• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男性を意のままに操る女性たちに聞く、彼氏や旦那の操作術とは?

Date:2013.06.11

世の中には大きく分けて2種類の女性が居ます。彼氏や旦那様の言葉のままに動く女性と彼氏や旦那様を操作する女性です。

操作する女性に不満は無くても、言われるままに動いている女性の中には「私も男性を操作してみたいけど出来ない・・・」と言う方が居るかもしれませんね。今回は、男性を意のままに操る女性たちにその操作術を聞いてみました。

Iさんの場合 主導権は自分にあると思わせる

専業主婦のIさんは、結婚後に主導権を握ったと話します。

「交際中は、全て旦那が決めていたんですけど、納得できない部分が多々あったので主導権を奪いました。まぁ、本人は今も自分に主導権があると思っているんですけどね、そう思わせておいているだけで実際には何の権限も無いんです」

主導権があると思わせておいて、実際にないとはどういうことでしょうか。具体的に聞いてみました。

「旦那は役職があるせいか主導権を握りたがるんです。何を決めるにしても自分の意見が正しいと私を説き伏せるから、反論しても時間の無駄なんです。だから納得しつつ自分の意見へと導くんです。

「私のために〇〇って言ってくれてるんだろうけど、〇〇にした方があなたらしいんじゃない?」って。「間違ってるよ」とは言わずにあなたらしくないって提案するんです。

初めはコツを掴むまで大変でしたけど、とにかく正すわけじゃなく、私はあなたらしさを提案しているだけと思わせることがポイントです」

自分の思い通りにしたいけれど直接言えば対立すると諦めている方は、提案という形で相手を操作してみてはいかがでしょうか。

Aさんの場合 間違いは正さず見えない所で正しておく

彼氏と同棲中のAさんは、どんな方法で操作しているのでしょうか。

「簡単ですよ、彼の知らない所ですすめるだけです。彼って亭主関白だから私が否定したり、拒絶したりすることをすごく嫌がるんです。

間違いは絶対認めないから、その場では正さない。間違いがある時は見えない所で正すんです。そうすれば、彼は私を意のままに操っていると勘違いするでしょ。

家庭菜園の時なんて肥料や水やりで衝突しそうになって大変でした。我慢して彼の前ではその通り育てて、彼が居ない時にやり直すことで立派な野菜になりました。彼は自分が育てたって思っているけれど、実際には私の努力が実を結んだんです。

でも彼には『あなたの言ったとおりね、すごい!』って褒めて気分良くさせる。後で訂正するのは大変ですけど、お互いに気分良く過ごせますからね。この操作術で喧嘩は減りました」

Aさんも見えない部分で主導権を握っているようですが、Iさんと同じく気付かれてはいないようです。

Yさんの場合 小さなミスではなく大きなミスの時に主導権を握る

「彼とは社内恋愛の末に結婚しました。上司だった彼の言葉は絶対で仕事の上では尊敬していましたが、一緒に生活するようになって小さなミスが目につくようになったんです。

でも彼は何でも正しいと思いこんでいて勝手に決めちゃう。嫌がれば喧嘩になるので我慢していたある日、彼は大きなミスを犯したんです。二人で海外旅行した時なんですけど、パスポートを失くしたんです。

『お前はそそっかしいから俺が持っててやる』と偉そうに言ったのに『すまん、どこに置いたか覚えていない』って笑ったんですよ。

もしも私がそんなミスをしたら怒るに決まってるのに、ヘラヘラ笑う彼を見た時に日頃の不満が爆発して、『もうあなたの言うことは聞かない!私の言う通りにして!!』と怒鳴りました。

結局パスポートはホテルにあったので無事帰国しましたけど、その後は全て私に任せてくれるようになりましたよ。不満げな顔をされることもあるけれど、旅の話を持ち出すと静かになります。

でも、私も鬼になるつもりはないので、時々主導権を彼にも与えています。表面的な部分ですけど、男らしさを忘れないで欲しいですからね」

主導権は、強引に奪うものではなくその時が来るまでじっくり待つという方法もあるようです。

操作は喧嘩にならない方法で密かに行うべし

ご紹介した女性たちの共通点は、旦那様の知らない所で主導権を握っていることです。旦那様の言動に納得出来なくて仕方なく裏で正している彼女たちは、本来は主導権を握って欲しいと思っているようです。

その為にあからさまに奪うことはせずに影で操作しているのかもしれません。相手を気遣うことで喧嘩にもならず円満でいられる操作方法のポイントは、密かに行うことです。

彼氏や旦那様の男らしさを残しつつ主導権を握ってみたいと考えている方は、密かに試してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事