、この先も付き合って行ける人か、きっとわかるのではないでしょうか。

自分を見直してみよう

shutterstock_212320567 - コピー
このように、ダメ男との恋愛を繰り返してしまう女性の心理は複雑です。

しかし、共通して必要なことは「自分を見直してみる」ではないでしょうか。誰かと比べたり、誰かの役に立たないでも、自分は人に愛される魅力があるんだ、と信じることが必要です。

自分への自信が、ダメ男避けの一番のお守りになるのではないでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事