• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

長期休暇注意!主婦が旦那にストレスを感じるのはこんな時!

Date:2014.01.31

かつては愛し合って結婚した夫婦も、時の流れの中で、いつしか相手のことをうとましく感じてしまうようになるというのは、よくあることではないでしょうか。

特に女性の場合は、旦那さんのデリカシーのない言動などに嫌気がさしてしまったりして、ストレスを感じる場面も多いようです。

普段はなんとか我慢出来ても、長期休暇など、一緒に過ごす時間が長い時には、ストレスも限界!となってしまうこともあるでしょう。

ここでは、主婦の方が、特に旦那さんにストレスを感じやすいであろう場面を書き出してみます。

一日中ソファーなどから動かず、妻に指図をする

休みの日だからと、一日中ソファーなどに寝そべって動かない、という旦那さんは多いのではないでしょうか。

それだけならまだしも、「あれ取って」「これ持って行って」など、ことあるごとに呼ばれて用事を言いつけられるのでは、たまったものではありません。動くのはトイレと食事の時だけ・・・なんていう男性もいそうです。

最初は、普段仕事で疲れているからと、仕方なく言うことを聞いていた奥さんも、長期休暇で毎日このような態度を取られては、「私は家政婦じゃない!少しは自分で動いて!」とカミナリが落ちてしまいそうです。

脱ぎ散らかし、食べ散らかして片付けが出来ない、する気もない

脱いだものはその場に散らかしたり、お菓子などを食べたゴミも、捨てようとせずにそのままにしている、という旦那さんは結構いそうです。

少しだけならまだしも、旦那さんがいた場所の周りには、脱ぎ散らかしたものやゴミがどんどん溜まっていく・・・というのでは、主婦はストレスが溜まってしまいます。

注意しても、なかなか片付けてくれない、という旦那さんも多いでしょう。長期休暇の時に、旦那のせいで家の中が汚くなる・・・と嘆く奥様は多そうです。

飲食費がかさんでしまう

長期休暇の時は、普段と違って、夫婦揃って食事を一緒にする回数も増えると思います。そのため、普段はお弁当で済ませている旦那さんも、休みの日には好きなものを自分で買ってきたりすることもあるでしょう。

旦那さんが買い物に行った場合、あまり食費のことを考えずに、高級なものばかり買ってしまうということもありがちです。

さらに、お酒を飲む旦那さんでしたら、人によってはお酒代がかなりかかってしまうということもあります。

こうしたことで、長期休暇の食費がかさんで、せっかくのボーナスも目減りしてしまった・・・ということで、ストレスを感じる奥さんも多いのではないでしょうか。

生活のペースが合わない

普段、旦那さんよりも家にいる時間が長いという女性の場合は特に、家で過ごす時の、自分なりの生活ペースがそれなりに出来上がっていることと思います。

しかし、旦那さんが家にいることにより、このペースが乱されたと感じて、ストレスになることも多いようです。

自分が、このタイミングでこれをしよう!と思っていても、やはり旦那さんがいれば、旦那さんからの要望や提案などで、いつもの計画が実行出来ないということがあるのです。

これは仕方のないことなのですが、普段旦那さんがいない時間が長いという場合ほど、奥さん独自の生活ペースが出来上がってしまっているため、感じやすいストレスとなりそうです。

休みだからと、自由に単独行動ばかり取る

長期休暇ともあれば、たまには旅行をしたり、夫婦で何か一緒に楽しみたい、と考えている主婦の方も多いでしょう。

また、お子さんが小さい場合は、休みには旦那さんにも育児に参加して欲しいと思っていることもあると思います。

それなのに、自分だけで勝手に予定を決めて、友達と飲み歩いたり、自分の趣味にばかり時間を費やされると、妻としてはこれもストレスになります。

特に、パチンコなどのギャンブルや、妻が良く思っていない趣味に費やされるのでは、ストレスも高まります。「せっかくの休みなのに・・・私はなんなの?」「家族のことはどうでもいいわけ?」と感じてしまうのです。

部屋の整理整頓や料理のことに、口や手を出してくる

長く家にいることで、普段は見過ごしている家の中のことも目に入ってしまうため、いろいろと口や手を出してくる旦那さんもいるようです。

たとえば、部屋が思ったよりもきちんと片付いていないということを指摘してきたり、自分でおもむろに片付けを始める旦那さんもいるでしょう。

料理にしても、たまには自分の好きなものを作りたいからと、買い出しから調理までやってくれる場合もあるでしょうが、こういったことを、ありがたいというようには捉えられずに、普段の自分の主婦としての仕事を、どこか否定されているように感じてしまう女性もいるのです。

この記事をシェアする

関連記事