• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼や旦那と買い物をする際に知っておいた方が良いこととは?

Date:2013.04.21

何も買わなくても見ているだけで楽しいショッピングのひとときは、ストレス発散になりますよね。一人でも十分楽しめますが、彼とならもっと楽しめるかもしれません。

しかし・・・男性と女性は買い物の仕方に違いがあるようです。今回は、デートや日常で男性とショッピングする際に知っておいた方が良いことをご紹介します。

男性の為に目的を作ってから出かける

女性はこれを買う!という目的が無くても眺めているだけで楽しめますが、男性は違います。目的もなくお店へ行く意味がわからないという男性も居るので、「今日は雑貨を見に行く」ではなく、「今日は雑貨店でお皿を買う」と具体的に何を見に行くのか伝えておきましょう。

そして、「緑色のお皿がいいから探してほしいな」と欲しい物の特徴を伝えることで、彼はただ買い物に付き合うだけではなく、探すという目的が生まれます。彼との時間を楽しめるように、デートでも日常の買い物でも目的を作ってから出かけることをお勧めします。

急な変更は極力せず、やむを得ない場合は理由を伝える

何を買うか決めていても大型店舗などでは興味引かれるものが溢れていますから、見たい物が次から次と溢れてくるかもしれません。

出来れば我慢して他に見たい物は、後日一人で見ることをお勧めしますが、セールやバーゲンなど期間限定などやむを得ない場合もあるでしょう。

そんな時には「ちょうど厚手の靴下を探していたから買ってもいい?」と買うことを前提にして何が見たいのかを伝えましょう。

「皿見るって言ったよな?俺、嫌だよ」と当初の目的を引っ張り出して、拒否される場合もありますが「一緒に探して、その方がすぐに済むから」と彼に目的を与えましょう。

ショッピングにかかる時間を伝えておく

男性は女性よりも数字に敏感です。買い物へ出かける前にどのくらい時間がかかるか伝えておきましょう。

いつ終わるかわからない買い物も、終わりを知ることで付き合いやすくなるでしょうから、長くなりそうな場合は、ご飯の時間や休憩時間を何時くらいに取るかも伝えておきましょう。

彼が興味を示した場所があれば一緒に楽しむ

買い物の途中で彼が興味を示すこともあるでしょう。そんな時には「面白そうだね」「美味しそうだね」と声をかけて一緒に楽しみましょう。

買い物=つまらない・疲れるではなく、彼女と共感し合える楽しい時間と思ってもらえるように彼の興味はスル―せずに一緒に見ることをお勧めします。

疲れる前にこまめに休憩を入れる

日常の買い物は、購入する場所と物がはっきりしているので長時間になることはないでしょうが、デートの場合は別ですよね。アウトレットモールなど広くて店舗数が多い場所での買い物は、ただ歩いているだけでも疲れますよね。

そこに荷物が加われば足腰もつかれることでしょう。喉が渇いている、お腹が空いているなどイライラに繋がらないように、一時間を目安に休憩を入れましょう。

ベンチに座って缶コーヒーを飲みながら足を休める、お店に入ってコーヒーやケーキを食べるなど、エネルギーを補給してから買い物へ戻りましょう。

男性に買い物を共にしてもらうためにはとにかく配慮が必要です。飽きさせず、疲れさせず、目的を与えて楽しい時間を過ごして下さいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント