• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

永遠のテーマを検証!男にモテたい女性VS女性にモテたい女

Date:2012.10.05

この記事のタイトルとURLをコピーする
永遠のテーマを検証!男にモテたい女性VS女性にモテたい女|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/danseijosei9833/

誰の為に痩せる?誰の為にキレイになる?「同性の目線を気にしているから、女性は自分磨きに没頭しているのでは」と勝手に思っていた筆者ですが、どうやらそれだけではない事に気がつきました。

世の中には「男性にモテたい女性」と「女性にモテたい女性」がいるという現実に。それを分かりやすく分析したのが「赤文字雑誌」と「青文字雑誌」の存在ではないでしょうか?

赤文字雑誌とは

男ウケに的を絞ったファッション誌です。代表的なのは「JJ」「ViVi」「Ray」「CanCam」「Pinky」などです。何故赤文字かと言いますと、これらは題字が創刊時から1990年代まですべて赤で表示されたことからこの名称がつけられたらしいのです。

例外としては「PINKY」は創刊時(2004年)には題字を赤で表示していなかったものの、傾向や発売日が同じことから赤文字雑誌に含まれるようになったらしいのです。

また、現在では題字が赤くないものも多数存在しています。いずれもコンサバ系ファッションを取り上げており、テーマも「モテ服」などといった男性ウケする特集が人気を集めているようです。

それと同時に、世間一般ウケする雑誌としても親しみがあるのではないでしょうか。まず「これさえ着ていれば大丈夫。マチガイナイ」といった、絶対なる安心が保障される訳です。

他人を通した自分に存在価値を重要視しているので、他人に依存してしまう傾向もややありがちです。ですので結婚願望も強く、男性の前では猫を被ってでも良く見たれたいのです。

ですので、支持をしている女性達はたくさんいます。だってモテたいですし、素敵な旦那様をゲットしたいですもんね。

青文字系雑誌とは

赤文字のイメージとは真逆で、こちらは自分の着たいものを着る、どちらかと言えば異性重視ではないというコーディネートを推奨する雑誌です。ですのでクリエイティブかつ自己プロデュースが得意な人にはこちらなのでは?

男性の支持よりも、同性の支持を得る事で満足を得ます。代表的な雑誌といえば「Zipper」「mini」「CUTiE」などです。

男の為に自分の着たいファッションを我慢するなんて嫌だ!そうだ!男の為に生きる人生なんてまっぴらゴメンだ!カワイイものはカワイイ!そうだ!私たちのしたいようにしよう!と。他人の目よりも己の存在価値を重視する傾向があります。

さて、そんな青文字雑誌系にとっての男性とはどういったものなのでしょうか?まず、「自分の存在価値を認めてくれる事が重要」な彼女達にとって、「あなた好みのオンナになります」というのは無縁だと思います。

男性に求める条件は同じくセンスの良い人です。それも互いに高めあっていくのが何より理想なのではないでしょうか?

あなたは「男性にモテたい女性」ですか?それとも「女性にモテたい女性」ですか?いずれにせよ、やっぱり女性はかわいいと思う筆者なのでありました。

この記事のタイトルとURLをコピーする
永遠のテーマを検証!男にモテたい女性VS女性にモテたい女|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/danseijosei9833/

この記事をシェアする

関連記事

コメント