• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚相手の正しい見極め方とは?失敗しないための10のチェック項目

Date:2016.10.31

shutterstock_355996544あなたの彼は結婚に向いている男性だと思いますか?

恋人として一緒にいる分には良い彼だけど、結婚となるとちゃんと家庭を築いていける相手なのかどうか分かりませんよね。

いずれ結婚をと考えているのなら、彼が結婚に向いているのか、一緒に家庭を築いていける相手なのかどうかは、とても重要な問題です。

今彼が居ないのであればどんな男性が結婚に向いているのかを、また意中の相手や彼がいる状態で結婚を視野に入れて次の恋愛をと思っているのなら相手が結婚に向いている男性なのかを、失敗しないために見極めたいですね。


女性にとっての結婚と、失敗しないための相手選びに必要な十か条は?

人生においての大きな選択となる結婚。女性にとって結婚とは、

  • 結婚をきっかけに仕事を辞める
  • 結婚を機に仕事が変わる、勤務形態が変わる
  • 相手の仕事に合わせて転勤に付き合う
  • 相手に合わせて引っ越しをする

などなど、自分を取り巻く環境が大きく変わる事にもなります。

これまで築いてきた友人関係や、親交のある人との関係が途絶えてしまったり、慣れ親しんだ場所から離れ、0から居場所を作っていかなくてはいけなくなります。

相手の男性と二人で生活する場合にしても、彼の家族と同居するにしても、家の中でさえ自分の居場所を作らなくては居心地の悪い家になってしまいます。

自分がそういった環境の変化や状況の転機についていけず、辛い思いをした際に彼はちゃんと自分を支えてくれるでしょうか?結婚した後にだって困難は山ほどあります。そんな時一緒に乗り越えていける相手でしょうか?

本当に彼で大丈夫なのか、これを見極めるのは本当に難しい事と思います。よく「恋愛と結婚は別」と言いますが、全くもってその通りで、恋愛がいつでも辞められて、自分の条件を通しやすいバイトだとすると結婚は常勤の正社員です。

何十年と同じ職場(相手の男性)で人生を過ごし、それでも幸せでいられるかどうかを考えて決断しなければいけません。

  • いい学校を卒業している高学歴
  • デートがロマンチック
  • 女性に対してスマート

こういった恋愛における良い点は、結婚した後の幸せにはそこまで関係がなくなってきます。幸せな結婚生活ができる人なのかどうか、しっかりチェックしていきましょう。

チェック1:金銭感覚が似ているか、お金の使い方に問題はないか

結婚をするとなると、相手の男性と生活を共にするだけでなく、金銭も共有して過ごしていかなければなりません。

  • ギャンブル好きではないか
  • 収入以上の買い物をしていないか
  • 浪費癖がないか
  • いつも支払いはカードになっていないか
  • 趣味や嗜好品にお金を使いすぎていないか
  • 自慢や見栄にお金の話が関与していないか

これらをしっかり見聞きして、結婚後に金銭で揉めたり、辛い思いを強いられることがないかどうかを考えなければいけません。

また、あなた自身がお金の使い方に頓着していなかったり、無駄遣いが多かったり、貯金ができないタイプの場合、双方揃って金銭絡みで大きな問題を引き起こしかねません。

そして、恋愛面ではマイナスに思われる点でも、結婚面では実はプラスな点に変わるようなこともあります。

例えば、付き合っている間はデートやプレゼントなどをケチって出し惜しみする男性は恋愛的に見ると器の小さい男のように思えますが、結婚的に見ると無駄遣いせず、節約家で金銭管理がきちんとしているとも受け取れます。

金銭感覚がしっかりしていて、管理ができる男性ならば、月々の支払いだったり貯金だったり、保険などのお金に関することは任せることができますし、男性に任せて不自由に感じることもないでしょう。

ただ付き合っていくだけの彼氏なら、お金に煩くなく自分に惜しみなく尽くしてくれる男性が良いですが、一緒に暮らしていくとなるとそれはかえってマイナスになり苦労することになるかもしれません。

