• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

無理にバストを寄せて上げる必要なし!男性から見た貧乳の魅力

Date:2013.06.12

特に胸のない女性は豊満なバストに憧れます。バストアップのエクササイズをしたり、寄せて上げるブラをしてみたり、少しでも大きなバストに見えるように苦労をしている女性も少なくありません。

それと言うのも、男性は大きなバストが好きだから、と思っているからです。ところが、胸は大きければいいというわけではない、サイズよりもカタチだ、という男性の声も多く聞かれます。

決してバストが大きい方がいい、という男性ばかりではないようです。これは貧乳と言われる女性にはうれしいことですね。では、豊満なバストよりも貧乳の方が好きだ、という男性は貧乳のどこに惹かれるのでしょうか?

知的な印象がある

胸がやたらと大きい女性はなぜか頭が悪そうに見える、と言われますよね。もちろん偏見ですが、そう見えてしまいます。反対に貧乳の女性は知的に見えるのです。

スーツをカチッと着こなすには、大きな胸は邪魔になりますよね。胸のない女性は母性よりも知性を感じさせるようですよ。

純粋無垢なイメージがある

胸がないとグラマラスには到底見えません。小学生並みの幼児体型にも見えてしまいます。女性としてはそれがイヤなのですが男性にとっては、それは純粋でけがれのない女性に見えるようです。

たしかに色っぽさはないですよね。でも、小学生ではない大人の女性がそのような体型をしていると、純粋でつつましく、かえって色っぽく見える男性もいるようです。

華奢に見える

だいたい太っている女性はバストも豊満ですよね。痩せている女性は胸もない場合が多いです。さらに胸がないと華奢に見えます。華奢に見えるので、男性にとっては守ってあげたい、と思わせるようです。

また、実際に痩せている女性も多く、どのような服も着られますね。胸の大きな女性は、胸ばかりが目立つような服は着られないことが多いです。

いじらしさがある

貧乳の女性はほとんど胸にコンプレックスを持っていますよね。彼ができても胸を見せるのは死ぬほど恥ずかしいと思ってしまいます。服を着ているときだって、いかにして貧乳を隠すかということに必死です。

そういった必死さがいじらしくてかわいらしいのだそうです。確かに胸の大きな女性は、本人にそのつもりがなくても、どう?大きいでしょ?と堂々と胸をみせびらかしているように見えることもあります。

それとは反対に貧乳の女性は、恥じらいや謙虚さが感じられるようです。

軽い女性に見えない

胸が大きいとどうしてもナンパされやすかったり、軽い女、と見られてしまうことも。貧乳の場合、一般に言う女性の色気とはかけ離れているので、体目的の男性に言い寄られることも少ないでしょう。彼氏としては安心ですね。

女性にとってもメリットがたくさん

貧乳の女性にとっては何を言われようが大きな胸にはかなわない、と思うかもしれませんが、貧乳にだってメリットはあります。

  • 邪魔にならない
  • 運動をするときにムダに揺れて痛かったり、邪魔になりません。

  • 垂れる心配がない
  • 加齢とともにバストは下垂して醜くなります。それを防ぐために、下垂予防のエクササイズをしたり、矯正下着をつけるなどの苦労が絶えません。貧乳の女性はその心配もなく、苦労もありません。

  • 清楚に見える
  • 浴衣や着物などが似合い、清楚な女性に見えます。そのせいか常に若く見えます。

  • 肩こりがない
  • バストの重みによる肩こりがありません。

  • うつ伏せになっても胸がつぶれない
  • 寝るときやマッサージを受けるときなど、うつ伏せになっても胸がつぶれることがなく、痛みもありません。

  • 痴漢にあわない
  • いやらしい視線でジロジロ見られることもなく、痴漢に胸を触られることもありません。

  • 胸元がいやらしくない
  • 胸の大きい女性が胸の開いた服を着ると、誘っている、とかいやらしさが強調されますが、胸の小さな女性はそんなことを気にせずに、胸元の開いた服を着られます。

  • かわいいデザインの下着が着られる
  • 大きいサイズの下着には意外とデザインが決まってしまったり、オバサンっぽいデザインが多いもの。小さいサイズの下着にはかわいいデザインのものが多く、いろいろなデザインの下着を選ぶことができます。

  • 胸の下にあせもができない
  • 胸が大きいと、胸の下に汗をかきやすく、あせもになったり湿疹ができることがあります。貧乳の場合、その心配がなく常に清潔でいられます。

この記事をシェアする

関連記事