• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

年収300万円男子がドン引きした彼女の買い物事情6選【vol.2】

Date:2013.04.24

4.コンビニで「明日の朝のご飯」と言っておにぎりを買う

年収300万円男子にとって、おにぎりは買うものではなく、自分で作るものです。いくらコンビニでおにぎりが88円です……などとセールをしていても、作るものです。翌朝のご飯と称して、おにぎりをコンビニで2つも3つも買う女性の金銭感覚に、300万円男はついていけていないと思われます。

でも、考えてみたら、おにぎりって作るものだったんですよね。アラフォーに近いアラサーの人は分かると思いますが、その昔、まだコンビニがここまでたくさんなかった頃は、おにぎり、おうちで作っていませんでしたか?

5.CMで見た有名な高いほうの商品を選ぶ

プライベートブランド(PB)の商品が大人気で、洗剤であればP&Gの洗剤のとなりに、その店舗独自のPB商品が並んでいます。そして、多くの場合、PB商品のほうが1割以上安いものです。

年収300万円男は、安いほうの商品を手に取ります。CMで見た有名な商品を迷わず手に取るあなたの行動は、男からすると「セレブだなあ」と思うのです。

6.5000円の美容液をリピ買いしている

男女どちらが給料がいいかと言えば、男であることのほうが多いでしょう。「オレよりお金を持っていないと思っていた彼女が、1本5000円の美容液を、今月はもう3本も使っている!」こういうサプライズ感を男は持っています。

vol.1でも書きましたが、今や女性はキャバクラや出会い系カフェで内緒のアルバイトをしている人も多く、よって男には買えないものを平気で買えるのかもしれません。

いかがでしたか?女性は生理もあり化粧もしなくてはならず、生きているだけで男よりお金がかかるものです。社会人になっても実家から仕送りをしてもらうのもよし、キャバクラでバイトをするのもよし。

しかし、男に奇異な目で見られる行動は、男の前では避けたほうが無難かもしれません。お金の使い方は、自分でも気がつかないクセとなって、ふとしたときに出てきて、それがもとで彼氏にキャバクラのバイトがバレることになる恐れもあるのです。お気をつけあそばせ。

この記事をシェアする

関連記事