• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性の心をぐらっと動かす…男性の涙の秘密とは

Date:2013.09.27

女性と男性、なぜ女性の方が泣きやすいのか

涙は女性の武器、なんてよく言われること。女性は悲しいとき、感動したときなどによく涙を流すものですが、男性はどうでしょうか。もちろん男性でも涙を流すことはありますが、女性に比べてその頻度はかなり少ないですよね。

なぜ男性より女性の方が泣くことが多いのでしょう?それは、涙に含まれるホルモンに訳があるようなのです。

目の涙腺にある「プロラクチン」というホルモンには、乳腺の発達・乳汁に分泌を促す作用があるのです。男性の涙腺にもこのプロラクチンはあるのですが、成長過程によって女性の方が圧倒的に多くなるのだそう。

成長期を過ぎると女性のプロラクチンの数は、男性に比べて1,5倍にも増えるのです。これが、男女の涙を流す頻度の差に原因していると最近分かってきているようです。

男は涙を見せるべきではない、という教育

昔から男の人は「強くたくましく!」という教育を受けてきたもの。小さな男の子にも「男の子なんだから泣かないの」なんて声をかける親の姿を目にすることは珍しくないですよね。

感情表現の面から見ても、男性は女性に比べて感情を露にしない人が多いのも特徴的です。もちろん同じ男性でも個人差があるのは確かです。親からの教育方針などによっても、男性が涙を流す頻度というのは変わってくるようなのです。

また、女性よりも男性の方が「人前で泣くのは恥ずかしい」と強く感じているのも理由のひとつでしょう。

女性から見る男性の涙

普段凛々しくたくましい男性が、感動や達成感などで流す涙は、女性の心を掴みやすいのだそう。滅多に見られない姿を見たときのギャップに感激してしまう女性は多いですよね。

  • 泣いているのを悟られまいとする様子が好き
  • スポーツ選手などの、全てを出し切っての感動の涙が好き
  • 自分の前だけで泣くなら、全力で受け止めたい

こんな風に、男性の涙に好感を持つ女性も多いもの。

反対に、お酒の席で涙を流すことや、カップルの別れ話や喧嘩の際に泣かれるのはNG!と答える女性が多いようです。しかし感動や達成感での涙ではなく、悲しさや悔しさでの涙は受け止めたいと思う人が多い様子。

悩みなどを打ち明けてくれ、自分だけに涙を見せてくれるのは大歓迎と思う女性もいるようですね。ただし「滅多に泣かない彼が・・・」という点が心を動かす理由になっているので、頻繁に泣いてしまう男性はポイントが下がってしまう傾向にあります。

しかし頻繁に涙を流す男性は、必ずしもダメということはないです。感情移移入しやすくて感受性が強いので、あなたの話を真剣に聞いてくれたり、気持ちをよく理解してくれることもあるでしょう。その部分だけをクローズアップせずに全体的に評価するべきだと思います。

自分と一緒にいるときに彼が涙を見せたら・・・

一緒に映画を見たり、テレビで感動ドキュメントを見たりしたとき。滅多に泣かない彼が思いがけず隣で涙していたら、それはあなたに心を開いてリラックスしている証拠ともとれます。

人前で泣かないという男性も、部屋でひとり男泣きをしていることだってあるかもしれません。あなたの前では泣いても良い、という判断をしてくれたと思って受け止めてあげることも大事でしょう。

どんな男性でも少なからず「女性に甘えたい」という願望を持っているものです。信頼感と安らぎを感じているからこその涙ですから、優しくケアしてあげてくださいね。笑ったり、からかったりするのは絶対にNG。母性本能を最大限に発揮してあげてほしいところです。

男性が泣いてしまったときの慰め方や対応は、女性としての魅力を発揮する良い機会。感情をぶつけても大丈夫な人かどうかという、彼の判断材料にもなっているかも?

この記事をシェアする

関連記事