• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

PMSと仲良くなろう!デート中にストレスを溜めない方法【恋愛編】

Date:2013.07.24

私は昔、1ヶ月に1回、定期的に恋人と別れたくなる、という現象でPMSに気付きました。毎月、この気持ちになるのはなぜかな~」と手帳で振り返ってみると、必ず生理前に喧嘩をしていることがわかったんです。

世の中には、PMSが原因で別れてしまったカップルが、実は数えきれないほどいると思います。

女性でもPMSをはっきりと自覚していない方は多いですし、性別の違う男性にはなかなか理解してもらいにくいものだからです。

そこで今回は、恋愛中の女性のみなさんに、PMS期のおすすめの恋人との過ごし方をご紹介します。

まずは、PMSを知ってもらう

「彼女、イライラしてるな。生理前かな?」漠然と彼は気づいているかもしれません。でも男性にとって「生理」は未知のもの、なんとなく触れてはいけない問題のように感じている方が多いように感じます。

生理前ではない時期に、PMSとはどんなもので、自分にはどんな症状があるのか、を簡単に説明しておくといいと思います。

もちろん、「生理前なんだからしょうがないでしょ!」と開き直って、なんでもPMSのせいにしてしまうのは考え物です。

性別の違う相手の体に関するひとつの知識として、PMSのことを教えてあげてみてください。彼も、「なんだか女性ってたいへんなんだな」くらいのふんわりとした理解であっても、わからないなりに協力してくれるはずです。

大事な話し合いは避ける

落ち込みや不安といった精神的な症状が出やすい方は、特にこの時期、2人の間にある問題が気になって仕方なくなるかもしれません。別れ話、結婚話、浮気疑惑の追及…どれもPMS期には避けましょう。

言いたいことがあってもぐっと飲み込んで。どうしても相談したければ、生理の終わる頃に、落ち着いた状態で伝えるようにしましょう。

ドライブ&遊園地デートは延期が無難

道に迷ったり、渋滞に巻き込まれたり…と、ドライブはそもそもケンカのタネが多く潜んでいるデートプランです。遊園地もまた、人ごみや待ち時間でストレスを感じることが多い場所です。

精神的にも体力的にも、PMS期にこのデートコースは避けておいた方が安心でしょう。

デートは一緒にストレス発散を

PMSの症状で体のどこかに痛みがあったり、疲れやすかったり、という方は、遠出は避けて、のんびりと過ごすデートがおすすめです。軽く公園を散歩したり、ゆっくり映画を観たり、という過ごし方がいいと思います。

イライラや落ち込みなどの精神的な症状が気になる方は、デートでストレス発散をしてしまうのがいいでしょう。2人でカラオケで思いっきり歌ったり、ボーリングやテニスなどの気軽なスポーツで体を動かしたり。

我慢や無理をしたって、自分のためにも彼のためにもなりません。PMSそのものを軽減する努力ももちろん大切ですが、気にしすぎず、発想を切り替えて、リラックスできる過ごし方を見つけてくださいね。

この記事をシェアする

関連記事