• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

旦那のストレスの元は実は普段あなたの接し方?解消する方法は?

Date:2014.06.06

旦那のイライラ、ストレスは仕事から来ているとばかり思っていたのに…!実は家庭内であなたのご主人に対する態度、言動から徐々にストレスが溜まり、その結果仕事もうまくいかなくなる、何事においてもバッドルーティーン化されてしまうことがあります。

あくまで家庭は仕事のストレスを癒し疲れを取る場所であるということを認識しなければなりません。それが世のご主人の望みだからです。

ここにアメリカ人夫が結婚生活における妻との関係においての悩みを相談しているサイトがありました。日本でもありがちな部分をピックアップして、参考にしながら改善点を考えてみたいと思います。

妻の会話が知らない他人のことやゴシップ

なんだってこういつもいつも妻の友達について聞かされなきゃならないんだ?いつも知らない人のゴシップ話というのは勘弁してほしい!!

どうも彼の知らない(奥さんの友達や元同僚の)話にいつも付き合わされているらしいのです。人間関係における心理学の大家、ジェレミー・ニコルソン博士は相手の話のポイントを早く聞きたがるのが男性の特徴だと言います。

もしあなたがご主人の知らない人の話を長々した場合、ご主人の心中は「その人が何だって言うんだ?僕に関係あるのか?」とイライラし始めるでしょう。脈絡もなく人の噂話をしたいのであれば男性へはご法度です。仲の良い同性の友達にしたほうがよさそうです。

Facebookへ勝手に自分の写真をポストする妻

「妻がFacebookを始めたのはいいけれど、僕の写真を自分のウォールに勝手にのっけてしまう。

本当にいやだ!娘と遊んでいる姿を撮られ(それもおままごと)その写真を友人に見られて恥ずかしい思いをした!

Facebookは公の掲示板のようなもの。やはり無断でご主人の写真をポストするのはいかがなものかと思います。またポストしてしまったのであれば、他の人からご主人の写真を見たと伝わる前に必ずご主人にFacebookに載せたことを伝えましょう。

もしどうしてもご主人が良い顔をしなければ、すぐに消してプライベートの家族アルバムに貼り替えましょう。

彼女の母親がお節介焼きで困る

僕はもうすぐ彼女と結婚するのだけど、彼女のお母さんが頼みもしないのにアドバイスをしてきたり、なにかと口をはさんでくるんだ。

嫁姑問題はよく聞きますが、その逆バージョンですね。あなたはお母さんに彼の性格などをそれとなく話しておきましょう。

男性はあれこれ上司や先生でもない人に言われるのは好きではありません。この悩みは愛する人のお母さんだからこそ、本当の自分の気持ちを言うことができずに気を遣い、ストレスをためるだけというパターンです。

あなたからお母さんへ「彼から何か訊かれたときだけアドバイスをしてあげてくれる?」と頼んでおきましょう。

休みの日に家事などやることが多すぎてのんびり過ごせない

結婚前の週末は2人でのんびりデートや友達とパーティーなどいろいろと楽しく過ごしていたのに、結婚してから家でのやることが多く家事に追われて週末はゆっくりできない!

特に共稼ぎのカップルは、平日は仕事メインなので掃除など普段できない家事は週末する―そんなパターンに多い問題ですね。日本の場合、ご主人が休みになると、ここぞとばかりに頼みごとをご主人に沢山していませんか?

「TV映りが悪いから修理してくれる?」

「模様替えで家具を動かしたいのよ!」

「庭掃除して!」

「車運転して買い物に付き合って!」

などなど。普段ご主人は職場でハードな仕事をこなしています。土日が休みならば、土曜日はちょっと手伝ってもらうにしても日曜日はまるまる休ませてあげるなど配慮してあげましょう。

妻や親戚たちの期待が重圧に感じる!?

一家の主になることは家族において責任感を持たなければならないのは重々承知している。だが私の妻や妻側の家族たちの私への期待感が非常に多いと最近感じてしまうのだ。

それに答えるべく行動をしているが、年々義務的な行動になってしまっているとつくづく感じる。どうしたものか?

責任感の強い男性ほど周りの期待に答えたいとがんばってしまいます。でもこれがエンドレスになってしまったら、ある日ご主人の張っている糸は切れてしまうでしょう。あなたはご主人がいなくても大丈夫だという行動も時には取る必要があると思います。

たとえば、子供の学校での問題をご主人にすぐに頼るのではなく、あなたが解決しましょう。そしてご主人には事後報告しましょう。一番大事なことはご主人に期待をするのではなく感謝をすることです。

私たちが屋根のある下に住めて、毎日ご飯が食べられるのはご主人がお金を稼いできてくれるお陰です。日ごろからご主人に向けて感謝の言葉や態度を示すとご主人の義務感は自然な行動に変わると思います。

この記事をシェアする

関連記事