収入以上の買い物をしていたり、いつもカード払いでその場に現金がない男性は、貯金もなく手元に残っているお金も少ない可能性が高いです。浪費癖があったり、趣味や嗜好品に高額をつぎ込むタイプも危険です。

ただし、金銭感覚の合致というのも大変重要で、あなたが好きな時に好きなようにお金を使いたい!というタイプで彼が物凄く金銭管理をきっちりしており無駄遣いを嫌う場合、あなたのストレスが溜まります。

いかに無駄遣いせず、ストレスも溜めずにいられる相手か、という点がポイントになります。何事も度が過ぎず、程よく。がベスト。自分の金銭感覚とかけ離れすぎている人と一緒になると双方が辛いだけなので注意しましょう。

チェック2:女性に対する接し方や女性を解放してくれる度合い

女性からモテる男性というのは恋愛的に見て、好かれる点が多く、彼氏としては向いているのですが、結婚となるとそれも別問題になってきます。

恋愛中は女性が振り返るような格好いい彼と付き合っているという事が誇りにもなりますし、自慢にもなりますが、結婚した後にそういった事があると誇りや自慢ではなく、不満が溜まる可能性が高いです。

なぜなら、ルックスなどでモテる男性は、性格的に問題のある男性も多いからです。今まで女性にチヤホヤされてきた男性は考え方が甘く、自分勝手な行動を無意識に起こしてしまう人もいます。

結婚してから彼がモテて心配という一緒に生活すること以外での心配事が増えるのはストレスの元。モテる男性より誠実な男性を選びましょう。

また、現代は以前に比べ女性の自由も多いです。女は家庭、といったような古い考え方の男性は女性を家に縛り付けたり、自由にさせてくれない場合もあります。

あなたが彼と同じような感覚でいるのなら構いませんが

  • 女だからってこうって決めつけないで!
  • バリバリ仕事をして稼ぎたい!

といったように、自由を求める考え方が強い女性は、女性を家に縛るタイプの男性とは結婚をしても辛い思いをするだけです。

女性に対する解放度をはかりたい時は、女性の浮気話や、遊び感覚で付き合う女性の話、仕事が大好きな女性の話など、「古き良き女性」のイメージからかけ離れた女性の話を振ってみましょう。

こで嫌悪感を露わにしたり、否定的な言葉を言う男性は女性に対して「女はこうあるべきだ」といった感覚が強い可能性が高いです。

特に今まであまり女性と付き合ってきた経験がなく、様々なタイプの女性との接点が少なかった男性は女性に対して美化したり、幻想を抱いていることが多いです。

そしてこのタイプの男性は、日常生活だったり人間関係などの様々な事に対してこだわりが強く、譲れないこと・許せないことが多い場合もあります。

一緒に生活していて息が詰まるような暮らしになってしまわないかをきちんとここで見極めておきましょう。

チェック3:家族関係は良好か、家の中で彼はどんな立ち位置か

結婚が恋愛と大きく違う点は、「家族」での付き合いが増え切っても切れない関係になることです。恋愛中であれば、彼の家族や自身の家族と家族ぐるみの付き合いをする必要はそこまでありません。

しかし、結婚となると家族ぐるみの付き合いが絶対になってきます。

そこで彼の家庭環境があまり良くなく、ギスギスしている場合あなたもその環の中に入ってギスギスに付き合わなくてはいけなくなりますし、場合によっては自分がその仲裁に入らなくてはいけなくなったりもします。

また、家族といる時の彼の様子もしっかりチェックしましょう。

母親に対する扱いが冷たい
結婚すると、男性が女性を母親のように認識して扱いが似てくる可能性が高いです。彼が自身の母親に冷たい態度を取ったり扱いが雑な場合、自分もそういった態度を取られるようになる可能性が高まります。
彼の母親が育児や家事をしっかりやる人
これも彼が育ってきた環境によって考え方が形成されていくので、彼の母親が育児や家事をしっかりやる女性の場合、同じような態度や対応をあなたに求めてくる可能性が高くなります。
家族いる時の彼が何もしない
彼が実家にいるときにソファなどでごろごろとしていて何も動かない、何か注意されたら怒る。といった場合、これもあなたとの結婚生活の末が見えてきます。彼の様子はしっかりチェックしましょう。

