• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダニから子供を守るには?布団や座布団のダニ退治方法!

Date:2013.09.03

布団や座布団、カーペットなどあらゆるところに潜む「ダニ」。ダニの習性を知って、うまく撃退していきましょう!

ダニって何を食べて、どんなところが好きなの?

ダニの種類によって異なりますが、カビを食べるもの、人のフケや皮膚を食べるもの、食品に発生するものなどたくさんあります。私たちの身の回りにいるダニは、雑食性のものが多いので、家の中ならばどこでも発生する可能性があります。

好きな場所は、やっぱりじゅうたんや布団、カーペットなどの潜むことができる場所。ダニはカビと同じように、湿度が高くて、温度も人が快適に過ごすくらいの温度環境が大好きなのです。

ダニはみんな私たちに悪影響を及ぼすの?

ダニは非常にたくさんの種類に分けられていますが、そのすべてが私たちの人体に悪影響を及ぼすわけではありません。

しかし、ダニによっては、皮膚の角質層の内部に卵を産んで寄生するというヒゼンダニと呼ばれるダニもいますし、よく聞くヒョウダ二類は人を噛むことはなくても、アトピー性皮膚炎のアレルゲンになりかねないダニでもあります。

ヒョウダニはハウスダストの中にたくさん生息していますし、カーペットや布団など常用のものの中にたくさん潜んでいます。家の中のダニの80%以上がこの種類のダニなのです。

イエダニは元はネズミに寄生するダニなのですが、人間の血を吸う場合もあります。ネズミがいない家屋では発生率は少ないです。ツメダ二は、血は吸わない物の、人をさしたり、体液を吸ったりします。

ダニの繁殖を防ぎ、撃退するためには?

布団やカーペットは湿気もたまりやすいですし、温度もダニが好む適温になりやすい場所ですよね?だから、たくさん繁殖するのです。できるだけダニの繁殖を抑えてきれいに保っていくための方法をご紹介していきます。

布団は何年も使い続ける家庭がほとんどですが、数年使うとダニは何万匹にも増えます(そのうち、ダニの死骸も多い)。

ですので、ダニが気になる方は、数年使用すれば新しい布団を買うというのも1つの手ですが、お金がかかりますよね?だからといって、布団を丸洗いするのは大変です。だからできるだけ増やさない方法も知っておきましょう。

一番やってはいけないのは、布団を敷きっぱなしにしておくこと。ダニに住み着いて繁殖してくださいと言っているようなものです。面倒でも布団の上げ下げをした方がいいですね!

ダニは乾燥は好みませんので、こまめに干していると繁殖率もさがりますよね!でも梅雨などは、干したくても干せませんので、乾燥機や除湿器などを使って布団などにたまった湿気を取り払うことが大切ですね!

これは実際に行っている方法ですが、ダニ取専用の掃除機を使うこともかなり有効です。

以前、布団の下に敷いている10センチ程度のマットをクリーニングに出しました。きれいになってスッキリしたと思っていたのですが、ある掃除機業者さんが家でそのマットを使ってこのような実験をしました。

掃除機のダニ取りノズルでクリーニング仕立てのマットを掃除すれば、何かホコリがとれるのか?ダニ取りノズルで3分ほどマットを掃除機がけしました。すると…。驚くほどに白い粉状のものがたくさん出てきたのです。それは、ダニの死骸でした。

クリーニングに出したばかりだったのに、これほどダニの死骸がマットの中に残っていたなんて、ショックな気持ちでした。

クリーニング等で洗うことは大切ですが、ダニの死骸まできれいに掃除しないと、またそこにカビなども集まってきて不衛生になります。だからできるだけきれいに保つためには、ダニ取り専用の掃除機できれいに吸い取ることも大切なのです。

実際にそのノズルで掃除をし終えると、布団を干して叩いてみても、白い粉煙のようなものは立ちません。きれいに吸い取ってくれているのです。

これはアレルゲンを除去するのに非常に有効ですので、小さいお子さんがいる場合やアレルギーの方は是非、行ってみて下さい。

ただ、普通の掃除機ですと、布団の奥に潜んでいるダニのフンや死骸などは取れません。専用のノズルは、「布団を叩いてフンや死骸を出す」という機能がついています。

近年では、「レイコップ」などのダニ取掃除機が開発されていますが、「光クリーン」機能では、天日干しをしているかのような、UVを当ててダニを除菌する事もできます。

ただ、これらの掃除機では、布団の表面に潜むダニや死骸はとれたとしても、布団の奥に潜む生きたダニは取れないのが現状です。

生きたダニを撃退するには?

これは、熱を利用するしかありませんね!布団を100%乾燥するのはかなり電力もかかりますので、ダニが死滅する温度にすることでダニを撃退しましょう。

布団専用の黒いシートをかぶせてから外に干すと日光の力で布団内の温度が上がり、ダニが死滅します。それから、先ほどのダニ取用の掃除機をかけることでかなりのダニを取り去ることができるというわけです。

何もしていない布団で寝るのと、このようにダニ取掃除機などを使っている布団で寝るのとでは、気持ちよさも異なりますし、子供のアレルギーの心配もなくなりますよ。

実際に使っているダニ取専用ノズルがついた掃除機は非常に高額でしたが、先ほどの「レイコップ」でしたら、ムリなく購入できるお値段だと思います。梅雨をうまく乗り切るグッズの1つに加えてみても良い品だと思います!

この記事をシェアする

関連記事