• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏がダサい…少しでもセンスを良くして垢抜けさせる方法

Date:2017.08.18

彼の事は大好きだけど、ファッションセンスがダサい。ちょっと残念ですよね。

もう少しセンスが良ければいいのに。そんな事を思っても、指摘したら傷つけてしまう恐れがあるため、なかなか言い出せずに改善が難しい。そんな風に悩んでいる女性はいませんか?

そこで今回は、ダサい彼氏のセンスを良くする方法を紹介します。上手にアプローチすれば、彼を傷つける事なくセンスアップが叶います。

センスが良くなって垢抜ければ、今よりもっと好きになっちゃうかも。モテ始める可能性もあるので注意してくださいね!


ダサい彼氏は2タイプ!彼のタイプを知って対応を変えて。

ダサい彼氏には主に次の2タイプがあります。

  • 興味がない、無頓着
  • こだわりがある

興味がない・無頓着。「これ着て欲しい」「これも似合うよ」が有効!

このタイプは、ファッションに無頓着で、何を身に付けるかこだわりがありません。

したがって彼女が「して欲しい」恰好を要求すれば、比較的受け入れてくれる可能性が高いです。さらには、「今のもいいけど、こっちも似合うよ」というアプローチも効果的。

こだわりがある。「これも似合うよ」が有効!

このタイプは、自分のセンスにこだわりがあり、自分はセンスがあると思っている場合も多いので、人から指摘される事を極端に嫌がり「して欲しい」恰好が通用しない可能性もあります。

それよりも、「これも似合うよ」と伝えるアプローチが効果的と言えるでしょう。

気を付けたいのは、「こっちの方が似合う」ではなくて、「それも良いけどこっちも似合うよ」と伝える事。前者だと自分のセンスを否定された気分になって、プライドが傷付く可能性があります。

傷つけずに彼のセンスをアップさせる方法!

彼のプライドを傷つけずにセンスアップさせるコツは、「センスを良くさせる!」というあなたの意気込みが伝わらないようにさりげなく誘導する事。ここではそのために有効な方法について紹介していきます。

「して欲しい恰好を伝える方法」と「こっちも似合うと伝える方法」、二つのアプローチ方法をそれぞれ紹介している場合もあります。

基本的には、

  • 無頓着なタイプには「して欲しい恰好を伝える方法」と「こっちも似合うと伝える方法」の両方
  • こだわのあるタイプには「こっちも似合うと伝える方法」

が有効です。彼のタイプによって使い分けてみて下さい。

買い物は一緒に行って彼の服を一緒に見る機会を増やす!

デートで彼の服を一緒に見る機会を増やしましょう。最初から彼の服を身に行くという体ではなくて、自分の服を見たいから付き合って欲しいと伝えて。

「して欲しい」恰好を伝える方法
メンズのショップの前を通った時に、マネキンが着ている服を指して「あ、こういう恰好私好き!〇〇君が着てたら(素敵すぎて)鼻血出ちゃうかも!」

といった風に、「あんなの着てたらもっと好きになっちゃう」というニュアンスで自分の好きな恰好を伝えましょう。

「こっちも似合う」と伝える方法
同じようにマネキンを着ている服を指さして、「〇〇くん細くてすらっとしてるから、こういう恰好似合いそう!顔も大人っぽいから、こういう落ち着いた色着るとすごい似合いそうだね。」

彼の良い所を具体的に褒めて、「だからこれが似合いそう」という言い方をするのがポイント。自分の良い所を出してもらうと、それをもっと活かさないと損という気分になるはずです。

好きなファッションを伝える

それを彼が参考にするかどうかは別として、あなたの好みのファッションを伝える事はまずトライしてみましょう。

方法としては、前述したように買い物に出かけてマネキンや男性店員のファッションを参考にする以外に、一緒にテレビを見ている時に「あ、このタレントさんの今日の恰好好き!」と伝えるのも効果的。

たまたま見つけたから伝えるという感覚で、あくまでさりげなく伝えるのがポイントです。雑誌などを見て「見て、この恰好好き!」という風に、わざわざ見つけて伝える感が出てしまうと、彼のプライドが傷付く恐れがあるので注意。

アドバイスはし過ぎるとNG。する時は「女性目線」を強調して。

一緒に洋服を見ていたり、彼の着ている服に対して思う事がある時。彼が受け入れてくれるように上手にアドバイスするにはコツが要ります。

まず、あれこれとアドバイスし過ぎずに、ポイントを絞りましょう。あれもこれも言ってしまうと、「もういい、好きにさせて!」と聞く耳を持たなくなってしまう可能性があるからです。

例えば、シャツ・ズボン・靴…全身のコーディネートを総とっかえしたいと思える時でも、アドバイスする部分は1つに絞りましょう。

「して欲しい」恰好を伝えるアドバイスの仕方
「そのシャツいいね、かっこいい!そういうシャツの時に、細身のズボンを合わせる恰好すごく好きなの。女の人は結構みんなそうだよ。今度してみて!」

「こっちも似合うよ」を伝えるアドバイスの仕方
「そのシャツいいね、かっこいい!〇〇君だったらそのシャツの時は細身のズボンがすごく似合いそう!女の人はダボッとしたズボンよりすっきりした方が好きな人多いし。」

どちらの場合も、最初に必ず彼の選んだアイテムを褒める事がポイントです。褒めるものがなくて困る時も、一番マシと思えるものを選んで。褒められる事で、気分よくアドバイスも聞こうという気持ちになるものです。