そして、彼氏には向いているけど結婚には向かない男性の典型的パターンが、あなたの家族と打ち解けようとしないということです。あなたが自分の家族に彼を会わせた際の、彼の言動はよく見ておきましょう。

  • ずっと携帯をいじっていて話に参加しない
  • 話しかけられてもトイレや煙草などで席を立つ
  • どこかに出かける話に誘っても断ってくる

こういった男性は結婚してからも上手くは行かないでしょう。逆に、

  • 積極的にあなたの家族からの話を聞こうとする
  • 話しかけられれば返事や相槌だけでなくしっかり話をする
  • 自分からあなたの家族を誘ったイベントを考えて提案する

こういった男性は結婚してからも家族ぐるみでの付き合いができますし、彼自身の家庭環境も良い状態なパターンが多いです。結婚に向いている男性は、家族からの信頼度も高く評判も良いです。

結婚となると、嫌でも家と家同士の問題が出て来るため、

  • どんな家庭でどのように育ったのか
  • 今現在どんな家庭状態なのか
  • 家庭にいる際はどんな様子なのか
  • 人の家族と接するときの態度はどうなのか

などをしっかりと見ましょう。

また、彼の実家が商売や事業をしている場合、跡継ぎなどの問題も出てきますし、介護や親の世話などの問題も出てきます。

家族の仕事や体調についてもきちんと把握しておくことが大切です。

チェック4:収入・出世の見込み、将来設計はちゃんとできているか

結婚をすると今までしていた仕事ができなくなることもありますよね。

中には職場が結婚を機に家庭を持っている女性への対応になり、仕事の種類を変えられてしまったりもします。

彼があなたの仕事に関して文句を言うようであればそれも考えなければなりませんし、

  • 共働きで協力しようというタイプ
  • 専業主婦をしてほしいタイプ
  • 自分が家事をするので働いてほしいタイプ

といったように、考え方も様々です。結婚後、どういった家庭にしたいか、仕事はどうするのか、といった考え方については結婚前に話し合っておくのがベストです。

また、収入や出世、仕事に対する考え方については、自分たちだけでなく子供を含めた生活水準の基準にもなりますし重要なポイントになります。

収入は安定しているのか
季節や時期で収入に振り幅のある職業の場合はどれくらいの差があるのかもきちんと把握しておきましょう。
年収はいくらくらいなのか
トータルの年収は将来子供を持った時のことも考えて自分たちの望む環境で育てられるかの鍵になります。
出世する気や出世の見込みがあるのか
出世する気がない場合もありますし、見込みがない場合もあります。今の年収が一生変わらない可能性も考えましょう。
仕事に対して真面目に向き合っているのか
結婚した途端に働かなくなった、などの恐ろしい展開にならないよう仕事に対する向き合い方も聞いておきましょう。

彼自身が今後仕事をどうしていきたいのかもしっかりとここで聞いておくことで、彼の考えの変化に振り回されないように心構えをしておきましょう。

彼が職場で仲良くしている人に、大物が多い場合、彼自身も同じような道に進む可能性が高いです。それは競争心を煽られて将来の展望を持てるからです。

しかし、忙しくなると家庭を顧みなくなる場合もあるのでバランスが取れるかどうかも重要。彼の大物のお友達が家庭を大事にしているかどうかも、大切な項目となってきそうです。

