• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

思い通りになる女性を目指そう!旦那に反論させず上手く操る方法

Date:2014.07.11

「お小遣いを減らしたら文句言われるかな?」、「新しいバッグを買ったら怒られるかな?」と旦那の顔色をうかがって生活している方は居ませんか?

新婚時代はお互いに気を遣って生活しているので衝突することは少ないでしょうが、数年、十数年と年月が経過すれば譲ることや許すことが難しくなって喧嘩が増えるかもしれません。

あなたの一言によって反論されることを避けたいのであれば、事前に策を練ってから言葉を発することがポイントではないでしょうか。今回は、旦那に反論させず上手く操る方法を主婦の方々から教えてもらいましょう。

弱みを利用して操るIさんの方法

結婚して8年になるIさん(31歳)は、最近発覚した旦那の弱みを利用して操っていると言います。

「妊娠と出産をきっかけにして専業主婦になったんですが、実際に旦那だけの稼ぎになると生活が結構きついことがわかったんです。それでできるだけ節約したいと思って、旦那にお小遣いの減額や趣味で購入したバイクを手放すことなど提案してみたんです。

でも全て却下されてしまい、『お前も働けばいい』と子育てしたい気持ちを全く理解してくれませんでした。そんな時、旦那の浮気に気づいたんです。

きっかけは旦那の携帯電話。家に居る時は絶対に手放さず、いつもロックをかけているので中を見ることができなかったんですが、たまたま旦那が携帯を忘れた日にロックがかかってなくて見てみたら、浮気している証拠が山ほど残っていたんです。

帰宅後に浮気について問い詰めると土下座して何度も謝罪し、その後は人が変わったように従順になりました。時々、私の言うことに反論しようとすることもありますが、自分が弱みを握られていることを思い出させてあげるとすぐに納得してくれます。

浮気は今も許せませんが、旦那のことを上手く操ることができるようになったので必要なことだったかもしれないと最近前向きに考えられるようになりました

子供にお願いするFさんの方法

ゴミ出しや掃除、ちょっとした買い物などどんなにお願いしても全く手伝ってくれず、誕生日や記念日にプレゼントもなかなか買ってくれない旦那を持つFさん(38歳)は、子供をつかって操るようになったと言います。

「旦那は、自分の車や趣味のゲーム、子供のことにはお金を惜しまない人ですが、私には渋るタイプなんです。結婚して家計が一緒になってからひどくなって、徐々にプレゼントの額が減って最終的にはもらえなくなりました。

しかし、子供が欲しい物や食べたい物は絶対に買ってあげるほど甘い。だから、何か欲しい物やお願いがある時には子供に言わせるようにしてみたんです。

買ってきてほしい物がある時には『歯磨き粉と牛乳がないよ~』とか、化粧品が欲しい時には『綺麗なママが好きだから口紅買って~』という感じで私の声を子供から伝えるようにしてみたら、反論されることなく叶えてくれるようになったんです。

私が子供に『○○とパパに言ってきて』と伝えて、私の居ない場所で言わせることがポイントなので覚えてもらうまでには時間がかかりましたが、子供も大きくなってきたので今では『そろそろジュースなくなるからパパに言うね』と、私よりも気づいてくれるようになり助かっています。

自分で言うと喧嘩や反論される場合は、子供にお願いするということが私の旦那操作方法です」

できない主婦と見せかけて操るKさんの方法

仕事と家事を両立させているKさん(33歳)は、実際にはできることをできないように見せて操作していると言います。

「結婚したら仕事をやめるつもりでしたが、家を購入したので子供はもう少し先にしようということになったんです。正社員で働く私は、旦那にも家のことを手伝ってもらおうと思っていたんです。

しかし、旦那は全く手伝ってくれなくて寝るまで動いている私を放っておいて自分はゲームとかパソコンを楽しんでいるんです。

手伝ってと何度か言っても『俺のほうが疲れている』とか『女の仕事だろ』とか反論ばっかりされるので、諦めていたんですがやらなかったらどうなるかとふと思いついたんです。

生活の最低限のことはこなし、アイロンがけや掃除機など後回しにできることはしないで様子をうかがっていたんです。そしたら、『Yシャツがない』とアイロンがけをしたり、『部屋が汚い』と掃除機を出してきて掃除をしたり旦那も家事をするようになったんです。

もともと一人暮らしをしていたので旦那は一通りできることは知っていましたからね、やる気の問題だと思ってできない主婦になってみたんです。

『お前は主婦に向いてないな』と言われることもありますが、手伝ってもらえるなら聞き流せます。今後もできないと見せかけて旦那をうまく操ろうと思います」

上手く旦那を操り、家庭円満に!

ご紹介した女性たちの操作方法を参考にして、気分良くそして楽しく生活できる円満家庭を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事