• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

彼氏とデートでトラブル!緊張による腹痛で困った時の対処法とは?

Date:2014.03.01

好きな人とデートすることは幸せなことですが、緊張するあまり腹痛になったことはありませんか?

「お腹が痛いからデートはキャンセルします」なんて理由を好きな人には言いたくないでしょうし、一度キャンセルしてしまうと腹痛が習慣になってデートへ行くことが難しくなるかもしれません。今回は、緊張による腹痛になった時の対処法を3つご紹介します。

1 トイレへ行けば「大丈夫」と自分に言い聞かせる

デート前やデート中に緊張しすぎて腹痛になった時には、どうしたらよいかと不安になるでしょうが、心配することはありません。

腹痛の原因が病気の場合は別ですが、緊張という気分のみの場合はご自身に「大丈夫」と言い聞かせることで落ち着くことがあります。やみくもに大丈夫だと思い込むのではなく、「いざとなったらトイレがあるから大丈夫」と言い聞かせるのです。

近頃ではスーパーや大型デパートだけではなく、コンビニでも気軽にトイレが使えるので用を足すことに困る心配はありません。

下痢止めや痛み止めなどの市販薬も簡単に購入出来ますし、もしもひどい腹痛に襲われた場合は、帰宅するという最終手段があります。

デートが楽しいものであれば、スタートして数分ほどで腹痛のことも忘れてしまうかもしれませんので、ご自身によく言い聞かせてまずはデートの待ち合わせへ行ってみてはいかがでしょうか。

2 深呼吸して緊張をほぐす

緊張しているとご自身でも気付かぬうちに呼吸が浅くなると言われています。これによって脈拍が速くなって、ますます緊張し腹痛や吐き気などを引き起こすことがあります。

そんな時にお勧めの対処法は、深呼吸です。出来るだけゆっくり、長く息を吸って長く吐くことを心がけましょう。腹式呼吸を意識してお腹を使った深呼吸を繰り返すことで、リラックス効果が期待できます

深呼吸は、緊張による腹痛だけではなく不眠時に行うと安眠効果も得られるので、デート前日の夜に眠れない時に布団の中で試して頂くと気付かぬうちに眠りへ落ちることができるでしょう。

3 緊張していることを素直に伝える

好きな人と二人きりで会えるデートは、嬉しいことと同時に緊張することでもあるのは自然なことです。「緊張していることを悟られないようにしなくちゃ」と緊張を隠そうとすることで、ますます緊張してしまうかもしれません。

そんな時には思い切って、デート前日の夜やデート時に緊張していることと、それによって気分が悪くなることを伝えてみましょう。好きな人に心配をかけたくないかもしれませんが、口に出して言うことで隠していることがなくなって不安が弱まることもあります。

「緊張しなくて大丈夫だよ」という優しい言葉を聞くことができれば、ご自身で言い聞かせるよりも落ち着けるかもしれません。また、好きな人とのデートに緊張しているのは、あなただけではなく好きな人も同じ思いをしているかもしれません。

恥ずかしいことと思わず、素直に「緊張しているんだけどあなたはどう?」と聞いてみましょう。二人でデートの緊張を乗り越えて、絆を深めるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

対処できない時は受診して

デートで緊張するということは、それだけ相手のことが好きということです。

好きな相手だからこそ、「何か失敗したらどうしよう」、「可愛く見せるためにはどうしたらいいのだろう」など色んなことを考え過ぎてしまうので、「ありのままの自分で会おう」と決めることでも気分が楽になるのではないでしょうか。

緊張は、駄目なことと捉えずに「なかなか味わうことが無い良い機会!」と発想の転換をすることも対処法になります。ですがデートの度に緊張感で腹痛や吐き気、めまいなどの体調不良になる場合は、精神面のケアが必要なケースもあります。

追いつめられて外出不可能!なんて事態に陥らないように、ご自身で対処しきれない場合は精神科や心療内科を訪れて胸の内を専門医に話してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事