また、彼が会社でどのような位置にいて、どのような人に目にかけてもらっているのかも知っておくと良いでしょう。

チェック5:価値観や思考、趣向は自分ときちんと合っているか

金銭感覚の価値観もとても重要な事ですが、一緒に家庭を築いて暮らしていく上で、最も大切なのが価値観の合致です。

  • 家庭環境、家族のあり方に対する価値観
  • 食べ物や味付けの好みや思考
  • 家事全般に対する考え方や好みこだわり
  • 衣食住に関するこだわり

など大きく分けて4つあります。細かく言い出すとキリがないほど、価値観は人それぞれにありますし、正解も間違いもありません。あるのは「合うか合わないか」の二択だけです。

家庭環境、家族のあり方に対する価値観
一緒に家庭を築いていく中で、「家族はこうあるべき」、「家庭環境はこうがベスト」、という価値観が合致しているか見極めましょう。
食べ物や味付けの好みや思考
食の相性は一生ついて回る問題です。味覚は年齢を重ねるごとに若い頃に帰っていくため、相手に合わせることも難しくなります。食の好みに大きなズレがある場合、障害になりやすいので注意が必要です。
家事全般に対する考え方やこだわり
食器洗いはこうして欲しい、洗濯はこう干してこう畳んで欲しい、掃除はこの順番で、など家事全般に強いこだわりや考え方がある場合、彼との価値観が合わないとストレスの元になってしまいます。
衣食住に関するこだわり
服の好みやこだわり、先述した食べ物のこだわり、そして住まい・物の配置などについても好みは様々でこだわりも人それぞれです。細かい事から大きな事まで多岐に渡るのですり合わせは念入りにしましょう。

相手も自分自身も付き合っている内は、相手に合わせる努力をすることができますが、結婚して一緒に暮らしていくとなると、合わせることが苦痛になってきます。

また、「相手に良く思われたい」「価値観が合うと思われたい」といった気持ちから些細な嘘を吐いたり、本当は違うけと話を合わせてしまった。などのすれ違いから、大きな価値観のズレに発展することもあります。

結婚に踏み切る際はそういった過去に話した価値観も含めて見直す必要があると言えるでしょう。

チェック6:子供に対する考え方が一緒か、育て方に大きな相違はないか

結婚は二人だけの問題ではありません。家庭を築くということは、自分たちの子供が近い将来生まれることになります。そしてその子供を二人で育てていかなくてはなりません。

  • 彼、もしくは自分が子供が嫌い・苦手
  • 子供の教育は全て相手に任せる
  • 子供に対する接し方が悪い

こういった点についても話をしておく必要がありますね。子育てにおいてストレスが溜まってしまうと、夫婦関係にも悪い影響を与え、離婚の可能性が高まります。

子供が欲しいかを聞いておく
付き合っている段階で聞くのは早いと感じるかもしれませんが、大事な問題なので早めに聞いておきましょう。「子供が欲しいか」「いつ頃に欲しいのか」「どんな出産方法が希望か」なども聞いておきましょう。
子供の教育についての考えを聞いておく
「母親は包み込む、父親はいざと言う時に叱る」など子供の教育や子供目線からの自分たちの立場やあり方についての考えも確認し、把握しておくことが大切です。
子供に対する接し方や態度をチェックする
デートに出かけた際などに居合わせた子供に彼がどんな態度をするのかも見ておきましょう。また親族や親戚の子供に対する接し方も重要です。子供と接する時のふとした瞬間に本性が現れることもあります。

また、最近では「子供は要らない」と考える女性や男性も多いです。結婚したら必ず子供を作らなくてはいけない、という訳ではありません。そもそも、子供が欲しいのか、という事から話もしていきましょう。

女性には子供を生み育てるのに限りがありますし、年齢の問題や体調の問題もあります。そういった不安や考えもしっかりと彼に相談し、真面目に考えてくれる男性を選ぶようにしましょう。

チェック7:一緒に生活していく上で彼に性格的な問題はないか

付き合っている頃は、365日、24時間一緒にいる訳ではないので多少の違和感や、ん?と思うことがあってもさほど気にならないかもしれませんが、結婚するとその違和感が物凄く気になってくる事があります。