そしてアドバイスも1つに絞る事で、「それくらいならしてみようかな」という気分にもなりやすいのです。

さらに「女の人は」という目線でアドバイスをすると、センスを指摘されたのは「男女の感覚の違い」のせいであると思わせる事ができます。これだと、自分のセンスを直接否定された気分にならないので相手を傷付ける事はありません。

基本的にアドバイスは肯定で行い否定は避けますが、この方法なら相手を傷つけずに否定もやんわりする事ができます。例:「女の人は(ウォレットチェーンなど)あんまりそういうアイテム好きじゃないかも」

変えやすいものからプレゼントする。

彼に着て欲しいものをプレゼントするものも有効です。

「して欲しい恰好」を伝える方法
「これ絶対似合うと思って買ってきちゃった!着て欲しいな。」恰好に無頓着な彼でも、似合うと言われたら嬉しいはずです。

「これも似合うよ」を伝える方法
例えばいつも黒ばかり選ぶ彼に、「黒も似合うけど、〇〇君は白とか水色の爽やかな色も絶対似合うよ。絶対格好いいだろうなと思って買ってきちゃった。着てみてくれる?」

といった風に、まずは彼のこだわりを褒めましょう。そしてポイントは、「爽やか」などのプラスの印象を盛り込む事。

水色が似合うとだけ言われるよりも、水色とかの爽やかな色が似合うと言われた方が、自分自身が爽やかと言われたようで嬉しくなると思いませんか?

気分があがって、それならばちょっと試してみようかなという気分にもなりやすいのです。

有名人に似てる!だからこういう感じの服、似合いそうというアプローチ。

「○○くんって、あの俳優に似てるね。こういう恰好、似合うんじゃない?」という風に、似ている人を引き合いに出して、して欲しい恰好を提案する手もあります。

容姿が優れている有名人に似ていると言われたら誰しも嬉しいはず。しかも直接自分のセンスを否定された気分にもなりません。

センスはサイズ感と言っても過言ではない?最悪ここだけでも改善しよう!

センスの有無は、アイテム選びから全体のバランス、小物使いなど色々な度色々なテクニックが必要です。センスアップを狙って、それぞれを改善させようするとかなり大変です。

しかしある一点を改善さえすれば、それなりにセンスが良く見えるポイントがあります。それはサイズ感。サイズ感さえしっかり出来ていれば、それなりに決まって見えるのです。

したがって、サイズ感だけは必ずアドバイスするようにしましょう。

アイテム選びは彼に任せて、その後試着の際にサイズ感をアドバイスする。アイテムは自分で選べた上に、サイズに関しては客観的に見てもらった方が分かりやすいというのもあって、これならどんな彼も快よく受け入れてくれるはずです。

ファストファッションを取り入れて、気軽にセンスを磨こう!

センスを磨くには、気軽に色々と試せるファストファッションを利用するのがおすすめです。

アドバイスをよく受け入れてくれる彼なら、デザイン性が豊富なH&Mなど、そうでないならシンプルなデザインが多いユニクロなどがおすすめ。シンプルなアイテムをサイズ感で勝負しましょう。

色々なデザインやサイズ感を試すうちに、彼も自分で「垢抜けて見えるスタイル」が分かってくるようになります。したがって、必ず試着してあなたがチェックする。この習慣を身に付けましょう。

彼のセンスは「褒めて」伸ばそう。褒められればモチベーションもアップ!

試着した後は必ず褒めて。

「やっぱりこの色似合うと思った!すごく新鮮!爽やかでかっこいいよ。」
「すごい、ズボン細身だとさらにスタイルよく見える!やっぱりこういうの似合うね。」

多少大げさなくらい思いっきり褒めましょう。ファッションに無頓着な彼も、こだわりの強い彼も、彼女から思いっきり褒められれば絶対に嬉しいはずです。

必ず「似合う」と言うキーワードを入れて。単に好みの恰好だから褒められているのではなくて、似合うから褒められていると実感できた方がモチベーションが上がります。

思いっきり褒めた後は、少しアドバイスを入れても構いません。

「トップスがすごく爽やかだから、ズボンもハーフ丈だとすごくいいかも」
「夏だし、ズボンの丈はもう少し短くしてくるぶし見せてもいいかも!」

このように、

  • 試着
  • 思いっきり褒める
  • アドバイス

を繰り返す事が、着実にセンスアップをはかるコツです。

ダサい事は悪じゃない!少しでも良くなれば、の感覚で臨んで。

彼氏がダサいと、

  • 友達に紹介できない
  • 一緒にいて恥ずかしい

など、周りの目が気になるというマイナス部分はあるかもしれません。しかし彼の事が大好きなら、それだけでダメだと思うのは残念です。

ダサいというと何かとても残念でダメという印象がありますが、ファッションに無頓着という事は、実はこのような事実の裏返しでもあります。

  • 外見に重きをおかず、中身を磨く努力をしている
  • 倹約家
  • 周りに流されない

そしてこれらは、あなたが彼の大好きな部分だったりしませんか?なので、無理やり彼のセンスをアップさせようと躍起になる事は、彼の良い部分を否定してしまう恐れもある事を忘れないでください。

したがって、「今よりちょっと垢抜けたらな。」と、これくらいの感覚で今回紹介した方法でアプローチする事をおすすめします。

それで彼が自らファッションに目覚めたり、あなた好みのセンスに変わってくれればラッキーでしょう。想像していた以上に垢抜けて、格段に恰好良くなる可能性もあります。一気にモテ始めて心配、なんて事には気を付けてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント