• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

自分も悪いけど…。彼氏や旦那の携帯を見てしまった時に嫌だったこと

Date:2014.04.24

彼氏や旦那さんの携帯電話(昔で言えば手帳ですね)は、まるで開けてはいけないパンドラの箱のよう。見てはいけないと、分かってはいても、ついつい悪魔のささやきに負けて、開けてしまうこともあります。

それ自体は、多くの女性が経験していることなのではないでしょうか。でも、見てしまったばっかりに、やはり知りたくなかった事実が、目の前に動かぬ証拠として浮かび上がることがあるでしょう。

今の携帯電話やスマートフォンは、インターネットも駆使出来ますので、閲覧履歴からいかがわしいものが発見されることも多々あります。そんな時に、”これは許せる”ということと、”これだけはすごくイヤだった!”ということがあると思います。

この記事では、浮気発覚など決定的なことは別として、周りの女性の体験談なども含め、女性が特にどのようなことが許せなかった、イヤだったと感じているのかを取り上げてみたいと思います。

他の女性との会話で楽しむツーショットチャット、アダルトチャット

よく耳にするのは、「アダルトサイトで、画像や動画を観ていたのはまだ良いけれど、チャットはちょっと許せない!」という意見です。

チャットといっても、さまざまなタイプのものがあるようですが、女性は一様に拒否反応を示しがちです。アダルトの要素が、あってもなくてもイヤだということなのです。それぞれ見ていきましょう。

ライブチャット・・・アダルトであるとは限りませんが、カメラで相手の女性の顔や様子が分かったり、いかがわしい指示などが出来るような「ライブチャット」は、高額な料金がかかる場合が多いですし、ちょっとした風俗のようにも感じられます。

パートナーである女性は、やはり他の女性と関わりを持つためにお金を使われていたと知ると、いい気はしないのは当たり前です。

アダルトチャット・・・動画はなくても、画像や文章でシモネタなどの会話を楽しみます。

自分の彼氏や旦那がそんな会話をしていたと思うだけでも気持ち悪くなってしまうのに、画像のやり取りは、女性から送ってもらって喜んでいるのも、男性自身が送っているのも、パートナーの女性としては屈辱的な気持ちになってしまうのでしょう。

普通の会話のチャット・・・では、普通の会話をするチャットであれば良いのかといえば、やはりそうはならないようです。

ツーショットという時点で、相手は異性に決まっていますし、シモネタもそうですが、普通の会話にしても、「なんで他の、しかも知らない女性と話す時間を作っているくらいなら、私と話さないの!?」と思ってしまうからです。

またチャットには、女性が部屋を作って待っているところに入室していく場合と、男性がメッセージを書き込み、部屋を作って待っている場合とがあります。

もし自分のパートナーが部屋を作って待っていた形跡を発見してしまったら、ショックはより大きくなるようです。

内緒で元カノと連絡を取り合っていた

元カノとこっそり連絡を取り合っていた証拠を見つけてしまった時、女性はとても嫌な気持ちになることが多いはずです。隠されていたということにも腹が立ちますし、どういうつもりで連絡を取っているのか、ヤキモキしてしまいますよね。

この頃は、スマホでLINEが普及していますが、電話番号が登録されていただけで、LINEをインストールした時に”ともだち”に追加されてしまうことがあり、それがきっかけとなって連絡を取ってしまうこともあるでしょう。

他SNSの普及もしかりです。こういう背景があるため、仕方がないとは思いつつも、だからといって連絡を取り続けられるのは、許せない気持ちになってしまうのはうなずけます。

合コン参加や飲み会などで知り合った女性と仲良くメール交換

お店の女性からの営業メールなどには目を瞑る、という方でも、一般の女性と仲良くメール交換をしていたとなると話は別です。ましてや、メールのやり取りから、合コンなどにコッソリ参加していたことが分かってしまうということもあるでしょう。

更にメールの内容が、「今度会おう」というようなものがあれば、たとえ社交辞令であったとしても見過ごすことが難しくなってしまいます。

まだ浮気までは行っていなくても、あわよくば浮気しようという下心を感じるようなものが出てきたら、怒りと悲しみでいっぱいになってしまいそうですね。

特に、結婚している場合、既婚者であることを相手の女性に隠しているようでしたら、確信犯ですから、放置するのは危険かもしれません。

この記事をシェアする

関連記事