  • 彼に変な癖、気になる仕草はないか
  • 人としての問題行動がないか
  • あなたが大切にしている人やものを同じように大切にしてくれるか

恋人となるとついつい甘く見てしまう事があるかもしれませんが、彼も一人の人間であるという認識を持って、客観的に見るようにしましょう。

貧乏ゆすりや爪を噛むなどの癖を持っていると、付き合っている最中は我慢できても、結婚した途端気になって我慢できなくなることもあります。

すぐに直せる癖なら良いですが、長年染み付いた癖はなかなか抜けませんし、無意識に行っていて本人が気付いていない事も多々。付き合っていた時は全く気にならなかった行動が気になるようになる可能性もあります。

また、そういった癖はストレスから起こされている場合もあるので、彼の性格を見て、ストレスが溜まるとどういう行動を起こすのかもチェックしておきましょう。

また、あなたが大切にしているものや人に対して、彼がストレスが溜まったりイライラしている時に起こす態度にも注意しましょう。

雑に扱ったり、ペットなどを邪険に扱うようであれば、結婚後、いずれあなたも同じように扱われる可能性が高まります。

一番の理想はものや人に当たらず、どんな時でも態度や扱いが変わらない事です。多少の態度の変化は仕方ありませんが、あまりに激変するようであれば結婚は考えた方が良いでしょう。

チェック8:長い時間を共にする上で苦痛はないか、癒やしとなれるか

カップルであれば解放される時間があるので我慢できますが、長い時間を一緒に過ごさなければいけない結婚生活、一緒に居て苦痛があっては後悔します。

  • 無言があると落ち着かない
  • 笑うポイント一緒
  • されて嫌なことが似ている
  • 同じ空間に長時間居て苦にならない

お互いが素のままで居られて一緒に居て楽だと感じることが一番です。自然体で過ごせる相手でないと長時間、同じ空間で一緒に暮らすことは困難でしょう。

相手がどれだけいい人で、優しくても、双方に信頼関係がなく、心を開けなければ結婚は無理だと考えた方が良いです。

例えばあなたがとても気にしいの心配性で、不安感の強いタイプだとしましょう。何をするにも、大丈夫かな?何事もないかな?とマイナスを想定してしまう場合、一緒に暮らす男性は逆の方がある意味良いです。

同じように心配性で気にしいだと、どちらも心配することに疲れてしまいますし、「大丈夫!」と思えないため、常に心がどこか不安定になりがちに。

マイペースで大らかな男性といると、自分と違いすぎてイライラしたり、楽観的で羨ましいと妬ましく思うこともあるでしょうが、彼の「大丈夫」に安心できるようになったり、自信が持てるようになります。

何か大きな災害や事故にあった時も、そういったタイプの男性なら、ネガティブがネガティブを呼んで悪循環…という事にもならず、前向きに考えていけるでしょう。

そういった意味も含めて、一緒に居て、自分が良い方に持っていける相手が結婚相手としてはベストです。お互いがお互いの元気の源となり、励ましとなり、拠り所となり、癒やしとなれば順調に行くでしょう。

1ヶ月や数ヶ月などの期間を決めて一緒に同棲し、彼の生活面での性格なども見ておくと良いですね。ただし、誰しも完璧ではないので多少の失敗などは大目に見てあげてくださいね。

チェック9:彼の人付き合いや交友関係に問題はないか、評判は良いか

人付き合いというのは人間である以上避けられない問題ですし、基本中の基本です。しかし、最近では、その基本ができない人が多いのも事実。

恋人関係である間は、いくら付き合っていても他人です。しかし、結婚すると家族となり他人ではなくなりますよね。

恋人であった頃はプライベートを詮索しないようにして、お互いのプライバシーを守っていても、結婚をすると完全にプライバシーを守りプライベートに関与しないというのは無理です。

