• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼や旦那様を気分良く起こす為の3つのポイントとは?

Date:2013.05.31

起床時刻に目覚ましが鳴り、止めると共に布団から出てくれる彼氏や旦那様なら手がかからず楽ちんですが、目覚ましが鳴っても声をかけてもなかなか起きてくれず毎朝苦労している方も居ることでしょう。

お互い気分良く一日のスタートを切る為に、朝から喧嘩なんてしたくないですよね。今回は、彼氏や旦那様を起こす際のポイントを3つご紹介します。

寝ることよりも起きたほうがメリットになる何かを提示する

起床時刻にもかかわらず起きない理由は「眠い」、ただそれだけです。起きたほうが良いと頭ではわかっていてもなかなか布団から出ることが出来ない経験は皆さんあるでしょう。

ですから、寝ているよりも起きたほうが得!と思える何かを提示しましょう。

例えば「今起きるならあなたの好きな○○(料理)を作るよ」、「すぐ起きるなら今週の皿洗いやごみ出しを全部するよ」、「今起きてくれたらお小遣い少しだけどプラスするよ」と彼氏や旦那様のメリットになることを提示しましょう。

眠いながらも耳に入る誘惑にきっと布団から出てくれることでしょう。

好きなアーティストのテンションが上がる音楽をかける

眠っている間のまったりした心を起こす方向へ持って行くには、元気にすることではないでしょうか。ラジオやテレビを点ける事も効果的ですが、アップテンポの音楽を流すことでも気分を高めることが出来ます。

その際には、彼氏や旦那様が好きなアーティストの曲に絞り、鼓動が速くなるような曲を選んで流しましょう。アップテンポの曲を聴いているうちに徐々に覚醒し、気分良く起きてくれることでしょう。

普段とは違う起こし方をしてみる

ご自身の起こし方に文句をつけられる、毎朝起こし方で喧嘩になることが多いと言う方は、第一声から怒っていることが考えられます。そんな時には助っ人に頼りましょう。穏やかな気持ちで起きてもらう為に、お子さんやペットに協力してもらうことをお勧めします。

また、口ではなく動作で起こすこともお勧めです。朝から掃除機や洗濯機を動かす、カレーや焼き肉など匂いが強い料理を作る、家中の窓を開けて換気するなどです。耳に刺激を与えることで脳も活性化し、布団から出てくることでしょう。

番外編の起こし方

起こしても起きないならば、起こさず寝かせる方法があります。もしかしたら遅刻してしまうかもしれませんが、起きない癖を正す最終手段は放置です。「起きない→起こしてもらえない→遅刻する」という流れを理解すれば、自分で起きるようになるでしょう。

追い詰められて初めて気づくこともありますから、最終手段としてお勧めします。また、色仕掛けで起こす方法もありますが、この場合は時間的に余裕が無ければ難しいかもしれません。

起こす時には怒りを抑えて笑顔で声をかけよう

彼氏や旦那様を起こす時にはおそらく起床時刻から既に数分、数十分過ぎていることが多いでしょう。その為に口調がきつくなり、つい声を荒げてしまうこともあるでしょう。

そんな時は、まず深呼吸です。ゆっくり呼吸し気持ちを落ち着かせてから寝室へ向かいましょう。怒った気持ちで言う「おはよう」よりも笑顔で言う「おはよう」の方が、ご自身も起こされる方も気分が良いはずです。

怒りをマックスにするのはいつでも出来るでしょうから、まずは笑顔で起こしてみてはいかがでしょうか。毎朝怒っている方ならあなたの優しい声にびっくりして、彼氏や旦那様が飛び起きてくれるかもしれませんよ。

この記事をシェアする

関連記事