彼の交友関係なども把握して、臨機応変に動かなければいけない場合も出てきますから、そこはきちんと話し合って割り切るようにしましょう。

また、彼がどんな人達と交友があり、どんな風に思われ評価されているのかを知っておくことも重要です。

  • 彼の恋愛遍歴
  • 友人感での彼の評判
  • 職場での付き合い方

特にこの3つは結婚をする前に知っておくと良いです。人は簡単には変わりませんから、ここで何か問題があった場合、もしもの可能性も出てきます。

過去に女性と長く付き合ったことがない。
少し危険な匂いがしますね。女性をあまり知らないということは、それだけ女性に対する目が偏っている場合もあります。
友人への態度が横暴、人の悪口を言っていた事がある。
自分たちが付き合っていることを知らない人に敢えて聞いてみるとベスト。あなたの事を思って本音を言えない人もいるからです。そんな噂が出てきたらそれが本当の正体である場合もあるので要注意です。
仕事中に遊んでいる、真面目に仕事をしていない時がある。
あなたにはうまくいっていると言っている仕事も実は違うかもしれません。中には職場や役職も嘘を吐かれていたなんて事も。

彼を知る身の回りの人に話を聞いてみると、初めて知る彼の一面が必ずあるはずです。そこでびっくり仰天な話が出てくるようであれば、結婚後に本性が現れることもあるので要注意。

なかなか彼のプライベートな関係を聞き出して、交流を持つのは難しいかもしれませんが、仲のいい共通の友人などに協力してもらって把握しておきましょう。

チェック10:彼の女性関係はきちんとしているか、浮気の心配はないか

彼の女性関係については念入りに調べておく必要があります。恋人である間はいつでも別れることができますが、結婚してしまうとそう簡単に離婚とはいきません。

  • 交際中に浮気をしたことがある
  • 女友達がやたら多い
  • 女性全般に優しく人気がある
  • 女性が好きで女性に接触したがる

こんな項目に2つ以上当てはまる場合はよく考えた方が良いです。

中でも浮気をしたことのある男性が浮気を繰り返す確率は90%以上と言われているほど。「もうしない」なんて言葉は信用しない方が良いです。

何度浮気をされても構わない、家庭を壊すような事さえしなければ良い、浮気をされても一緒にいたい、という強い思いと覚悟がなければ結婚はお勧めしません。結婚をしたとしてもあとが見えています。

またどんな女性にも優しく人気があり、女性の友人が多く、女性に接触したがる傾向がある場合は、浮気をする可能性が極めて高いと言えるでしょう。

女性に優しくして女性からその気にさせて行動を起こさせるという、責任転嫁しやすい方法を取る男性も居ます。結婚してしまえば、

  • 許す
  • 別れる

の二択しかなくなることをよく覚えておきましょう。

また、許してしまった場合は、その後夫婦である限り、ずっとそのことを根に持ちながら暮らさなければいけませんし、離婚をした場合は自分に、バツを付けることになるので勇気も要ります。

  • 誕生日にもらうプレゼントの数
  • 誕生日前後に出かける回数
  • バレンタイン時期のチョコの数
  • 女友達の人数

などを把握し、彼の周りの女性関係をしっかり掌握しておきましょう。彼の周りの女友達とは敢えて友だちになることで浮気に発展しないようにストッパーをかけておくのも良い方法ですよ。

浮気常習犯は上手に浮気をするので、彼の怪しい行動には常に目を光らせ、危ないなと思うようならば結婚は避けた方が良いでしょう。

彼氏向きの男性と結婚向きの男性かをしっかり見極めて判断しよう

いかがでしたか?結婚はやはり人生において大きな選択と決断になりますので、軽々しく考えず、準備や事前に把握しておいた方が良いことがたくさんあるという点を覚えておきましょう。

彼が自分の人生のパートナーとして本当に相応しいかどうかを判断するのはなかなか難しいことですが、何より一番大切なことは「あなたが彼といて幸せかどうか」です。

様々な条件や噂、世間の評価などありますが、あなた自身が彼と居て幸せであることが一番大切なことなので、あなたが自信を持って「幸せです」と言えるなら、反対を押し切って結婚に踏み切っても良いと思います。

彼のことをしっかり見極め、自分の幸せを掴んでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事